書籍・雑誌

機忍兵零牙

月村了衛(つきむらりょうえ)の『機忍兵零牙』(ハヤカワ文庫JA)を読了。

いやぁ、面白かったなぁ。僕はこういう話が好きだ。
超忍者バトルっていえばいいのかな。これは滾るよなぁ。

ここでいう超忍者バトルっていうのは、「人間業とは思えないほどの忍びたちの戦い」ではなく、人間の壁を越えてるお話。

「通常の人間ではない能力をもった忍びたちの戦い」だから。

「零牙」「星牙」「蛍牙」「弓牙」からなる4人の「光牙者」たちの活躍が、いやまぁもうかっこいいやらなんやらで。
城主の最後の依頼は、姫とその弟を守り抜くこと。光牙者は請けた使命は必ず守るのだ。

零牙の技は、ここにいながらどこにもいない。どこまでも悪を追うぜ。沈着冷静かと思いきや、熱い感情も見せる。
旧友との再開のくだりは、熱いよ。やっぱり、次元が違おうがなんだろうが妻への愛は変わらないんだねぇ。だけど、どうしてそうなってしまったんだぁ! 愛するが故の迷いというやつなのか。

蛍牙と蛍牙のやりとりには泣かされたよ。←これ、誤字じゃないよ。
切なすぎるぞ。でも、"あんなこと" になっても見事に蘇った「蛍牙」。いつかは、みんなで笑って "納まりたい" よね。何に? 詳しくは本書で。

星牙。いや。「星牙姉さん」と呼ばせてもらおう。姉さんの技の凄いことといったら。そりゃ、あれではだれも追いつけないわな。

弓牙。読んで字のごとく、なんて手あかがついた表現を使わずにはいられない技の使い手。確かにこいつが敵側にいたら、どこに隠れてもどうやって隠れても何の意味もない。恐ろしい技だ。光牙者でよかったよ。

そんな零牙たちに襲い掛かるのは支配者集団「無限王朝」が配下の「骸魔六機忍」。
これまた恐ろしくも最強の技をもった難敵。さしもの光牙者たちもその戦力を削られていく。

あぁ、4人の光牙者は、姫と若君を守り抜くことができるのか。

できなきゃ話にならないでしょ、って思った人。ちょっと違うんだよねぇ。知りたければ読むしかない。「続きはWebで」なんて無いからね。

ということで、ただ一つの理由のもとに闘い続ける光牙者たちのひたむきな姿が、僕にはとても心に響いた一作でした。
ぜひ続編を出してほしいぞ。

作者ご本人の公式ブログは、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

模倣の殺意

『模倣の殺意』(中町信:東京創元社)を読了。(ちなみに、Kindle版)

面白かった。僕は好きだ。驚天動地だとか、超絶トリックだとかうんぬんいう作品じゃないけど、僕は楽しめた。

書店で見つけたときはレジの直前まで持っていてはっと気が付いて棚へ返した。

本作が発表されたのは1973年だったとか。40年前だ。それくらい古ければ、紙の本よりも電子書籍のほうがかなり安くなっているに違いないと思い至ったから。

で、Kindle Paperwhite を持っているので Kindle 版で買ったのだけど。560円だった。紙の本の価格は777円だってさ。28%オフ。

正直、ちょっと残念な気分になった。発売後40年も経ってるんだからさ。もっと安くならないもんか?
「2004年に創元推理文庫から再発された版の電子化だから」ということなんだろうけどさぁ。

気持ち的には300円! 40年も前の作品なんだからさ。高くても500円に収めてほしかったかなぁ。だめ?

この作品とは関係ない話だけど、電子書籍って1,000円を超えていると、なんか高い気がするんだよなぁ。僕は。
どんなに高くても1,000円でおつりがくる価格にしてほしいよ。新刊でも。

理想をいうと、電子書籍の小説の新刊はどれでもワンコイン! 500円で買えると嬉しい。
カラー写真とか図版とがたくさん入っている本だとそうもいかないだろうけど。小説の新刊は500円までにしてほしいなぁ。

でもって、紙での発売から5年過ぎてからの電子化の場合は400円ぐらいかなぁ。10年過ぎてたら300円ぐらいで、20年以上なら100円とか。

そんな感じの価格になんないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイナミックフィギュア(上)・(下)

三島浩司(みしまこうじ)の『ダイナミックフィギュア』(早川書房)を読了。

いやぁ、おもしろかったなぁ。僕はこういう話は好きだ。

まぁ、正直いうと、文章力というか表現力というかが、プロ作家としてはちょっとどうなのかなぁと感じる部分もあるけれど、作品のおもしろさを大きく削るようなものではないと僕には思えます。

安並風歌(やすなみふうか)が、全権司令官としてマイクに向かって述べる口上の格好いいこと。彼女の出自がよく生かされている名台詞だ。

主人公 栂遊星(とがゆうせい)の最終決戦出撃シーン。肉薄戦闘兵器『ダイナミックフィギュア』のメンテナンスベース責任者 壱枝雅志(いちえだまさし)とのやり取り――「これから私のいうことにすべて『はい』で答えろ!」から始まるやり取りも名場面だ。「くーーー」っと泣きそうになったよ。

この場面と、先の安並の台詞への下りを目にするだけでも『ダイナミックフィギュア』を読む価値はあると思うぞ。

これ以外にも名場面、名台詞がたくさん出てくる。そういう楽しみ方もありだと思うのが『ダイナミックフィギュア』。
最後にもう1つ、格好いいと声にしてしまった台詞で締めよう。これまた安並の台詞だ。

いざ始めん! 我の手足となり、ダイナミックにフィギュアせよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無貌伝~夢境ホテルの午睡~

望月守宮(もちづき やもり)の『無貌伝~夢境ホテルの午睡~』(談社ノベルス)を読了。

人ではない生き物「ヒトデナシ」が闊歩する仮想の国、でも限りなく大正~昭和初期日本な雰囲気の国での出来事。
人の姿をもったヒトデナシ。人間の「顔」を奪うという「無貌(むぼう)」は、いったい何をもくろんでいるのか。
迎え撃つは、警察組織はもちろんのこと名探偵の誉れ高き「秋津承一郎」。

面白かった。

ホテルが見る夢に誘われる人々が出会う夢の出来事。水中で呼吸ができたり、呼べばホテルのボーイがどこにでもすぐ現れるなどなど、夢の中の出来事の描き方がいいなぁ。ほんとに夢を見ているよう。
表現に筆力が足りないという感想を残している人もおられますが、僕としては作者の表現力の高さがうかがえる作品と言っていいような気がしています。

はてさて、本作を読まれた他の方は、作者の表現力の量をどう捉えになられたものか――ちょっと興味があります。

前作では、無貌のせいで自信を失い人生も諦め、探偵としても人としても終わっていた秋津が、抱えている問題はなくなりはしないもののあらためて無貌を追うことを決め、人生の舞台に戻ってくるまでと、秋津とちょっとしたいざこざがあった古村望が秋津の助手になるまでが、事件の様子と織り交ぜて描かれていました。

前に書いたけど、前作は僕としては今ひとつな感じだったのですが――今作は面白かった。どうなるんだろう? どうやって話しが繋がっていくのだろう? と、引き込まれる。

なぜ前作が今ひとつな感じがしたかを振り返ってみると、僕の読み方が間違えていたような気がします。練り上げられたロジックとか、驚きのトリックとか、論理的な謎解きとかいったものを期待してたせい。
無貌伝はそれらを期待する作品ではないというのが今の僕の感想。これは、得体の知れない世界観に酔って読む、得たいの知れないダークファンタジーなんだと思います。
それと、たぶんだけど、「さぁ、どんなふうに楽しませてくれるつもりかな」とある意味で受け身になっていると楽しめない作品ではないかと。「この世界を楽しもう」と意識した人だけが、この作品を楽しめるような気が僕にはします。

それは良いことか悪いことかは僕にはわかりません。僕には、前作は今ひとつだったけど、今作は面白かったというだけです。

次回作の題名も記されています。『人形姫(ガラテア)の産声』がそれ。
また読むつもりです。


■わかる人にだけわかる話
「○○さんの足が無い」という発言はなかなかぞっときました。

最後の方の「無貌」の発言は、本作の巻数をも意味していると取っていいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドクター・メフィスト 若き魔道士

『ドクター・メフィスト 若き魔道士』(菊地秀行 著 祥伝社 ノン・ノベル)を読了。4年ぶりのシリーズ最新作。
前作は、同じノンノベルノで『夜怪公子』だったかな?

ファウスト魔術学校の先輩たちが登場。その彼らの設定が面白い。
人外の医療も魔戦も涼しい顔でやってのけるメフィスト。――その先輩方。さぞかし凄まじい力を持った面々だろうと思っていたら、世俗の生活にまみれて "なまくら" になっているという。
家政婦の派遣業(うまくいっていない)をどうにかこなしているお人もいたりする。「生活のため」らしい。同じ学舎から出て、大病院を運営している後輩メフィストとは、雲泥の差だ。

とはいえ、そこはメフィストの先輩だけあって、しっかりと人外の存在ではある。なんせ、彼らがドクトル・ファウストに学んでいたのは、千年以上前なんだとか。メフィストも含めて、あんたら今いくつなんだってレベルだ。

主人公の力が格下ってわけにはいかないので、先輩がなまっていたという設定にしたかな。
でも、もともとメフィストは、師匠であるドクトル・ファウストと並び称される伝説的な特待生という設定だから、単なる先輩では実力差は圧倒的・天文学的という前提はあるんだよなぁ。
なんてったって、ドクトル・ファウストの教えは、七万三千八百九十一教科という数らしいから。

そうか、ファウスト流の超絶技巧の使い手を何人も出しちゃったら話しがまとまりづらいからか。メフィストが目立たなくなるし。
それに、なまっているといっても高いレベルでの話しで、メフィストから見ればというだけ。なまっていても、 "あれだけの力" がある先輩たちとなれば、現役ばりばりのメフィストの凄さを、読み手に想像させるというもの。

さすがは、ストーリーテラーの菊地秀行。巧いよなぁ。にくいほどの設定だなぁ。

ちょっと想い出したけど、たしかメフィストって、実は"○○○の医師" なんだよな。(『魔界医師メフィスト 怪屋敷』 )
先輩っていうぐらいだから、少なくてもその点は、メフィストよりは確実に上なのか?

先輩たちのなかに1人女性がいたのにびっくり。ドクトル・ファウストに学んで、メフィストの周りにいた女性は、シビウしかいないと思い込んでたから。(『魔界医師メフィスト 魔女医シビウ』)
残念なことに、『魔女医シビウ』は未読。初出は92年で、文庫化もされてるのに……今では手に入りづらそう。読んでおけばかった。

正直、今回のラストは、僕としてはなんだかなぁな終わり方。もっとすっきりと決着を付けて欲しかったぞ。
それとも、 "落ちていったあの人" を今後ほんとに再登場させる気か。

ちょっとネタばれすると、 "黒い彼" がちらりと登場するのは、お約束。いい味を出していたと思う。
"私" も出てるよ。それから、 "黒い彼" の一族の過去もほんのわずかに少し。――そんなことしてたのねっという感じ。
『魔界都市ブルース』を読み親しんでいる人なら、にやっとできるサービス。
 
菊地秀行の新作はこの後も続くぞ。今週18日には、『吸血鬼ハンター D -魔性馬車』が出る。シリーズ21巻目だ。いろんなオンライン書店で予約受付中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無貌伝~双児の子ら~

望月守宮(もちづき やもり)の『無貌伝~双児の子ら~ 』(談社ノベルス)を読了。

第40回メフィスト賞の受賞作。

僕にはちょっと物足りなかった。全体に漂っている雰囲気は好きなんだけどな。

昭和初期を思わせる仮の世界(東京が "藤京" とかね)、「ヒトデナシ」と呼ばれる妖物がいて、普通の人間もいる世界。

題名にある『無貌』というのは、そのヒトデナシのうちの1つ。

人間の顔を盗むという『無貌』に、顔を盗まれてしまった探偵 秋津承一郎と、その助手となった古村少年が、出向いた旧家で殺人と思われる事件が起こっていく。

事件の犯人。その動機と真相。ヒトデナシ 無貌との関係。

そういったちりばめられた謎が解決していくラスト。ヒトデナシという人ではない存在をストーリーでうまく使っているとは思うのですが。なんだかなぁという終わり方でした。

すごく面白くなりそうなのに、急いでたたみすぎたといった印象が僕にはしました。

途中で、無貌とある人物が出会う描写が、僕に言わせるとちょっとずるい。まぁ、ぎりぎりセーフだとは思うけど。読んでいて、あれっ? って違和感を感じたし。読み手が違和感を感じるように作者は書いたと信じたい。

この作品。感想を検索して探すと、否定的な意見が少ないように思えました。
次回作はもう決まっているようです。

次のが出たら読むかな。読まないかなぁ……雰囲気は好きだし、今後の無貌の動きが気にはなるので、読むと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう少し頑張って。講談社。

零崎曲識 "少女趣味" は、ボルトキープで、ボトルキープじゃないよ。

今年の3月に、google でボトルキープと少女趣味を組み合わせて検索したら、1610件だった。
で、同じ組み合わせでさっき検索したら、7,520件。

5倍近くに増えてる。

でも、ボルトキープと少女趣味の組み合わせでは、570件だったものが、3,570件。
6倍ちょっとこちらも増えているので、まぁバランスは取れてきてるか。(何のバランスだ?)

無理もない話しだけど。
だってね。こないだ書いた記事でも指摘したけど、講談社BOOK倶楽部のトップページで、「キーワードで探す」を選んで検索してみると、今もボトルキープだと見つかるけど、ボルトキープでは出てこなかったし。

本のご紹介でも、

“少女趣味(ボトルキープ)”こと零崎曲識

ってはっきり書いてあるしで……

いくつかの書籍販売サイトでも、ボトルキープってなってるのは、そもそも講談社がそう書いてるからだと思うのだけど。

講談社BOOK倶楽部の表記はいつ直るんだろ。

ちなみに、google でボトルキープと少女趣味の組み合わせだと、今だとうちの記事が一番にきてた。手前味噌みたいですみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの日、走り去った若い2人。あのバスの行く手には……

映画『卒業』。
ダステイン・ホフマンの主演でヒットし、サイモン & ガーファンクルの曲も記憶に残る珠玉の作品のひとつ。

手に手を取り教会から逃げ去ったベンジャミンとエレーンは幸せに暮らしましたとさ……となるかどうか。

映画公開から40年を経て、続編が発売されるのだとか。
『「卒業」Part2』 というのが題名。著者は原作者のチャールズ・ウェッブという人。発売元は白夜書房。

映画は知らなくても、「結婚式の場から花嫁衣装を着たままの花嫁を奪い去る」というパターンは、テレビドラマや漫画などいろんなジャンルで目にしている人が多いはず。

『卒業』がオリジナルなんだよ。

2人の未来の苦難を暗示しているのだと評されることもあるラストシーン。
その後のベンジャミンとエレーンはどんな人生をおくったのか。知りたいような知りたくないようなです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

零崎曲識の人間人間

西尾維新の新作、『零崎曲識の人間人間』(談社ノベルス)を読了。

いやぁ面白かった。1日で一気に読んでしまった。
こういう雰囲気は、僕は好きです。

最終話「ラストコルラストの本懐」でじんときて、心の中で「曲識ぃ~~!」って叫んでしまったぞ。

あと一作、人識の話しで人間シリーズは終わりだとか。
そうなると、気になるのは「寸鉄殺人(ペリルポイント)」。一族で最も有名なその人の話はないのか?

レン、アス、トキで零崎三天王となってるし、とりあえずは出ないんだろうな。
(リルを含めて零崎四天王だと僕は思ってたんだけど。)

でも、西尾維新のことだから、どこかでひょっこり出てくるかもね。

■わかる人だけにわかる話し。
ボ "ト" ルキープではない。ボルトキープだよ。

さっきgoogleで、ボトルキープと少女趣味を組み合わせて検索したら、1,610件。
ボルトキープと少女趣味を組み合わせたら、572件。

でも、零崎曲識とボルトキープなら、704件。
零崎曲識とボトルキープなら、239件。

ちなみに、講談社BOOK倶楽部のWebページでも、“少女趣味(ボトルキープ)”って書いてあった。
というか、トップページで「キーワードで探す」を使ったら、ボルトキープでは「該当データがありません」って言われた。

ボトルキープで探したら該当した。
西尾維新作品の普及活動を、講談社さんはもっとがんばってした方がいいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

古泉迦十、戻ってきてね

復活して欲しい作家さん『古泉迦十』。
講談社の文学賞メフィスト賞第17回受賞者。受賞作が、今のところ唯一の作品である『火蛾』。

『火蛾』を読んだときには、その不思議な空間に引き込まれてしまった。

驚天動地、奇想天外な驚愕のトリックと謎とかいう作品ではないけど、物語を構築する力がすごいと僕には思えた作品。

ご本人。いったいどこで何をしておられるのか。
ぜひぜひ新作を発表して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)