パソコン・インターネット

MacBook Pro でちょっとだけ驚き

Touch Bar 搭載の MacBook Pro。

トラックパッドは、絆創膏をしている指を滑らせてもカーソルが動く。

でも、Touch Bar は、絆創膏をしていると感知してくれない。

絆創膏をしていない指を使わないといけないんですわ。

なんか、不思議。

| | コメント (0)

既存のパワーポイントのファイルサイズを軽くする。(「図の圧縮」は実行済み)

この記事は自分用の覚書です。

■MacBook Pro macOS Big Sur
バージョン 11.6

■Microsoft 365 Apps for businessサブスクリプション
(旧称 Office 365 Business)
PowerPoint for Mac バージョン 16.53 (21091200)

H.K さん。

すでに出来上がっているパワーポイントのファイルについて、ファイルサイズを軽くするやり方です。

こちらにも書いておきますね。
「図の圧縮」は済ませているのが前提です。

ファイルサイズの「重い・軽い」は個人の主観の部分もあるので、「これ以上は重くて、それ未満は軽い」とはっきり区切りづらいときもありますね。

私個人の目安は「Gmail に添付できないサイズは、"重い" と言ってよい」と感じます。
今のところ、Gmail に添付できるのは「25MB以下」です。

ですが、社内では「10MB 台にならないか」とよく相談を受けます。

そういうことで、10MB 台にできそうならそこを目指す。
ならないなら、25MB 以下に収まっていればよいのではないかなと思っています。

■ファイルを作っているときからファイルサイズを抑えておくのが基本

大事なところなので、まずは基本の確認です。

うちの社内で見かけるファイルでは、画像のせいで重くなっているファイルが多いです。
そもそもファイルを作っているときに、ファイルサイズを下げるためにやるべき流れがあります。

  1. 画像のファイルサイズを可能な限り落とす加工を行う。
  2. 加工が済んだ画像をスライド上に「挿入」する。

この流れを守ることで、パワーポイントのファイルサイズを抑えることができます。

あるスライドを画像として別のスライド上に配置する場合も、いったん元のスライドを画像としてエクスポートして加工を済ませます。それから別のスライドに「挿入」します。

軽くしたいならスライドであれ画像であれ、「ペーストする」ことは避けてください。
ファイルサイズを抑えるには、画像は「挿入」します。

画像をスライドに「コピー貼り付け」すると、パワーポイントのファイルが重くなっていきます。
作っている最中からファイルサイズを抑えることを意識して作ることが大事です。

とはいえ、他の人が作ったファイルをもらうとか、自分ではどうもできない場合ってありますよね。
重すぎて扱いづらいパワーポイントのファイルを使わないといけなくなったり、ファイルを作った人が忙し過ぎて画像の加工をする時間がなかったとか。

そういうときは仕方がないです。
なので、作り終えたファイルのファイルサイズを落とす下記のような作業が必要になったりします。

スライド上にある画像を軽く加工した画像に差し替えることで、既存のファイルのファイルサイズを落とします。

下記のやり方は非常手段です。

ファイルサイズを抑えることが大事なら、ファイルを作っているときから画像のコピー貼り付けは避けて、軽く加工した画像を挿入してください。

大事なことなので重ねてお伝えしておきます。
(当然ですが、画像以外の理由でファイルサイズが大きい場合は、以下のやり方は通用しません。)

■スライド上の画像の差し替え

1.元のファイルは置いておくので、コピーして別ファイルを作る。

2.別ファイルの拡張子を zip に変える。

3. 2. のファイルを解凍する。
macOS の標準機能では、この ZIP は解凍できない。
適当な解凍用アプリをインストールして解凍する。

4.解凍してできたフォルダを開いて次のパスをたどる。
解凍してできたフォルダ > ppt > media
フォルダ「media」のなかにあるのがスライド上で使っている画像。

5.フォルダ「media」の表示を「サイズ」の列で降順にする。
ファイルサイズの大きい順に画像が並ぶ。
下図はファイルを解凍した例。
141.7MB の画像があるのがわかる。
Zunoomoijun_20211011110801

6.画像をダブルクリックしてどんな画像か確認する。
拡張子が emf のファイルは、macOS の標準機能では閲覧できない。
パワーポイントやワードで新規作成の画面にして、そこに emf 形式の画像をドラッグ&ドロップすることで見られる。

7.オリジナルのファイルを開いて、同じ画像を探す。

8.画像を見つけたら、「影」や「枠線」、「回転」、「ぼかし」などの効果の値を控えてから 0 にするなどして効果を解除する。
あとで元に戻すので、各値は控えておく。
なお、「影」の「サイズ」は最低で 1 を指定しておかないといけないので、 0 は入力できない。

縦横の寸法や「位置」は控えなくてよい。

9.効果が付いていない状態にしたら、選択して「図として保存」を実行。
任意の場所に保存する。
ファイルの種類は、基本的に JPEG でよい。
元の画像に透過の効果がつけられているときは PNG にする。
Zutositehozon

10.保存した画像のファイルサイズを可能な限り下げる加工を行う。
画質にもよるが、大きくても 100KB 台が目安。
理想は 100KB 未満。
(できないときは仕方がないので、できるだけ軽いファイルサイズにする。)

保存したときにすでに 100KB 未満になっているならそのままでよい

11.スライド上の同じ画像を再度選択して「図を変更」を実行。
削除すると「位置」や「アニメーション」をもう一度指定しないといけなくなるので「図を変更」を使う。
「図を変更」で画像を変えると「位置」と「アニメーション」は引き継がれる。

同じ画像がファイル内に複数あるときは、すべて「図の変更」で差し替える。

Zunohenkou

12.ファイルサイズを調整した画像を選択。

13.効果を再設定する。
控えておいた値に基づいて効果を設定。

これで画像の差し替えが完了。

フォルダ「media」のなかの画像について、手順 6 からの作業を繰り返す。
対象にする目安は 100KB 台を超えているもの。

■その他

重い画像のファイルサイズを落として差し替えることで、結果的にパワーポイントのファイルサイズが落ちるので、「10MB まで落とそう」というようにファイルサイズを定めてできるものではない。

場合によっては、「これ以下には下がらない」ということもある。

画像を重ねて配置してあると、前景の画像で隠れていて目当ての画像がスライド上で見つからないときがある。
「選択ウィンドウ」を表示して各オブジェクトを非表示にして、目当ての画像を見つけるという地味な作業が必要になったりする。

GIF 形式の画像については「図の圧縮」でトリミング部分を削除できない。
つまり、重いGIF 形式の画像がスライド上にあると、「図の圧縮」を実行してもファイルサイズは抑えられない。
詳細は、この記事を参照。

リンク先には、単にGIF 形式の画像のトリミング部分を消す手順が載っているだけ。
PowerPoint for Mac のファイルサイズを軽くするのなら、次の手順になる。
( Excel, Word でも同じ。)

1.トリミング後の GIF 形式の画像を選択
2.画像をコピーして適当な場所に「図としてペースト」を実行
3.ペーストしたものを選択して「図として保存」を実行
4.保存した画像のファイルサイズを落とす加工を行う。
5.トリミング後の GIF 形式の画像を選択して、「図を変更」を実行

フォルダ「media」のなかにある GIF は、トリミングしていない状態。
スライド上にあるトリミング済みのものとは見かけが異なるので見つけるのは面倒だが、見比べながら地道に探すしかない。

※ビルの写真の出典
Photock.jp

| | コメント (0)

Word for Mac で自動校正の結果を無視する。

この記事は自分用の覚書です。

■MacBook Pro + macOS Big Sur バージョン11.4
■Microsoft 365 Business Standard サブスクリプション
Word for Mac バージョン16.51(21071101)

■自動校正の結果を非表示にする。
ファイル全体にわたって赤い波線と青い二重下線を一括で非表示にするやり方。

「ツール」メニューの「スペルチェックと文章校正」
・スペルミス(誤字脱字)赤の波線
「スペルチェックの結果を表示しない」を選択。

・「ら抜きなど」文章表現のミス 青の二重線
「文章校正の結果を表示しない」を選択。

01word_for_mac_kousei

■個々の語句について、自動校正を反映しないでそのままにしておく​。
「スペルミスであっても固有名詞なのでそのままでよい」など。

・そのままにしておく語の上にカーソルを持っていって、コンテキストメニュー(パッドを二本指でタップ)から「すべて無視」を選択。
「すべて無視」は、そのファイル内の "すべての校正結果を無視すること" を意味しているのではない。

02word_for_mac_kousei

■無視した校正結果を再び戻す。
いったんは「非表示」にしたり「そのままでよい」としたけれど、「やっぱり、自動校正の指摘の対象にしたい」といった際のやり方。

「ツール」メニューの「スペルチェックと文章校正」
・「無視した単語と文章構成をリセット」を選択​。

| | コメント (0)

PowerPoint でスライド番号が表示されないスライドがある件(選択ウィンドウで解決)

この記事は自分用の覚書です。

■macOS Big Sur バージョン11.2.3
■Microsoft 365 Business Standard サブスクリプション
PowerPoint for mac バージョン16.49(21050901)

K.K さん。

送ってもらった PowerPoint のファイルで、タイトルスライドとセクション見出しのスライドにスライド番号が表示されない件です。
こちらにも載せておきますね。

■課題

全てのスライドでスライド番号を表示するように設定してあるのに、タイトルとセクション見出しではスライド番号が表示されない。

スライドマスターの画面で見てみると、スライドマスター上では指定した位置にスライド番号プレースホルダーがある。
タイトルスライドとセクション見出しのスライドでは、同じ位置にそれが表示されていない。

ほかのスライドレイアウトでは表示されている。

何をしても、タイトルとセクション見出しのスレイドレイアウトにスライド番号プレースホルダーが現れない。

■結論

理由はそれぞれ違いました。

・タイトルスライド レイアウト
スライド番号プレースホルダーの横位置が、スライド幅より多く設定されていた。

スライドマスタのスライド番号の横位置を確認して、同じ値を設定しました。
「図の書式設定」ウィンドウで横位置と縦位置を指定できます。

Sentakuwindow1

Sentakuwindow2

・セクション見出し レイアウト
スライド番号の上に、背景と同色のオブジェクトが配置されていた。
そのオブジェクトを削除しました。

Sentakuwindow3

Sentakuwindow4

たぶん、最初にこのファイルを作った人、あるいは、途中でこのファイルを使った人が、「特定のスライドのスライド番号を表示しないようにするやり方」を知らなくて、何とかした苦肉の策の結果だろうと思います。

■選択ウィンドウはいろいろ便利

今回のようにプレースホルダーが表示されないときに、「そもそもプレースホルダーがあるのかどうか」を確認するだけが選択ウィンドウの使い方ではありません。

オブジェクトの表示・非表示を切り替える。

一番活躍するのは、スライド上で複数のオブジェクトを重ねていて、背後のオブジェクトに対して何かをしたいときでしょう。

選択ウィンドウを知らないと、前景にあるオブジェクトを動かして背後のオブジェクトを見えるようにして作業をした後で、動かしたオブジェクトを元の位置に戻すという操作をいちいちしないといけません。

オブジェクトが2つだけならまだましですが、重なっている数がたくさんあるととても面倒です。

選択ウィンドウを使えば動かさなくてもよいです。

選択ウィンドウでオブジェクト名の右端にある目玉マークをクリックすれば、そのオブジェクトの表示・非表示を切り替えられます。
この操作で非表示にしたオブジェクトは選択できなくなりますから、うっかり選んでしまって動かしてしまうなんてこともないです。

背景のオブジェトに対して安心して作業を行えます。

オブジェクトの前景・背景を入れ替える。

選択ウィンドウ内でオブジェクト名をドラッグすると背景と前景を入れ替えることができます。

選択ウィンドウ内で下にあるほど背景になります。
上にあるものほど前景にあります。

複数のオブジェクトをグループ化しても、オブジェクト同士の重なり関係は変わりません。

グループの中でオブジェクト名をドラッグして重なり順を変えることもできます。

コンテキストメニューを表示して前面へ移動させたり、背面へ移動させるのもよいですが、選択ウィンドウ内でドラッグするほうが簡単な場合もあります。

オブジェクトに名前を付けて区別する。

オブジェクト名をダブルクリックすると、任意のオブジェクト名を付けられます。

スライド上にオブジェクトがたくさんあって、どれがどれだけわかりにくいときは、オブジェクトに名前をつけると区別しやすくなります。

・選択ウィンドウの表示
オブジェクトを選択して「図の書式設定」タブの「選択ウィンドウ」。
あるいは、「ホーム」タブの「整列」から。

Sentakuwindow5

| | コメント (0)

Googleドライブでの仕様

この記事は自分用の覚書です。

■Googleドライブ上にある複数ファイルを選択してダウンロードした際に作られる ZIP ファイル
解凍すると、更新日時が元のファイルより過去になる。
約16時間前になる)

フォルダ単位で選択してダウンロードしても同じ。
(2021年4月 Googleサポートとのやり取りにて)

| | コメント (0)

Excel で複数のシートを同時に再表示する。( VBA 不使用)

この記事は自分用の覚書です。

■MacBook Pro macOS Big Sur バージョン11.12.3
■Microsoft 365 Business Standard サブスクリプション
Excel for Mac バージョン16.47.1(21032301)

H.M さん。

Excel で複数のシートを同時に再表示できるようになりました。
Shift キーと command キーを使って、どのシートでも自由に選択できます。

これでもう、VBA や「ユーザー設定のビュー」を利用することはないでしょうね。

どうやら、Microsoft 365 サブスクライバーに提供されている機能のようです。
リンク先に Excel for Microsoft 365 の記載があるので。

Excel の新機能を見つける(マイクロソフトのサポートのページ)

Hukusu_sheet_saihyouji

Windows版Excel でも同じことができました。

・Windows10 Pro バージョン20H2
・Excel バージョン 2102 (ビルド 13801.20360)

Windows版Excel の場合に使うキーは、Shift キーとControl キーですね。

| | コメント (0)

GIF は「図の圧縮」でトリミング部分を削除できない。

この記事は自分用の覚書です。

■macOS Big Sur バージョン11.2.3
■Microsoft 365 Business Standard サブスクリプション
PowerPoint for mac バージョン16.47(21031401)

H.K さん。

PowerPoint の「図の圧縮」 でトリミング部分を削除しても消えない画像がある件についてです。

結論

タイトルにあるように GIF 形式の画像については「図の圧縮」 でトリミング部分を削除できません。
(Excel・Word・PowerPoint 共通)

上書き保存しても、ファイル名を変えて保存し直しても元に戻せます。
「見られてはいけない部分を消す」という意味でトリミングをする場合は注意が必要です。

H.K さんが困っているその画像は、たぶん元は GIF 形式の画像だったのでしょう。

詳細

調べてみると、マイクロソフト社のサイトで次の情報を見つけました。

Office 2010 以降のバージョンで図の圧縮をしても GIF 画像のみトリミングした部分が削除されない

リンク先によると、「GIF 形式の画像については、[図の圧縮] と同時にトリミング部分を削除する方法はない」とのことです。
GIF という画像形式がそういうものだそうです。

おっしゃる通り、「トリミング部分を削除する」の実行自体はできるのがやっかいですね。
やっても、あとでファイルを開くとトリミング前に戻せますから。

GIF 形式の画像について、トリミングで消した部分を戻せないようにする手順はリンク先に載っています。

リンク先の記事は、"Office Support Team Blog JAPAN" のものですが、トップページを見ると、2019年3月で終了するとの記載があります。

いつ消えるかわからないので転載しておきます。
載っているのはWindows版PowerPointでの手順です。

1.PowerPoint に GIF 形式の画像を挿入し、トリミングします。
2.一旦図以外の箇所をクリックして、再度、GIF 形式の画像を選択します。
3.図をコピーし、任意の場所で右クリックから、[貼り付けのオプション] – [図] を選択します。
4.スライド上の図を削除して、手順 3 で貼り付けた図 (トリミング済みの図) の配置を調整します。
(出典:Office Support Team Blog JAPAN 2016/05/31)

PowerPoint for Mac では次のようです。​
( Excel, Word でも同じです。)

1.GIF 形式の画像を挿入して、トリミングを実行
2.いったん画像以外の場所をクリックして、トリミング状態での選択を解除
3.トリミング後の GIF 形式の画像を選択
4.画像をコピーして「図としてペースト」を実行
5.元画像の配置の情報(横位置・縦位置)を控えておいてから削除
6.手順 4 で貼り付けた図 (トリミング済みの図) に対して 5. で控えた配置を設定する。

ただ、これから使う画像については上記のやり方で対処できますが、難儀なのは既存ファイルですね。
ファイルのなかにある画像について、トリミング部分が残っているかどうかを一括で確認する機能はないので。

他者に渡すファイルについて慎重を期すなら、一つひとつ確認していくしかありません。
画像を選択して「トリミング」アイコンをクリックし、削除したはずの部分が影のように表示されたらトリミング部分が残っています。

面倒ですが、仕方がないですね。
お互い気をつけましょう。

| | コメント (0)

新しい方たちへ

PowerPoint for Mac でフォントのカスタマイズ( XML を使わないやり方)
■macOS Big Sur バージョン11.2.3
■Microsoft 365 Apps for businessサブスクリプション
PowerPoint for mac バージョン16.47(201031401)

・パワーポイントでファイルを作るときに、最低限理解しておくべき3つのこと。
■macOS Catalina バージョン10.15.7
■Microsoft 365 Apps for businessサブスクリプション
(旧称 Office 365 Business)
PowerPoint for Mac バージョン16.43(20110804)

・Word で「メイリオ」を使うときに行間が広がらないようにしておく。(行グリッド線に合わせる。)
■macOS Catalina バージョン10.15.5
■Microsoft 365 Apps for businessサブスクリプション
(旧称 Office 365 Business)
Word for Mac バージョン16.38(20061401)

| | コメント (0)

PowerPoint for Mac でフォントのカスタマイズ( XML を使わないやり方)

この記事は自分用の覚書です。

■macOS Big Sur バージョン11.2.1
■Microsoft 365 Business Standard サブスクリプション
PowerPoint for mac バージョン16.46(21021202)

K.K さん。

PowerPoint for Mac で、フォントをカスタマイズをするやり方がようやくわかりました。
XMLを使わないで、タイトル部分とコンテンツ部分ごとに英数字用と日本語用のフォントを指定することができます。

ご存知の通り、Windows版PowerPointのスライドマスターで「フォント」のところにある「フォントのカスタマイズ」が、Mac版PowerPointにはありません。

Font_customiseganai_slidemaster

「デザイン」タブからたどっても「フォントのカスタマイズ」は無いです。

Font_customiseganai

■PowerPoint for Mac にもフォントをカスタマイズする機能があります。

コマンドとして用意されていないというだけで、「カスタマイズの仕方」はありました。

英数字用と日本語用のフォントを指定できるので、タイトルプレースホルダーとコンテンツプレースホルダーごとにフォントの組み合わせを変えることができます。

気づいてみれば、簡単な話でとても嬉しかったです。

タイトルプレースホルダーとコンテンツプレースホルダーでフォントを指定するとき、「ホーム」タブのフォントの欄を使わないのがポイントです。

command + T で、「フォント」のダイアログボックスを呼び出して設定します。

Font_slidemaster_sentakushinai

■XML のコードを使ってはいけないということではない。

ネットで多くの方が公開してくれている XML ( OOXML というファイルフォーマットらしいです。) のコードを使ってはダメだという話ではないです。念のため。

あれはあれで、手っ取り早くて便利です。

ただし、誰でも使いやすいとは言えないようです。
「やりたいことにピッタリなのを見つけたんだけど、うまくいかない」と相談を受けたことがあります。

見つけたコードを UTF-8 で保存していなかったのが原因でした。

コードには、

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>

と書いてあるので、 UTF-8 で保存するのが当たり前ですが、そういう知識がないとそこに気づけないと思います。

PowerPoint for Mac で行うやり方のほうが、XML のコードを使うより手順が多くなります。
ですが、誰にでもやりやすいかと思います。

どちらがよいかということでもないです。
状況に応じて、適したやり方をすればよいと思います。

■PowerPoint for Mac でフォントを指定する。( XML を使わないやり方)

以下、タイトル部分とコンテンツ部分で英数字用と日本語用のフォントを独自に設定する手順です。

フォントを指定したら、テンプレートにしておけば、何度でも使えて配布もできます。

1.スライドマスターを選択。

選択するのは、スライドレイアウトではなくてスライドマスターです。
ここも大事な点です。

optin + command を押しながら数字 1 を2回押しで、スライドマスターをすぐに選択できます。
あるいは、shift キーを押しながら、ズームスライダーの左方にある「標準」ボタンをダブルクリック。

2.タイトルプレースホルダーを選択。

Tab キーを押して選択できます。
キーを押すごとに最背面のオブジェクトから最前面のオブジェクトを順に選択していきます。
(選択を戻るときは、shift + Tab)

あるいは「ホーム」タブの「整列」のなかにある「選択ウィンドウ」を使ってください。
オブジェクトが重なっていて背面のものが選択しづらいときに便利です。

もし、コンテンツプレースホルダーも同じフォントにするなら、両方を選択しておいてください。

「日付」「フッター」「スライド番号」も必要ならフォントを指定してください。

3. command + T のショートカットを実行。

「フォント」ダイアログボックスが表示されます。
メニューの「フォーマット」から「フォント」を選ぶのと同じです。

4.「英数字用フォント」の欄と「日本語用フォント」の欄でそれぞれのフォントを選択して、OKをクリック。

下図では、英数字用のフォントに "Helvetica" を、日本語用のフォントに「游ゴシック」を選んでいます。

日本語用フォントというのは「全角文字用」ということです。
英数字であっても全角で入力したら、日本語用に指定したフォントで表示されます。

Title_eisuji_nihongo_20201203143401

5.コンテンツプレースホルダーを選択。

こちらも Tab キーか選択ウィンドウで選択できます。

6. 4.と同じように「英数字用フォント」と「日本語用フォント」を選択して、OKをクリック。

これで、タイトルプレースホルダーとコンテンツプレースホルダーで、英数字と日本語のフォント指定ができています。

スライド表示でプレースホルダーに文字を入力してみてください。
指定した通りのフォントになります。

別のフォントに変えるときは、1. から 6. の手順を繰り返してください。

スライドマスターを複数作れば、さらに異なるフォントの組み合わせを、1つのファイルのなかに用意しておくこともできます。

Font_kumiawase_3patern

なお、上記の手順で指定した場合は、どんなフォントを指定したかを一覧で確認できる機能はないようです。
スライドレイアウトのプレースホルダーの中に、フォント名を書いておけばよいと思います。

Yokutukau_fontmei_kinyuu

次に手元でやってみて、スライドレイアウトに関して気づいた点にふれておきます。

■テーマによってはスライドマスターに連動しないプレースホルダーがある。

すくなくとも「シャボン」というテーマにはあります。
(全てのテーマを確認してはいません。)

スライドマスターでフォントを指定したら、各スライドレイアウトを確認したほうが無難だと感じました。

スライドマスターで指定したフォントにスライドレイアウト側を連動させるなら、プレースホルダーの編集が必要です。

フォントが連動しなくてよいなら、プレースホルダーの編集は不要です。
スライドマスターに合わせてフォントだけを手動で変えてください。
(例では、テーマ「シャボン」を使っています。)

1.各スライドレイアウト上のプレースホルダーを選択して、フォントがスライドマスターに連動しているかを確認。

テーマ「シャボン」では、タイトルスライドレイアウトのタイトル部分は、「MSゴシック」のままでした。

2.スライドマスターで設定したフォントになっていないスライドレイアウトで、タイトルプレースホルダーの「高さ」「幅」、「横位置」「縦位置」、「ポイント数」を控えておく。(必要に応じて「色」も)

次の手順でいったんプレースホルダーを消して、すぐに再表示させます。
再表示すると、消す前のプレースホルダーとは大きさや位置が変わるので、元に戻すためには設定値を残しておくことが必要です。

ポイント数については、元に戻すことは必須ではないので必要に応じて設定してください。

3.「スライドマスター」タブの「タイトル」のチェックを外して、もう一度入れる。

4.スライドマスターと位置や大きさ、フォントが連動したタイトルプレースホルダーが表示されるので、控えてあった大きや位置、ポイント数などを設定する。

5.他のスライドレイアウトも確認して、同様に設定し直す。

テーマ「シャボン」で、スライドマスターのフォントと連動しないプレースホルダーがあるスライドレイアウトは、次の2つです。
(タイトルプレースホルダーのフォントがスライドマスターと連動しません。)

  • 「タイトル付きのコンテンツ」レイアウト
  • 「タイトル付きの図」レイアウト

これでフォントのカスタマイズは完了です。

■「テーマ」として保存する。

フォントの指定が終わったスライドを「テーマ」として保存することができます。

テーマとして保存すると、色やグラデーションといった効果も含めてファイルとして他者に配布することができます。

テーマとテンプレートの違いはリンク先を見てください。
マイクロソフトのサポートページが開きます。

PowerPoint テンプレートとテーマの違い

テーマの保存の仕方もマイクロソフトのサポートページに載っています。

PowerPoint で独自のテーマを作成する

保存するときのファイル名がテーマ名になります。
ファイル名は半角英数にしたほうがよいようです。
全角だと「デザイン」タブの表示で文字化けしました。

作成したテーマを他の人に使ってもらうには、拡張子 .thmx のファイルを渡して「テーマ」フォルダに保存してもらってください。

「テーマ」フォルダは以下のようにたどれます。

・Finder を起動して、メニューの「移動」をクリック/optionキーを押して表示される「ライブラリ」/Group Containers/**********.Office/ユーザーコンテンツ/テーマ/

********** の部分は環境によって変わるかもしれません。
私の手元ではアルファベットと数字の組み合わせで10桁の文字列です。

| | コメント (0)

Excel で 0 は表示するが単位は表示しない。

この記事は自分用の覚書です。

■MacBook Pro macOS Big Sur バージョン11.12.1
■Microsoft 365 Business Standard サブスクリプション
Excel for Mac バージョン16.46(21021202)

K.M さん。

セルの値について、数字の 0 は表示するだけで、単位は付けない例を以下にまとめておきます。

課題

人数が入ったセルに単位として「名」を付ける。
ただし、0 の場合は単位は付けないで 0 だけを表示する。

0ni_tani_hyoujisinai1

を、次のようにする。

0ni_tani_hyoujisinai2

やり方

『ユーザー定義の表示形式』を使う。
(いわゆる、「ユーザー定義書式」です。)

今回の場合にユーザー定義として指定する書き方。

G/標準"名";;0;

半角の ; (セミコロン)で区切ることで、最大4つの表示形式を指定できる。

0ni_tani_hyoujisinai3

User_teigi_syosiki1

慣れないとわかりづらいですが、落ち着いて見ていけばわかると思います。

G/標準"名";;0; を、

正の値の指定;

負の値の指定;

0の場合;

文字列の場合

で分けて見ると次のようです。

User_teigi_syosiki2

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧