« Excel用2023年(令和5年)の祝日 | トップページ | 予算ぐらい取れ! »

IFS関数で……。

エクセルの「IFS関数」は、最大で 127 個の条件分岐を作ることができる。

「127あれば十分だな。生涯で考えても、そんなに条件を書くことなんてないんじゃないか」と思っていたら、「あった」。

その数、126個。

ほぼぎり。

いやあ、まさか生きてる内に経験するとは思わなかったぞ。126個の条件分岐なんてさ。

ほかにやりようがなかったのか? あるのかもしれない。

でも、自分には思い付けなかったんだよ。

126個もあると、Enter を押したときに「数式が間違っている」とか言われると「どこがよ! そこを教えてよ!」ってなる。

条件の数が多いときは、数式内で改行しておくのがお勧め。
どういう条件で何をしているのかが読み取りやすくなるから。

こんな感じ。

Photo_20220622112601

|

« Excel用2023年(令和5年)の祝日 | トップページ | 予算ぐらい取れ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Excel用2023年(令和5年)の祝日 | トップページ | 予算ぐらい取れ! »