« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

新しい方たちへ

PowerPoint for Mac でフォントのカスタマイズ( XML を使わないやり方)
■macOS Big Sur バージョン11.2.3
■Microsoft 365 Apps for businessサブスクリプション
PowerPoint for mac バージョン16.47(201031401)

・パワーポイントでファイルを作るときに、最低限理解しておくべき3つのこと。
■macOS Catalina バージョン10.15.7
■Microsoft 365 Apps for businessサブスクリプション
(旧称 Office 365 Business)
PowerPoint for Mac バージョン16.43(20110804)

・Word で「メイリオ」を使うときに行間が広がらないようにしておく。(行グリッド線に合わせる。)
■macOS Catalina バージョン10.15.5
■Microsoft 365 Apps for businessサブスクリプション
(旧称 Office 365 Business)
Word for Mac バージョン16.38(20061401)

| | コメント (0)

2022年の初ツバメ

この前の土曜日(4月9日)、今年の初ツバメを見た。
昨年、ツバメを見たのは4月3日だった。

こちらが気づていなかっただけで、この辺りには少し前から来ていたのだろう。

2020年にはコロナ禍を受けて彼らに「吉のもたらし」を願ったが、昨年は「今年は何も願うつもりはない。」と書いた。
そして、「人もするべきことをし、この日常を互いに無事に過ごしていけたらよいと思う。」と述べた。

でも、今年はあらためて「吉のもたらし」を望みたい。
そして、「日常を無事に過ごせる」ことも。

今年は、ロシアによるウクライナ侵攻が起こった。

「ツバメ」とロシアを何かひっかけて書けることはないかと探してみた。

ロシア語ではツバメの事を「ラースタチカ」と言うそうな。
ロシアでも春の訪れを告げる鳥として親しまれているのだとか。

「ラースタチカ」が愛しい女性の別名として使われることもあるほどに。

そして、こういうことわざもあるという。

Одна ласточка весны не делает.
アドゥナー・ラースタチカ・ヴィスヌィー・ニ・デェーラエト

一羽のツバメは春を創らず。

「わずかな兆候だけで結論を急ぐな」という意味なのだそう。

ツバメ一羽を見たからといって「もう春だ」と喜ぶのは早い。
ツバメの姿は春の兆しであって、ロシアに本格的な春がやってくるのは、まだまだ先の事だという意味があるのだとか。

ロシア軍のキーウ周辺からの撤退。
喜ばしいことではあるだろうが、それをもって停戦合意や侵攻終了を期待するのは早計というものだろう。

「ラースタチカ」のロシアへの訪れと共に、命息吹く暖かい春の喜びと幸せを、プーチン大統領にも思い出してほしい。

ロシア語に関する出典:「りろっしー 東京大学一年理系ロシア語クラス

| | コメント (0)

Excel for Mac の「条件付き書式」の入力欄で、セルを「編集」モードに変える F2 キーを使う。

この記事は自分用の覚書です。

■MacBook Pro macOS Big Sur
バージョン 11.6

■Microsoft 365 Apps for businessサブスクリプション
(旧称 Office 365 Business)
Excel for Mac バージョン 16.59 (22031300)

H.K さん。

Excel for Mac の「条件付き書式」の入力欄で F2 キーを使ってセルのモードを変えるやり方です。
ここにも書いておきますね。

■課題

「条件付き書式」で「スタイル」を「クラッシック」に、「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択して、入力欄に数式を入力するとき、F2キーで「編集」モードに変更できない。
(カーソルキーを動かすと、不要なセル参照が入ってしまう。)

入力欄に手入力(コピー貼り付けを含む)で数式を入力すると、F2キーで「編集」モードに変更できない。

■最初に入力欄に数式を入れるとき

入力欄にカーソルを置いて矢印キーを一度動かすか、どこかのセルをクリックするかして、いったんセル参照を入力欄に入れたあとなら、F2キーで「参照」と「編集」のモードを切り替えられる。

■既存の数式を編集するとき

「条件付き書式」-「ルールの管理」-「ルールの編集」を選んだ直後(入力欄内の数式が選択されている状態)でカーソルを動かすと入っていた数式が消えてしまう。

Syosiki_rule_hensyu

数式が選択されている状態で command + C でコピーを実行する。
そのあとで入力欄内にカーソルを置くと、カーソルキーを動かしても数式は消えない。

この場合も、カーソルキーを動かすかしてどこかのセル参照が入ったあとなら、F2キーで「参照」と「編集」のモードを切り替えられる。

「いったんなにかしらのセル参照を入れる」ことが、F2キーでモードを変えるためのミソですね。

ミソといっていいのでしょか。
「無用なセル参照を一度入力する」という無駄なことをしてますからね。

まあ、今のところ Excel for Mac ではそうなってると思って使うしかないですね

改善要望を送っておきました。

| | コメント (0)

Excel の「条件好き書式」

「条件付き書式」って書きたかったのよ。

| | コメント (0)

明日のために今日すること。

日々鍛錬し、いつ来るともわからぬ機会に備えよ。
(NHK 連続テレビ小説『カムカムエブリバディ』より。伴虚無蔵のセリフ)

| | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »