« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

多いのか、少ないのか。

『現金以外お断りのお店は、少なくない。』

某所で見かけた一文。一瞬、何を言っているのかわからなかった。

現金以外お断りのお店はたくさんある。——ということなのね。

「お断り」という否定を表す表現と、「少なくない」という表現が入っているので、理解しづらいのかな。
戸惑うのは僕だけか。

誰にでもわかりやすい文章を書くって難しいなあと感じた出来事。

| | コメント (0)

Excel for macでセルの値を削除できなくして、オートフィルタは使えるようにしておく。

この記事は自分用の覚書です。

■MacBook Pro macOS Catalina
バージョン 10.15.1

■Office365 Business サブスクリプション
Excel for Mac バージョン 16.31 (19111002)

K.Y さん。

Excel for macでセルに入っている大事な値を消せなくして、オートフィルタは使えるようにしておく手順です。

■課題
オートフィルタで値を絞り込んで平均を求めるなどの作業をする。その途中でセルの値を消せないようにしておく。

■課題の実現のためにすることについて
一言でいえば、「シートの保護」です。
「シートの保護」で次の2つを行います。

・「ロックされたセルの選択」を禁止。
・「フィルター」の実行を許可。

「"ロックされたセルの選択を禁止" ってなんだ? セルがロックされていたら、もう何もすることはないだろう。」と感じるかもしれませんが、そこは慣れてください。
文字でうまく説明できません。ごめんなさい。

「シートの保護」という表現に、「シートが変更されないように守る」という印象をもつかもしれませんが、少し違います。
「"シート上で、できることとできないこと" を選択する」のが「シートの保護」機能だと思ってください。

課題を実現するために、「シートの保護」を実行する前に「コピーしたり、フィルタをかけたりできるようにしておくセルを決める」操作をします。

コピーしたり、フィルタをかけたりできるようにしておくセルを決める。

1.「シートの保護」の実行後に選択できるようにしておきたいセルを選択する。
コピーしたいセル、フィルタをかけるために使う列の1行目のセルなど。

2.「セルの書式設定」で「保護」タブをクリック

3.「ロック」のチェックを外してOKをクリック
これで、コピーしたり、フィルタをかけたりできるようにしておくセルを決めたことになります。

Cell_syosiki_hogo

「保護」タブの「ロック」にチェックが入っているのは、セルの標準の状態です。

「ロックにチェックが入っているのに、いままで入力したり削除できていたのか?」と感じるかもしれませんが、今はそのあたりも深く考えないで「そういうものだ」と思ってください。うまく説明できないです。ほんと、ごめんなさい。
どうしても気になるようでしたら、今度会ったときに聞いてください。口頭でなら説明できそうな気がします。

大事な値が入ったセルを削除できなくして、オートフィルタは使えるようにする。

1.表にオートフィルタを表示させておく。

2.メニューの「ツール」の「保護」から「シートの保護」を選択。

3.「ロックされたセルの選択」のチェックを外す。
「保護」タブでロックにチェックが入っているのは、セルの標準の状態です。
なので、ここのチェクを外すのは、それらのセルを選択できなくするということです。

そもそも選択できなければ、削除できないということですね。

4.「ロックされていないセルの選択」と「フィルタ」にチェックが入った状態にする。
先に、ロックのチェックを外したセルを選択できるようにするためと、オートフィルターを使えるようにするためです。

5.「OK」をクリック。
これで、そのシートでコピーしたり、フィルタをかけたりしたいセルは選択できるようになっています。
それら以外の大事な値が入ったセルは選択できなくなったので、削除できなくなっています。

Sheet_no_hogo

なお、「シートの保護」が実行してあるシートには、シート名の横に錠前のマークが表示されます。

Sheet_no_hogo2

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »