« それは「なんか違う」という気もするが……。 | トップページ

ユーミンの『ノーサイド』って……。

最初に正直に告白しておくと、僕はスポーツはやるのも、見るのもからきしだめ。見てもルールがわからないし。
やりたいけど苦手というのではない。そもそもスポーツに興味がないのだ。

プロレスやキックボクシング、総合格闘技は見るのは大好きだ。
(なぜか、ボクシングはあまり興味がないけど。)

でも、「プロレスや格闘技はスポーツじゃない」という人たちが世間にはいるから、ここでは一応「スポーツに興味がない」と言っておこう。

どのぐらい興味がないのかというと、野球のポジション全部を言えるようになったのは成人してからだった。

その他スポーツについての僕の知識は、あなたの想像通りだろう。

そんなこんなの僕ちゃんだからというか……これからふれることが恥ずかしいので、あまり大きなお怒りをよそ様からもらわないように、ちょっと可愛子ぶっておこうと思う……逆効果かもしれんが。

ユーミンの『ノーサイド』の歌詞って「ラグビー」の風景なんだってね。

「サッカー」の試合が終わったのだとずっと思っていたぞ。

『ラグビーワールドカップ2019』が、ここ日本で今まさに開催中だからだと思うけど、ラグビーに関する情報が何かと耳や目に入ってくる今日このごろでございます。お元気ですか?……閑話休題。

いや。だから、「芝生の匂い」だとか「キック」だとか「ゴール」とか言ってるんだもんの。

それらが全部そろっていて僕が知っているスポーツは「サッカー」だったのよ。

悪いか! いけないか! そうだよ。知らなかったよ! ずっと、ずっと知らなかったよ! 知ったのは最近だよ!

悪かったよ。ごめんなさいね!

貴君に優しさというものがわずかでもあるなら、そっとしておいてやっていただきたい。

「じゃ、"ノーサイド" という言葉はなんだと思ってたんだ?」って?

「サッカーの試合が終わること」だと思ってたよ!

だって、「なんとかサイド」という用語がサッカーにもあるじゃないか。
(貴君が今思っていることを、たぶん僕は当てることができる。「こいつは「オフサイド」のことを言いたのか……。」だろ?)

僕だってそれぐらいは知っているよ。
いつまでも、夢見る少年じゃいられないということさ……。

だからもう勘弁してやってよ……。お願いですだ。お代官様。

|

« それは「なんか違う」という気もするが……。 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それは「なんか違う」という気もするが……。 | トップページ