« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

Googleスプレッドシート上で文字列を翻訳する関数

この記事は自分用の覚書です。

T.M さん。

Googleスプレッドシートのセルに入っている文字列を、Google Apps Script を使って翻訳するカスタム関数です。

function から この記事の一番下にある } までコピーして、Googleスプレッドシートのスクリプトエディタに貼り付けてください。

詳細はコメントに書いてあります。

------------------------------------------------

function translation(originalText, translateFrom, translateInto) {

  if ( originalText.length > 0 ) {
    return LanguageApp.translate(originalText, translateFrom, translateInto);
  } else {
    return '';
  }
 
 
/*ここからコメント
このコードを使うことで、
=translation(A2,"en","ja")
といったカスタム関数で、Googleスプレッドシートのセルに入っている文字列を指定した言語に翻訳できる。
(上記の数式は、「セル A2 に入っている "英文" を "和文" に訳する」数式)

裏でGoogle翻訳のサービスを呼び出して翻訳する。
GOOGLETRANSLATE関数を使うよりも、翻訳の精度が高い。


■コード内で使っている変数について
originalText, translateFrom, translateInto の3つは変数。
translateメソッドの引数としては、
var originalText
などといった変数の宣言は不要。

・originalText
カスタム関数の引数のうち、セル参照を受け取るための変数。
・translateFrom
翻訳したい原文が何語なのかの明示を受け取るための変数。
・translateInto
原文を何語に翻訳するかの指定を受け取るための変数。


■このコードを使う準備。
1.このコードをコピーする。
一行目の function から一番下の行の } まで。

2.翻訳したい文字列が入っているGoggleスプレッドシートを開く。

3.メニューの「ツール」から「スクリプトエディタ」を選択。

4.スクリプトエディタが別タブで開く。
あらかじめ書かれているコードは削除する。

5.このコードを貼り付ける。

6.「無題のプロジェクト」と書かれてある左上の欄に、任意の名前をつける。
全角日本語や半角の英数、アンダーバーが使える。

7.コードを保存する。
スクリプトは、保存操作をしないと保存されない。

8.いったんスクリプトエディタのタブを閉じる。
これで準備完了。

このカスタム関数が使えるのは、そのGoogleスプレッドシートでだけ。
別のスプレッドシートで使うには、同じように準備することが必要。


■カスタム関数の使い方
例:GoggleスプレッドシートのセルA2に入っている英文を和訳して、セルB2に和文を表示する。
セルB2に次の式を入力する。

=translation(A2,"en","ja")

英数半角の入力モードにして、 = に続いてカスタム関数名を記述する。ここでは、 translation 。

次に、 ( ) で囲んだ引数を記述する。引数は , (カンマ)で区切る。
1つ目の引数は英文が入っているセルをセル参照の形式で指定。ここでは、 A2 。
2つ目の引数で、セルに入っている文字列の言語を指定。 "en" は「英語」ということ。 en は文字列なので " " で必ず囲む。
3つ目の引数で、翻訳結果を何語で表示するかを指定。 "ja" は「日本語」ということ。 こちらも " " で囲む。

translateメソッドの構文は、
translate(text, sourceLanguage, targetLanguage)
になる。
sourceLanguage(ソース言語)とtargetLanguage(ターゲット言語)は、iso-639-1 コードを使用して指定する。

・language codeについて
https://cloud.google.com/translate/docs/translating-text#language-params

List of ISO 639-1 codes
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_ISO_639-1_codes

・if...else文について
条件として、
originalText.length > 0
を判定している。意味は、「変数 originalText が 0 ではない。」ということ。
=translation(A2,"en","ja") の数式によって、
変数 originalText は、セル A2 に入っている値を受け取る。
A2 に文字列が入っていれば、「セル A2 は 0 ではない」ということになる。
翻訳したい文字列がセルに入っている場合にのみ、翻訳結果が表示されるようにするため。

セルに文字列が入っている場合は、条件が成立するので、 LanguageAppクラスのtranslateメソッドが実行されて、その結果をreturn文が返してくる。
(数式を入れたセルに訳文が表示される。)

セルが空の場合は、 条件が成立しないので、translateメソッドが実行されず、else以下のreturn文が実行されて空欄が返される。
(数式を入れたセルには何も表示されない。)

もし、和文を英訳したい場合は、
和文が入ったセルを、1つ目の引数で指定して、上記の2つ目と3つ目の引数を入れ替える。
セルA2に和文が入っていて、英訳したい場合の数式は、

=translation(A2,"ja","en")

になる。

ここまでコメント*/
}

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『KISS ナイト・イン・ラスベガス』を堪能

NHK BSプレミアム で2月9日にやっていた『KISS ナイト・イン・ラスベガス』。

録画してあったのを連休中に堪能。

いやはや、やっぱり KISS はかっこいいわ。
一言で言ってしまえば、やってることは変わらないんだけど、もうなんと言うか——極めてるというか、達しているというか、突き抜けちゃってるというかで、エンタテイメントとして完成しているからあれでいいのだ。

歌舞伎などの伝統芸能やクラシックの演奏みたいなものか。
やってることは基本的には変わらないんだけど、同じ演目でも演者やその都度によって、やはり変化はあるわけで。単にいつも、いつも同じことをやってるというわけではない、というか……。

彼らに全然興味がない妻も「全然興味がないけど、やってたら見ちゃうね。どきどきしちゃった」と言っていた。

それが彼らの凄さといえるかな。

興味がないと言ってる人にも「見せちゃう」んだよな。エンタテイメントとしてある意味完成しているからだと、僕は思う。

ちょうど——というか、たぶん NHK がねらったんだろうけど——彼らの最後の世界ツアー "End Of The Road global tour" が始まっている。

三年かけて世界を回るらしい。バンドとしてはこれで "引退" なんだとか。
日本には——予定はまだ公表されてないみたいだけど、必ず来てくれるよね。きっと。

バンドとしては "引退" でも、いちミュージシャンとしては彼らにこれからも活動していってほしいけど、それも彼らの気持ちしだい。
彼らがどういう選択をしても、それを支持しようと僕は思う。

今は、彼らの来日を気長に待とう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jupiter のボーカルが……

元 Concerto Moon の久世さんが加入してたよ。いやあ、知らなかったよ。すごいぞ。すごすぎるぞ。

 

このバンド、前身 Versailles(ヴェルサイユ)のころにかっこいいなって思ったのだ。でも、ボーカルがとにかく弱いなあと思った。
そういえば、以前に聞いたときにはドラムの音もちょっと軽くて僕の好みではなかったけど、YouTube でライブを見つけて聴いてみたら、僕好みの音だった。メンバーが変わったらしい。

 

ギターはあいかわらず弾きまくってるしで、好きだ。ベースもそんなギターに負けず劣らずでブンブンいわせて音数も多くてしっかり刻んでるしで——。

 

やっぱり、ロックバンドはライブでしっかりとした演奏を聴かせられなきゃ嘘だよな。

 

でだ! 今度のボーカルは久世さんだよ。
Concerto Moon のアルバムは何枚か持ってるけど、とにかくすばらしく、恐ろしく、どこまでも力強く、限りない、超ウルトラハードアルティメットプレミアムマーベラスクールで神がかりマッシブなボーカリストだ。

 

誰とは言わないけれど、昨今よく見かける「おめら、ロックのボーカルってもんをなめてるだろ」と言いたくなるような大した声量もなく、声域も狭くて音程も甘い凡百のボーカル担当に、鼓膜に押し付けて聞かせてやりたいぞ。

 

そうだ。おまえたちがやっているのは、ボーカリストじゃない。単なる "ボーカル担当" だ。

 

これからは心を入れ替えて、否、耳を入れ替えて、Jupiter のボーカルを崇めて聴くがいい。そしてひれ伏せ。慄け。

 

ニューアルバム『Zeus ~Legends Never Die~ 』は、2019年4月3日発売だぞ。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成人限定誤字の指摘(良い子は見ちゃダメ)

仕事中にとある書類で見かけた誤字——。

いや。それは間違ってはいかんだろう。お仕事書類だし。

成人限定なので良い子は見ないように。

見ても意味がわからない人は、誰にも説明を求めないように! 絶対にだよ。
これは、あなたのために言っている。他人に説明を求めたら、あなたの人格を疑われるからね。

続きを読む "成人限定誤字の指摘(良い子は見ちゃダメ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »