« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

頑張ってくれ! 日立製作所!

ちょっと前のニュースだけど、尿を用いたがん検査の実証実験を今月から始めると、日立製作所が発表した。早ければ、2020年代はじめの実用化を目指すのだとか。

尿検体を用いたがん検査に関する実証試験を開始
(出典:日立製作所のニュースリリース 2018年4月16日)

血液検査より手軽に検査を受けられるというところが利点なんだろうな。
ほかにもたくさん利点があるのだろうけど、医療技術に直に身を任せてお世話になる立場としては、検査が簡単なのは喜ばしいことだ。

僕はずっと昔、身体を壊して、レントゲン撮影を短期間に何度も受けた経験がある。(さいわい、がんではなかったけど)
そのうち、「一定期間に浴びてはいけないとされているX線の量になってしまう」ということで、「レントゲン検査はしばらくできない」旨の説明を医師から受けた。

そんな風に何度も続く類の検査が、尿を取るだけで済む時代が来るかもしれないと思うと、なんか嬉しい。
いろんな検査が続いて、それだけで疲れている患者さんたちが世の中には万といるだろうから。がんだけでなく、さまざまな病の詳細がわかるようになってほしいぞ。

2020年といわず、早く実現してほしいものだ。

日立製作所のサイトにある「企業理念」によると、創業者である小平浪平が掲げた「優れた自主技術・製品の開発を通じて、社会に貢献する」というものを、企業理念としてそのまま変えずに、現在も受け継いでいる。

そして、「日立創業の精神」(彼らはそれを VALUES としている)は、「和・誠・開拓者精神」だ。
それぞれには具体的な意味がある。その中身についてはサイトを参照してほしい。

そんな日立製作所が、いち企業としてではなく、日立グループとして目指す VISION は、

"日立は、社会が直面する課題にイノベーションで応えます。優れたチームワークとグローバル市場での豊富な経験によって、活気あふれる世界をめざします。"

勇ましいじゃないか。頼もしいじゃないか。熱い想いにあふれているじゃないか。

なんか偉そうな口ぶりになってるな。いかんぞ。

まあ僕の態度は横に置いておいて、世界市場で活躍している企業として、優れたチームワークとグローバル市場での豊富な経験によって、活気あふれる世界を目指してほしいじゃないか。

頼むぜ! 日立!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google Apps Script でセルを操作する基本的手順

この記事は自分用の覚書です。

■GAS (Google Apps Script) のオブジェクトモデル

Spreadsheet.App オブジェクト(『Googleスプレッドシート』というアプリケーション本体)

→ Spreadsheet オブジェクト (個々のファイル)
    ↓
     → Sheet オブジェクト(ファイルの中のシート)
    ↓
     → Range オブジェクト(シート上のセル)

■GAS でセルの取得(変更)するための基本的な手順

1.Googleスプレッドシートのファイルを取得(変数への代入)
2.1. で取得したファイルのなかのシートを取得
3.2. で取得したシート上にあるセルを取得
4.3. で取得したセルの内容(値)を取得(変更)

■セルを操作する基本(サンプル)
GAS では、変数の宣言と同時に、変数への値の代入が認められている。


function sample01() {
  //1. Googleスプレッドシートのファイルを取得(変数への代入)
  var target_file = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();

  //2. 1.で取得したファイルのなかのシートを取得
  var target_sheet = target_file.getActiveSheet();

  //3. 2.で取得したシート上にあるセルを取得
  var target_range = target_sheet.getRange("A1");

  //4. 3.で取得したセルの内容(値)を取得(変更)
  var cell_atai = target_range.getValue(); //値を入力するには setValue(値)

  Logger.log(cell_atai);
}


上記スクリプトは次の書き方をしても意味は同じ。

function sample02() {
  var target_file;
  var target_sheet;
  var target_range;
  var cell_atai;

  //1. Googleスプレッドシートのファイルを取得
  target_file = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();

  //2. 1.で取得したファイルのなかのシートを取得
  target_sheet = target_file.getActiveSheet();

  //3. 2.で取得したシート上にあるセルを取得
  target_range = target_sheet.getRange("A1");

  //4. 3.で取得したセルの内容(値)を取得(変更)
  cell_atai = target_range.getValue();

  Logger.log(cell_atai);
}


・getSheetByName("シート名")
SpreadsheetクラスのgetSheetByName()メソッドを使うと、シート名を使ってシートを取得できる。

・getSheets()[0]
Spreadsheet.getSheets()メソッドでは、すべてのシートが配列として返される。
配列の1つ目の要素(添え字・インデックスの「0」)が、一番左のシートを表す。
配列は 0 から始まる。

・openById("ID")
SpreadsheetApp.openById()メソッドでは、シートのIDを指定してシートを取得する。
ID は、URL の https://docs.google.com/spreadsheets/d/xxxxxxxxxxxxxxxx/edit 中で xxxxxxxxxxxxxxxx の部分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もっと優しくてもいいと思う。

ガールズちゃんねるの「婚活で晒した醜態」――婚活の場で辛い体験をしてしまった女性の投稿。

ネットのニュースで何となく見かけた。

「(慰めになるので)同様の体験をした人はいませんか」ということなのだけど、ずいぶんと酷い反応を返す人たちもいるもんだ。冷たい反応ばかりじゃないようだけど。

いわゆる "釣り" のネタなのか、本当なのかは別として、「辛かった」と吐露している投稿に対して、傷に塩を塗るような反応をしなくてよいだろうに。

そんなに冷たくしなければならない理由って何があるんだろう? 同じ返すなら、もっと暖かい反応を返してあげたらいいのに。

辛いって言ってんだからさ。

内容が気に入らないなら無視すればいい。書き手をさらに傷つけるようなコメントをしなければならない具体的な理由なんてないだろう。

世の中、もっと優しさがあってもいいんじゃないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年の初ツバメ

今日(4月3日)、今年初のツバメを見た。

2017年のときは4月17日だった――と書いているけど、妻が言うにその2、3週間前から飛んでいたということだったから、時期としては昨年並みということか。

今年は妻といっしょに見た。
昨年と違って、妻も今日より前にツバメを見た記憶はないらしい。

新社会人の皆さんの門出と共にやってくるなんて――今年の新社会人の皆さん。新しい季節が始まるって感じがして、なんか嬉しくない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »