« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

Google Apps Script でワードのファイルをゴミ箱へ移動する。

この記事は自分用の覚書です。

T.N さん。

Google Apps Script で、Googleドライブ上の指定したフォルダ内にあるワードのファイル(拡張子 docx )をゴミ箱へ移動するコードです。
(拡張子 doc は対象にしていません。)

結果として、docx 以外のファイルがフォルダのなかに残ります。
ゴミ箱へ移動するだけなので、ワードのファイルは Goofle ドライブ上から完全には消えていません。


function Word_docx_sakujo_1(){
  //変数の宣言
  var Folder_ID;
  var Hozon_Folder;
  var All_Docx;
  var Word_File;

  Folder_ID = "ここに、ファイルが保存されているフォルダのフォルダIDを入れる。"; //フォルダによって変える。フォルダを開いて、 URLの  "…/folders/" 以降の部分がフォルダID。
  Hozon_Folder = DriveApp.getFolderById(Folder_ID);
  All_Docx =  Hozon_Folder.getFilesByType(MimeType.MICROSOFT_WORD);//ゴミ箱に移動するファイルをdocxに指定。

    while(All_Docx.hasNext()){
      Word_File =All_Docx.next();
      Word_File.setTrashed(true);
    }
}


Folder_ID = "ここに、ファイルが保存されているフォルダのフォルダIDを入れる。"; //フォルダによって変える。フォルダを開いて、 URLの  "…/folders/" 以降の部分がフォルダID。
Hozon_Folder = DriveApp.getFolderById(Folder_ID);

のところは、

Hozon_Folder = DriveApp.getFolderById("ここに、フォルダのフォルダIDを入れる");

のように、フォルダIDを直に引数にして1行で書いてもよかったのですが、場合によって変更することも考えると、少しでも編集しやすくなるかなと思って変数 Folder_ID に代入するようにしてみました。

あと、pptx をゴミ箱に移動したいとなったら、MimeType.MICROSOFT_WORD を MimeType.MICROSOFT_POWERPOINT に書き換えます。xlsx なら、MimeType.MICROSOFT_EXCEL になります

他の MimeType については、Google Apps Script の REFFERENCE を参照してください。
Enum MimeType

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年の初ウグイス

さっき(3月23日)ウグイスが鳴いた。まだまだ下手だったけど。

昨年の初ウグイスは3月25日だった。
昨年の記事を見てみたら、同じころにやっぱり寒かったようだ。ぜんぜん記憶にないけど。

今年も一昨日と昨日で寒かったもんなあ。

昨年は「せっかく鳴いたのに……」と奴らがへそを曲げなければいい――と心配したけど、今年は「一番寒いときをちょっと外してみました」とニヤッとしているかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いじめていい理由なんてありません。

TBS のドラマ『アンナチュラル』で言っていたセリフ――。

女性がどんな服を着ていようがお酒を飲んで酔っ払っていようが、好きにしていい理由にはなりません。合意のない性行為は犯罪です。

それを聞いて、「いじめられる奴には、いじめられる理由がある」と言っていた人がいたことを思い出した。

そんなものはない! あってはいけない! そんな理由を成立させるのは間違っている! と僕は思っている。

ドラマなどで、「いじめていた側」が、何かの原因で「いじめられる側」になるという描写があったりする。
見ているほうは、「罰が下った」と心理的にすっきりというか、「ざまあみろ」という感覚になったりする場合があるが、それが許されるのはドラマだからだ。架空の話だからだ。

いじめていようがなんだろうが、「いじめ」は、だめだと言っているのだ。止めろと言っているのだ。どのようなことであれ、「いじめる理由」なんてものを設けてはいけないのだ。

「(……という理由があるから)いじめられる」なんてことがあってはならない。

そんなことを言ったら、「いじめられたくなければ、その理由を無くせ」という話になってしまうじゃないか。そんなの、いじめている側が都合がよいだけじゃないか。

王様と奴隷じゃあるまいし、いじめている側の主張を聞き入れなければいけないなんて変だろうが。
ただ「止めろ」。と、それだけのことなんだ。「その理由をなくせ」ではない。ただただ、止めればいいんだ。

相手がどんな人だろうが、何をしていようが、いじめていい理由にはなりません。いじめていい理由があるなんて幻想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »