« 2017年12月 | トップページ

Excel で行高を固定して入力する。

この記事は自分用の覚書です。
(Windows 10 Pro 64ビット + Excel2016 Office365 Business サブスクリプション バージョン1711(ビルド8730.2175))

■やりたいこと
セルの書式を「折り返して全体を表示する」にしてあっても、値の貼り付けや入力時に行高が高く変わらないようにする。

■手順
値貼り付けや入力をする前に「行の高さ」を指定しておく。

行を右クリックして「行の高さ」を選択し、固定したい行の高さを入力する。
標準では 18 になっている。同じ 18 で固定したい場合は、あらためて 18 を入力する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excel2016 でユーザー設定リストへの登録

この記事は自分用の覚書です。
(Windows 10 Pro 64ビット + Excel2016 Office365 Business サブスクリプション バージョン1711(ビルド8730.2175))

■現象
『ユーザー設定リスト』の「リスト項目」欄に、登録したいリストをコピー貼り付けして「追加」ボタンをクリックすると、次の警告メッセージが表示されてリストを全部登録できない。

「ユーザー設定リストの最大長を超えています。最初の 255 文字のみ保存されます。」

■対処方法
・「リスト項目」欄にコピー貼り付けしない。
・「追加」ボタンをクリックしない。

1. ワークシート上で任意の「列」にリスト項目を用意しておく。
「行」(横)に並べると登録できない。

2. 1. を範囲選択しておいてから『ユーザー設定リスト』の画面を呼び出すか、『ユーザー設定リスト』の画面で「インポート」ボタンの左にあるボタンを押して 1.  の範囲を指定する。

3. 「リストの取り込み元範囲」が正しいことを確認して「インポート」ボタンをクリック。
これでユーザー設定リストが登録される。

OK ボタンをクリックしていって画面を閉じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ