« Excel とメモ帳で、ダブルコーテーションで値を囲った CSV ファイルを作る。 | トップページ | Chrome で、選択した部分のソースを表示する。 »

Excel2016 でファイルの一覧を作る。

この記事は自分用の覚書です。
(Windows 8.1 Pro 64ビット + Excel2016 Office365 Business サブスクリプション バージョン1710(ビルド8625.2121))

1.ワークシートを開く。(新規でも既存のものでもよい。)

2.「データ」タブ-「データの取得」-「ファイルから」-「フォルダから」をクリック

3.「フォルダーパス」を入力する画面になるので「参照」をクリックして、ファイルの一覧を作りたいフォルダを選んで、OKをクリック

4.「フォルダーパス」の欄で目的のフォルダが指定されていることを確認して、OKをクリック

5.プレビュー画面が表示されるので「読み込み」をクリック

6.テーブル形式でファイル名の一覧が作成される。
3. で選んだフォルダの下のフォルダにもエクセルのファイルがある場合、それも一覧に含まれる。「上のフォルダでだけ一覧を作る(フォルダの下のフォルダは対象にしない)」という設定はない。

一度一覧を作ると、該当のフォルダのなかで新規作成・ファイル名の変更・あとから保存したファイルも、「クエリ」タブの「更新」を実行することでファイル名を追記・変更できる。
また、上記3.と4.で指定したフォルダのなかであれば、新たにフォルダを作ってファイルを移動させても「更新」でファイル名の追記・変更に対応できる。

「データ」タブ-「クエリと接続」グループ-「プロパティ」-「クエリ プロパティ」ボタンで、「定期的に更新する」を使うと、1分刻みに更新の間隔を指定することができる。
最低「1分」から最大「32767分」。

|

« Excel とメモ帳で、ダブルコーテーションで値を囲った CSV ファイルを作る。 | トップページ | Chrome で、選択した部分のソースを表示する。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6730/66050639

この記事へのトラックバック一覧です: Excel2016 でファイルの一覧を作る。:

« Excel とメモ帳で、ダブルコーテーションで値を囲った CSV ファイルを作る。 | トップページ | Chrome で、選択した部分のソースを表示する。 »