« わかる人にだけわかる話 | トップページ | Excel2016 でファイルの一覧を作る。 »

Excel とメモ帳で、ダブルコーテーションで値を囲った CSV ファイルを作る。

この記事は自分用の覚書です。
(Windows 8.1 Pro 64ビット + Excel2016 Office365 Business サブスクリプション バージョン1710(ビルド8625.2121))

■元の表

Dq_kakomu1

■考え方

最後に、ダブルコーテーションで値を囲った CSV ファイルになればよい。
値の左右に、何か目印になるものを付け加えて CSV ファイルを作り、あとで目印を置換して、ダブルコーテーションで値が囲まれているようにする。

■作業の手順

1.元の表とは別の列で、生年月日のセルを TEXT 関数で文字列に変換する。
1967/12/12 2のように / で区切った数字は、「日付」として扱われている(エクセルの内部で「シリアル値」という数字として扱われている。)ので、文字列に変換しておくことが必要。
・例
=TEXT(B2,"yyyy/mm/dd")

Dq_kakomu2

2.変換した文字列のセルを、生年月日の列へ「値貼り付け」する。
貼り付け終わったら、文字列に変換する式を入れたほうの列は不要なので削除。
(そのままにしておいてもよい。)

Dq_kakomu3

4.元の表とは別のセルに、 " (ダブルコーテーション)を入れて、そのセルを値の左右に結合する式を入れる。ダブルコーテーションを入れたセルは絶対参照にしておく。
・例
=$E$1&A1&$E$1

5.式をほかのセルにコピーして表を完成させる。

Dq_kakomu4

7.完成した表を選択してコピーする。

8.Ctrl + N で新しいワークシートを起こして、「値貼り付け」する。

Dq_kakomu5

9.値貼り付けしたワークシートを CSV で保存する。

8.メモ帳で CSV を開く。
"""氏名""" のように値の左右を3つのダブルコーテーションが囲っている。

Okikae0

9.置換で、検索する文字列に "" (2つのダブルコーテーション)を入力。

10.置換後の文字列の欄は空欄にしておく。
左右にある3つのうち2つを消せば、ダブルコーテーションを左右に1つずつ残せる。

Okikae1

11.「すべて置換」をクリック

Okikae2

13.メモ帳を上書き保存する。
これで、ダブルコーテーションで値を囲った CSV ファイルが完成。

|

« わかる人にだけわかる話 | トップページ | Excel2016 でファイルの一覧を作る。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6730/66045670

この記事へのトラックバック一覧です: Excel とメモ帳で、ダブルコーテーションで値を囲った CSV ファイルを作る。:

« わかる人にだけわかる話 | トップページ | Excel2016 でファイルの一覧を作る。 »