« Excel2016 でファイルの一覧を作る。 | トップページ | 日付が土日、祝日・休日の場合にセルに色を付ける。(Googleスプレッドシート編) »

Chrome で、選択した部分のソースを表示する。

この記事は自分用の覚書です。
Windows 8.1 Pro 64ビット + Google Chrome バージョン: 62.0.3202.94(Official Build) (64 ビット)

  1. Webページで任意の部分を選択
  2. 選択した部分の上で右クリックして「検証」を選択
  3. 「デベロッパーツール」が Chrome の下部に表示されて、該当するソース(タグ)が選ばれている。
  4. ソースを確認したら「デベロッパーツール」の右端にある×印で閉じる。
    ショートカットは、 Ctrl + Shift + I

選択した部分のタグによっては、全体が表示されない場合がある。

「デベロッパーツール」のなかで、

►<p>...</p>

といったような表示になっていたら、左の ► をクリックすると展開した表示になる。

|

« Excel2016 でファイルの一覧を作る。 | トップページ | 日付が土日、祝日・休日の場合にセルに色を付ける。(Googleスプレッドシート編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6730/66068977

この記事へのトラックバック一覧です: Chrome で、選択した部分のソースを表示する。:

« Excel2016 でファイルの一覧を作る。 | トップページ | 日付が土日、祝日・休日の場合にセルに色を付ける。(Googleスプレッドシート編) »