« Excel でフォルダを作る。 | トップページ | aibo の購入はよく考えたほうがいい。 »

Excel2016(Office 365 サブスクリプション)にだけある IFS 関数

この記事は自分用の覚書です。
(Windows 8.1 Pro 64ビット + Excel2016 Office 365 Business サブスクリプション)

K.F さん。

お互い、Office 365 が入ってよかったですね。
Office 365 Business だと聞いています。

同じ Office2016 (Excel2016, Wrod 2016, Powerpoint2016 など)でも、単体で買った人と、Office 365 に加入してインストールした人とでは、使える機能が少し違ってきます。

Office 365 は、定期的に利用料金を支払ってエクセルなど使いますが、そういう使い方を「サブスクリプション」というそうです。

関数も、サブスクリプションの Excel2016 にだけ搭載されている関数があります。
(Office2016 や Excel2016 を単体で購入した人は使えない関数です。)

その一つが IFS 関数です。

IFS 関数 (IFS 関数 - Office サポート)

IFS 関数を使ったファイルを、Excel2013 で開いてみました。
数式の前に _xlfn. という文字が付いて #NAME? というエラーが起きます。サブスクリプションではない Excel2016 でも同じかと思います。

自分以外の人にファイルを渡すときは注意が必要です。
先方がサブスクリプションの Excel2016 なのかどうかわからない場合は、IFS 関数は使わないでおくのが無難でしょうね。

■IFS 関数の利用について

IFS 関数を使うと「関数をネストする」必要がないので、見やすくて何をしているかの理解がしやすい式を書けます。
たとえば、 IF 関数で

  • セル A1 が空欄なら何も表示しない。
  • 76以上ならSを表示する。
  • 61以上76未満ならA
  • 46以上61未満ならB
  • 31以上46未満ならC
  • 0以上31未満ならD

を表示する。という式を書くと、

If

になります。

IFS 関数だとこうです。

Ifs

IF 関数よりもずっと見やすく、理解しやすいですよね。

■式の中でも Alt+Enter でセル内改行ができる。

ちなみに、僕もひとから教えてもらったのですが、式の中でも Alt+Enter のセル内改行ができます。
文字で説明するとなんのことだかわからないと思いますが、こういうことです。

Siki_no_nakade_kaigyo_ifs

2行目以降の A1 の左端はスペースを入れて頭をそろえています。
これでもなんのエラーも起こさないで答えが出ます。

こういう形にしておくと、何をしている式なのかがますます読み取りやすくなります。

IF関数だとこうです。

Siki_no_nakade_kaigyo_if

式の中での改行は、サブスクリプションではない Excel2016 はもちろん、 Excel2013 でも可能です。

あとから自分が見る場合にもわかりやすいです。自分以外の人もそうでしょう。業務で使うファイル(数式、VBA コード)は、自分以外の人が見てもわかりやすく作っておくことが大切です。

|

« Excel でフォルダを作る。 | トップページ | aibo の購入はよく考えたほうがいい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6730/65985757

この記事へのトラックバック一覧です: Excel2016(Office 365 サブスクリプション)にだけある IFS 関数:

« Excel でフォルダを作る。 | トップページ | aibo の購入はよく考えたほうがいい。 »