« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

吸血鬼は不老不死なのになぜ "長老" はお年寄なんだろうね?

妻いわく――(吸血鬼に)成ったときにお年寄りだったんでしょ?

嗚呼、愛する人。

可愛くて、機転も利く君はほんとうに素敵だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excelのオートフィルタ(変数で範囲の値を受けとる。)

この記事は自分用の覚書です。
(Windows 8.1 Pro 64ビット + Excel2013 Home & Business)

「数値フィルタ」の「指定の範囲内」を実行した場合と同じ結果になる。


Sub オートフィルタ_変数で範囲の値を受けとる()
    Dim フィルターを実行する列 As Variant '変数の型を Variant にしておけば、半角数字でも全角数字でも入れられる。
    Dim 開始 As Variant
    Dim 終了 As Variant
    Dim 確認 As Variant
'
'---■何列目でフィルタをかけるかを指定し、「数値フィルター」の「指定の範囲内」について、範囲の最初の値と最後の値を変数に入れる ---ここから
        フィルターを実行する列 = InputBox(Prompt:="フィルターを実行する列を指定してください。1列目なら 1 を、 2列目なら 2 を入力します。", Title:="フィルターを実行する列")
            If フィルターを実行する列 = "" Then Exit Sub
        開始 = InputBox(Prompt:="指定の範囲の最初の値を入れてください。", Title:="開始")
            If 開始 = "" Then Exit Sub
        終了 = InputBox(Prompt:="どの値まで含めるかを入れてください。", Title:="終了")
            If 終了 = "" Then Exit Sub
'---ここまで---
'
'
'---■メッセージボックスを表示させる---ここから
        MsgBox "フィルターを実行する列:" & フィルターを実行する列 & vbCrLf & "開始する値:" & 開始 & vbCrLf & "終了する値:" & 終了 & vbCrLf & "範囲の値は正しいですか?"
        確認 = MsgBox("処理を続行しますか?", vbYesNo + vbInformation)
'---ここまで---
'
'
'---■変数 確認 が vbYes ならオートフィルタを実行する。 vbYes 以外ならプロシージャーを抜ける。---ここから
        If 確認 = vbYes Then
            Selection.AutoFilter
            ActiveSheet.Range("A1").AutoFilter Field:=フィルターを実行する列, Criteria1:=">=" & Format(開始, "##"), _
            Operator:=xlAnd, Criteria2:="<=" & Format(終了, "##") 'ActiveSheet.Range("A1").AutoFilter のコードは範囲の一番左上のセルが A1 の場合を意味する。
        Else
            Exit Sub
        End If
'---ここまで---
End Sub

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行客は地元の人に気をつかったほうがいいと思う。

某観光地で見かけた光景。

バスから降りるときに、料金をちょうど用意しないで料金箱に入れてしまった旅行客。あいにくとそのバスではお釣りは出ない。

そのせいで運転手さんがなんだかんだとあとからお釣りを受け取れる手続きを行っていた。何らかの書類のようなものを手渡していたから、営業所だとかそういった場所へそれを持っていけば出なかったお釣りがもらえるようなものなんだろう。

そのやりとりのせいで、バス停で結構長く停まっていることになった。

僕は特に急いでいたわけでもないが、それでも「お釣りが必要ない用意」をしていなかったその旅行者にはちょっとむっとした。車内は空いていて、両替機を使うのは簡単な状況だったし。

さらに、怒りを感じたのは、その旅行者が運転手さんに謝罪も感謝もなんにも口にしないで、書類を受け取ったら無言で降りていったことだ。

あんたなあ、いまどきバスの乗り方ぐらい検索でも何でもしてあらかじめ調べることができるだろうが。普段バスに乗りなれてないのなら調べてきなさいよ。
(小銭がないなら、バスに乗る前にジュースなりなんなりの小さな買い物をして小銭をつくっておくとか、よほど混雑してないかぎりは降りるまでに両替を済ませておくとか、「バスに乗る」という単純な行為でも、他者を気づかう点はいろいろあるよ。)

あるいは、普段乗っているバスはお釣りが出るバスで、それに慣れていたせいでのうっかりだとしても、あんたのうっかりで乗っていた全員が待たされたんだからさ。

少なくとも、運転手さんに「お世話おかけしました」ぐらいは言おうよ。

観光地にだってそこで生活をしている人はいるんだ。
地元の人は、バスがやってくる時間や最寄り駅までの所要時間だとかを読み慣れているから、「このバスに乗ったら、ちょっと早歩きしたら駅でちょうどいい電車に乗れる」とか思って、そのバスに乗ることがあるからね。

普段なら生じない余計な時間が生じると、その電車に乗れないことになる。

「勝手がわからない観光客が増える時期だから、普段通りではなくてもうちょっと余裕をもって出かけたほうがいい」というセリフを、あなたは言ってはいけないよ。

それは、地元の人同士で言っていいセリフだから。

彼らにとってみれば、旅行客であるあなたが異物なんだからね。

僕が見かけたのはバスの乗り降りだったけど、それ以外にも旅行客が地元の人に迷惑をかけていることはあるだろうう。

楽しい気分だろうけど、公の場所では大きな声を出さないとかね。

旅行客は、地元の人に気をつかったほうがいいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休まなくていいから!

アニメ『Re:CREATORS』(レクリエイターズ)が面白い。

7月29日は本編だったけど、8月5日は前々回(7月22日)に引き続いての中休みというか声優さんたちが出演するサマー特番の2回目。
(サマー特番1→本編→サマー特番2 という流れ)

たぶん、制作陣の夏休みというか、一息入れるためというかの「制作陣用ご休憩回」なんだと思う。

だけど、「そんなの必要ないから早く次の話を見せてくれ」と僕は思ってしまった。

本編を空けないで、どんどん次のストーリーを見せてほしいぞ。サマー特番なんていらないから! 休まなくていいから!

端的に言って私は皆さんに死ねと申し上げております!

ウソです。真剣じゃないですから。
制作の方々も声優の方々も、しっかり英気を養って面白い話を見せてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

格闘家は髪をかき上げないでほしい。

このあいだの『RIZIN』、僕はおもしろかった。いいものを見せてもらえたという気分になれる試合があったし。

でも気になったのが、試合中にグロープをはめた手でときどき前髪をかき上げる選手がいたこと。

あれはやめてほしいなあ。
闘っている最中に、前髪が垂れてくるのを気にしてるなんて……。なんだかなあ――だ。

気になるのなら短くしておいたり、しばっておくとか、編んでおくとかしとけばいいのに。

坂田亘選手の引退試合で相手をした桜井“マッハ”速人選手が言ってた「俺たちがやっているのは、参ったしたら手を離すのではなく、(骨を)折りに行く戦いなんですよ」という言葉の重みを、すべての選手に大事にしてほしいと思ってしまう。

(骨を)折りに行く戦いの最中に髪をかき上げるしぐさは、浮ついていて軽薄な印象がするのでやめてほしいと僕は感じている。

見た目というか、キャラクター性というかもあるだろうから、無理? かな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »