« Powerpoint2013でスライドのコピー貼り付けとスライドの再利用の違い | トップページ

大丈夫か? 品輪教授

アニメ『正解するカド』がおもしろい。

我々の宇宙の外からやってきたという "異方存在" がもたらしたのは、電力の無限供給が可能なデバイス "ワム" ――しかも、機能させる必須要件はその "形状" ――そこらへんで手に入る紙でも何でもいいからとにかく形状を "正確" に作れれば、だれでも、どこでも、いつでも、電力を無限に手に入れることができる。

ただし、この "正確" な形状というのがくせもの――作るには、この宇宙外の "感覚" が必要なんだそうな。その "感覚" がわかりつつ形状を完成させないとワムは機能しない。

形さへ正しければ動くものではない――とかいう設定。

劇中、ワムを "正確" に作れたのは、僕の記憶が正しければ4名。

品輪 彼方(しなわ かなた)教授と、真道 幸路朗(しんどう こうじろう)。
そして、他2名。この2名は劇中では名前が明かされていない。
しかも、宇宙外の "感覚" が求められるせいか、この氏名不明の2名も作れたのは一度きりで再現できなかったらしい。

ということで、ワムをいつでもいくつでも正しく作れるのは、地球上で品輪教授と真道のみ。

真道は多くの場合において異方存在と行動を共にしているので、その身辺の安全についてはさして気にすることはないと思う。なんせ異方存在は、戦車砲の直撃が無効なシールドというかを展開できるのだ。

問題なのは品輪教授だ。
見ている限り、周囲にいるのは職場の研究者たちと何名かの自衛隊員ぐらいだ。

電力の無限供給を可能にできるたった1人の人類――と言ってしまっても間違いではないのに。
(6話まで見てるけど、真道を "人類" と呼んでいいのかどうか微妙な状態になっている。なので、生粋の人類でワムが作れるのは教授だけと言える。)

いろんな国が拉致を計画しそうじゃないか。あるいは、下手したら暗殺の対象だぞ。
だって、化石燃料を不要にしてしまう人なんだし。オイルマネーで生きている人たちにとっては、消せばいいのか、逆に囲ってしまったほうがいいのか――と悩ましい存在だろうに。

大丈夫か? 品輪教授。

|

« Powerpoint2013でスライドのコピー貼り付けとスライドの再利用の違い | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6730/65300731

この記事へのトラックバック一覧です: 大丈夫か? 品輪教授:

« Powerpoint2013でスライドのコピー貼り付けとスライドの再利用の違い | トップページ