« 人から聞いて驚いた話――Googleドライブの上限 | トップページ | Excel で連番の抜けをチェックする。 »

28度なら28度にしてくれ。

室内が暑い。

エアコンの設定温度は「28度」にしてあるそうだ。節電のためだって。

「28度」にしておけば節電効果が一番高いとかいうわけではない。
労働安全衛生法で室内の温度は17度以上28度以下(湿度も決まりがあるのだとか)となっているのが、節電のためと称して28度に設定する根拠というか、基準というか――といったよう。

でもさぁ、設定温度28度にしていたら、人が増えてきたりパソコンやら何やらが発する熱で室内の温度はもう少し上がるよね?
ちょっと前に先出の法を踏まえて「設定28度」というのは違法ではないかという話題があったけど、僕が言いたいのはそんなお堅い話ではない。

28度ならそれでいいから、28度であり続けてくれという話。つまり「設定28度」ではなくて「室温28度」を維持しようとしてくださいなということ。

寒いという人だっているだろうから、もっと下げてくれとは言わない。でも、28度に設定しておいて室温が上がってきたら、28度を目指してエアコンを調節してほしいわけさ。

その過程でちょっと冷えすぎたり、あるいはなかなか室温が下がらなくてまだ暑いということだってあるだろうさ。それは仕方がない。厳密な室温の制御なんて贅沢な話だ。

ただ、「暑くなってきたから少し下げていい?」とか、「ちょっと冷えてきたね。温度少し上げてもいいかな」とか声を掛け合いながら、そのあたりはうまくやっていきましょうということを言いたいのだよ。

だから、28度ならそれはそれでいいから、上がってきたら下げてほしいよ。

|

« 人から聞いて驚いた話――Googleドライブの上限 | トップページ | Excel で連番の抜けをチェックする。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 28度なら28度にしてくれ。:

« 人から聞いて驚いた話――Googleドライブの上限 | トップページ | Excel で連番の抜けをチェックする。 »