« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

Googleドライブで「オーナー以外が削除した共有データの検索」

この記事は自分用の覚書です。

■現象
「マイドライブ」にあるデータを複数人と共有している場合、オーナー以外の誰かが「共有アイテム」からそれを削除したら、他の人の「共有アイテム」のなかでも表示されなくなった。
さらに、オーナーの「マイドライブ」でもそのデータが表示されなくなった。また、誰のゴミ箱のなかにも見あたらない。

■対処
次のコマンドでオーナーがドライブを検索する。
is:unorganized owner:me
と入力して検索すると見つかる。

この場合、オーナーがそのデータを削除したのではないので、データは本当には無くなっていない。表示されなくなっただけ。

表示されなくなってからの保存期間にも期限はない。オーナーが削除したわけではないので、見えないだけでいつまでも在り続ける。
したがって、長い時間が過ぎたあとに「データがない」と気づいてからでも、この場合は上記の検索で見つけ出すことができる。

孤立したファイルを今後見つけやすくするには、[マイドライブ] 内のフォルダにファイルをドラッグ&ドロップする。

詳細は、下記の Google Apps 管理者 ヘルプの記事を参照。
孤立したファイルの検索

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excel の「アクティブ行との相違」、「アクティブ列との相違」

この記事は自分用の覚書です。
(Windows 8.1 Pro 64ビット + Excel2013 Home & Business)

 

エクセルの「ジャンプ」機能の「セル選択」のなかにある「アクティブ行との相違」と「アクティブ列との相違」の動きの違い。

「アクティブ列との相違」を使って、他のセルとは異なっている数式を見つける。

■アクティブ行との相違
アクティブセル領域のなかで、アクティブセルがある列の個々のセルに対して左右に向かって(つまり行のなかで)それぞれのセルの値と異なる値が入っているセルを見つけて選択する。

 

■アクティブ列との相違
アクティブセル領域のなかで、アクティブセルがある行の個々のセルに対して上下に向かって(つまり列のなかで)それぞれセルの値と異なる値が入っているセルを見つけて選択する。

 

■アクティブ行との相違
1.セル範囲を選択して、「ジャンプ」の機能を呼び出す。
「ジャンプ」はショートカット Ctrl + G で呼び出せる。
リボンからは、「ホーム」タブ-「編集」グループ-「検索と選択」のなかの「ジャンプ」

 

Gyousoui1s

 

※氏名は、「疑似個人情報データ生成サービス」を利用して生成。

 

2.「ジャンプ」のダイアログボックスが開いたら「セル選択」をクリック。

 

Jumpdialogbox

 

3.「アクティブ行との相違」をチェックして、OKをクリック。

 

Active_gyousouis

 

4.セルが選択される。

 

Gyousoui2s

 

この場合は最初に選択した状態のときは、セルA2の「浜崎穂乃香」がアクティブセルなので、A列のなかで次のような動きをする。

 

セルA2の左右に対して「浜崎穂乃香でないもの」を探す。
(つまり2行目のなかで「浜崎穂乃香でないもの」)

 

セルA3の左右に対して「小寺信彦」でないもの」を探す。
(3行目のなかで「小寺信彦でないもの」)

 

セルA4の左右に対して「小口美帆でないもの」を探す。
(4行目のなかで「小口美帆でないもの」)

 

セルA5の左右に対して「熊田好でないもの」を探す。
(5行目のなかで「熊田好でないもの」)

 

セルA6の左右に対して「石原千沙でないもの」を探す。
(6行目のなかで「石原千沙でないもの」)

 

イメージとしては次のよう。

 

Gyousoui3s

 

この場合は、最初にアクティブセルがあるA2の左にはセルがないので、セルの右方向だけで異なる値を探している。

 

A列にある各セルを基準にして、行ごとに相違を探しているので、A列のどのセルをアクティブセルにした場合も、最後に選択されるセルの結果はすべて同じになる。

 

最初に選択した状態から、アクティブセルを移動するには、Tabキーを押す。
Shift + Tab で逆方向へ戻る。

 

■アクティブ列との相違
1.セル範囲を選択して、「ジャンプ」の機能を呼び出す。
画像では、セル範囲 A2:C6 を選択してから、Tabキーでアクティブセルを A4 に移動している。

 

Retusoui1s

 

2.「ジャンプ」のダイアログボックスが開いたら「セル選択」をクリック。

 

3.「アクティブ列との相違」をチェックして、OKをクリック。

 

Activ_retusouis

 

4.セルが選択される。

 

Retusoui2s

 

最初に選択した状態のときは、セルA4の「小口美帆」がアクティブセルなので、次のような動きをする。

 

セルA4の上下に対して「小口美帆でないもの」を探す。
(つまりA列のなかで「小口美帆でないもの」)

 

セルB4の上下に対して「福井栄一」でないもの」を探す。
(B列のなかで「福井栄一でないもの」)

 

セルC4の上下に対して「出口博子でないもの」を探す。
(C列のなかで「出口博子でないもの」)

 

イメージとしては次のよう。

 

Retusoui3s

 

この場合は、最初にアクティブセルがA列の4行目にあるので、4行目にある各セルの上下で異なる値を探している。

 

4行目にある各セルを基準にして、列ごとに相違を探しているので、4行目のどのセルをアクティブセルにした場合でも、最後に選択されるセルの結果はすべて同じになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年の初ツバメ

昨日(4月13日)の夜、今年初のツバメを確認できた。2015年のときは4月1日だった。

今年はちょっと遅め。

でも、実は少し前の夜にも彼らを見た気がしたのだけど、そのときは目の前を素早く横切っていったので、「あれ? いまのツバメかな」と思っただけではっきりとわからなかった。

昨日の夜の目撃は、そのときと同じ場所でほぼ同じ時刻だった。今度ははっきりと。なので、あのとき見けかたのはやはりツバメだったのだろう。

だとしたら、2016年の初ツバメは4月11日だ。どちらにしても昨年よりは遅めの出会い。

今年はなぜか仕事で移動中に、いかにもな新入社員の人たちを見かけることが少ない。なぜだろう? うちのあたりでは今年の新入社員数が少なかったのかな。田舎だもんなぁ。

ツバメの姿を見るのが昨年よりも遅かったのも、数が少なくなっているせいか? そんなのいやだな。違ってたらいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kindle本が固定レイアウトだとわかるようにしてほしい。

以前こういう記事を書いた。

Amazon で購入したKindle本が「固定レイアウト」のものだったので、所有している Kindle Paperwhite では自然な読書ができなかったから返金してもらったという話。

だって、 ページがまるまる1枚の画像だからね。 Kindle Paperwhite 上で文字を拡大して読みやすくするといった操作ができない。

今回また同様のKindle本に出合った。まったくもう、だ。

お願いだから、出版社は「固定レイアウトになっている」ことがわかるようにどこかに明記してほしいぞ。

はじめにわかっていたら購入しなかったよ。返金してもらえたからいいって話ではなくてさ、買う前に知ってれば、返金処理をお願いするような事態にはならなかったという話。

固定レイアウトの電子書籍があるのはわかってる。僕は、そこに文句を言うような了見が狭い人間じゃない。

簡単な話だと思うのだけど。「本品は固定レイアウトです」といった旨を表記しておくのって。たんに気づかいのレベルのことだと思うんだよね。その本に興味をもってくれる人への。

出版社がKindle本を Amazon 上に出すのにどれくらいの手間がかかるのか僕は知らないけど、「固定レイアウトです」と表記するのはすごい難しのか? コストがやけにかかったりするわけ?

そんなことはないだろう――。って思うのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイソン――乾電池が必要なただひとつの掃除機

いや、別にダイソンだけがそうだということはないだろう。

でも、そう言いたくなることが起きた。

うちのダイソンが手元のスイッチでオンできなくなった。
妻がいろいろ調べてくれて、うちにあるダイソンの掃除機は手元に乾電池が収納されていて、それでオン・オフをしているのだとか。

電波を飛ばしているらしい。驚きだ。少しでも配線を減らすことで「線が切れる」というトラブルを抑えるというねらいでもあるのか……知らないけど。

ということなので、電池が切れたら手元スイッチで電源は入らないのだ。
実際、妻が電池を交換してくれたらちゃんと入った。

電池交換が必要な話は、公式サイトにヘルプが載っている。

手元スイッチにランプが点かない(ダイソンのサイトより)

「ランプが点かない」のではなく、「電源が入らない」だろうと思うけど、まぁ意味としては同じことだ。

知らなかったぞ。マニュアルには書いてあるのか? どこかに書いてるんだろうけどね。

もうちょっと大きくわかりやすく書いててほしいぞ。だって、古い機種だし買い替えないともうだめかなって思っちゃったよ。

そう思わせるダイソンの策略か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »