« スライドのマスターについてのまとめ | トップページ | ロックされている(いない)セルを一括で選択する。 »

払わなきゃだめでしょ。

「音楽にお金を払うという感覚がわからない」
朝日新聞の音楽の定額配信に関する記事のなかにでてきた会社員(23)の言葉。

いやいや。会社勤めが23にもなって、そこを「わからない」はだめだろ。

「払いたくない」と言うなら個人の趣味趣向だからいいとして、「わからない」というのは社会人としてだめでしょ。
あるいは、音楽なんて無料で手に入れられないといやだなんて思っているとしたら、それもやっぱり社会人としてだめだろう。

1つの曲を生み出すのに、何人の人がどれほどの時間をかけているか――。それらを単純に製作コストだとして、それらを回収してさらに利益を出すのがビジネスってやつだ。

作った音楽は何かしらの形で買ってもらわないと回収も利益も出ないのよ。
作り手は「お金ためにやっているんじゃない」と言うこともあるだろうけど、それはそれとして、そこはビジネスだ。

個人が買うのか、どこかの組織が買うのかいろいろあるだろうけど、買ってもらえるから関係者は御飯が食べられる。家族を養うこともできる。
だから無料なんて、期間限定とか特別な企画とかそういうのでない限りあり得ない。

「無料で手に入れたい」と欲するのは個人の自由だ。好きなだけ思うといい。
でも、社会に出て働いている会社員なら、コストと利益ってものを頭からなくしたらいかんでしょうが。

「お金を払って手に入れたい音楽がない」という意味なら、それも個人の自由だから買わなければいい。

でも、誰かがコストをかけて作ったんだから、それを手に入れようと思ったら対価を払わないといけない。そこの感覚が、どうしてもわからないというなら会社員に向いてないんだろうな。

|

« スライドのマスターについてのまとめ | トップページ | ロックされている(いない)セルを一括で選択する。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 払わなきゃだめでしょ。:

« スライドのマスターについてのまとめ | トップページ | ロックされている(いない)セルを一括で選択する。 »