« Excelの「区切り位置」で「スペースによって右または左に揃えられた固定長フィールドのデータ」を使う場合 | トップページ | 普通に考えて違うでしょ。 »

Excel2013で、未使用のユーザー定義の表示形式を登録できないのは仕様

この記事は自分用の覚書です。

Excel2013 でセルの表示形式をユーザー定義で作る際、その表示形式を適用したセルがブックのなかにないと、ファイルを保存したときにユーザー定義の一覧から消える。これは仕様。
( Excel2013 Home & Business )

なので、Excel2013 では「あらかじめ未使用のユーザー定義の表示形式を作っておいて、あとからセルに適用する」というやり方はできない。

考え方を変えると、「作ったユーザー定義をセルに適用していない場合は、ユーザー定義の一覧に表示されない」のだから、使わなくなったユーザー定義が残らなくて一覧が見やすい。
(作ったユーザー定義が一覧に表示されているなら、覚えがなくても「どれかのワークシートのどこかのセルに必ず適用されている」ということ。)

Excel2013 というよりは、XLSX形式の仕様。
Excel2013 でもXLS形式でファイルを保存すると、どのセルに適用していなくても作ったユーザー定義の表示形式は一覧に出てくる。
(XLS形式では、使わなくなったユーザー定義も一覧に表示されるので、確実に使っていないとわかっていないかぎりは削除できない不便さがある。)

■「あらかじめユーザー定義の表示形式を作っておいて、あとでセルに適用する」には……
ワークシートを1枚追加してそのセルに新しく作ったユーザー定義を適用しておく。
その後、ワークシートを非表示にしておく。
テンプレート(拡張子XLTX)にユーザー定義の表示形式を複数作っておいて、ファイルを作成するときに選んでセルに適用する場合は、このやり方でできる。

|

« Excelの「区切り位置」で「スペースによって右または左に揃えられた固定長フィールドのデータ」を使う場合 | トップページ | 普通に考えて違うでしょ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Excel2013で、未使用のユーザー定義の表示形式を登録できないのは仕様:

« Excelの「区切り位置」で「スペースによって右または左に揃えられた固定長フィールドのデータ」を使う場合 | トップページ | 普通に考えて違うでしょ。 »