« iPhoneのマニュアル | トップページ | 「核爆発」を気軽に扱わないで。 »

離れた複数の列に重複がない表を作る。

この記事は自分用の覚書です。

K.Yaさん。
「フィルターオプションの設定」がうまくいかない件ですが、次のようです。
来週にそちらに行くことになってます。わからない部分があれば、その時にでも。
(もっと簡単なやり方もあるかと思いますが、僕にわかるのはこういうのということで勘弁ください。)

■例:「担当者」の列にも「部署」の列にも、重複がない状態を作る。
Windows8 Pro 64ビット + Excel2013

まず「担当者」の列で重複がない状態を作る。次に「部署」の列で重複がない状態を作る。
その結果、「担当者」の列にも「部署」の列にも、重複がない表になる。
※列見出しも一緒に選択するのがポイント

担当者の一覧の画像

1.「データ」タブ-「並べ替えとフィルター」-「詳細設定」を選択
「列見出しが含まれているか特定できない」といったメッセージが表示されたら、気にせずOKをクリック。

2.「抽出先」は「選択範囲内」を選択

3.「リスト範囲」には、A1からA8を選択
表全体を選択すると、まったく同じ行たちを重複とみなすので要注意。
(上の表には、「まったく同じ行たち」は無い。)

4.「重複するレコードは無視する」にチェックを入れてOKをクリック

5.「担当者」の列で重複がない表ができる。
A列6行目(上田敏)が非表示になる。
(A列4行目の「上田敏」の方を表示した状態になっている。1行目から見て行って、若い順番のデータが残される。)

6.表をコピーして任意の場所へ貼り付ける。
同じシートに貼り付ける場合は、元の表よりも下の行になるように貼り付ける。

7.もう一度、「データ」タブ-「並べ替えとフィルター」-「詳細設定」を選択

8.「抽出先」は「選択範囲内」を選択

9.「リスト範囲」には、コピーした表の「部署」の列を指定。
このとき、列見出し「部署」も一緒に選択する。

10.「重複するレコードは無視する」にチェックを入れてOKをクリック
「部署」の列が重複していない状態になる。
これで、「担当者」の重複がなく、「部署」の重複もない表になった。

あるいは、
5.「担当者」の列で重複がない状態ができる。
のあと、その状態の表全体をコピーして、別のシートに貼り付ける。
その表で、上記 8. からの手順を行って「部署」の列の重複がない状態を作る。


手順6. で元の表と同じ行の別セル――たとえば E1をクリックして貼り付けた場合は、いったんフィルタをクリアする。
(「データ」タブ-「並べ替えとフィルター」-「クリア」)

元の表と同じ行の別セルに貼り付けると、非表示になっている行の影響を受けて、せっかくできあがった重複しない状態がきれいに表示されない。

上図の表の場合は、もとは表全体で8行あるので、6行目が非表示になって、7行の表になる。

・「担当者」の列で6行目の「上田敏」が非表示になって7行の表になった状態

>「担当者」の列で、6行目の「上田敏」が非表示なった状態

それをコピーして、E1から貼り付けると、6行目が非表示なっているので、7行の表がさらに1行分非表示になったことになり6行の表になってしまう。

Hihyoujinoeikyou_2

|

« iPhoneのマニュアル | トップページ | 「核爆発」を気軽に扱わないで。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 離れた複数の列に重複がない表を作る。:

» 「複数のセルの組み合わせの重複」を省く。 [徒然なるままだし]
この記事は自分用の覚書です。 K.Yaさん。この前の「フィルターオプションの設定 [続きを読む]

受信: 2014.08.18 13:01

« iPhoneのマニュアル | トップページ | 「核爆発」を気軽に扱わないで。 »