« レジェンド葛西ってありなのか? | トップページ | Windows8で無線LANが途切れるときに試してみること。 »

Excelで「セルの結合」は、理由があるときだけにする。

この記事は自分用の覚書です。

Excel2013 + Windows8 Pro 64ビット
パナソニック レッツノート CF-SX2AEABR

Excelで「セルの結合」をするときは、結合するべき具体的な理由があるときに限る。
セルを結合すると、Excelの使い勝手が良い機能が使えなくなっていく。

■セルを結合するとおこる主な不都合
・業や列を選択するショートカットで、特定の行や列の選択ができなくなる。
たとえば、B1とC1を結合してあるときに、B列あるいはC列だけを選択しようとして「Ctrl+スペース」を使うと、2つの列がいっしょに選択される。
あるいは、A1からC4までの範囲を使っていて、A2からA4までは結合してあると、範囲中の2行目以降でどこのセルを選んでいても、そのセルがある行だけを選択することができなくなる。
(行選択のショートカットは、日本語入力をオフにして「Shift+スペース」)

・オートフィルタが機能しなくなる。
B1とC1を結合してあるときに、オートフィルターの条件設定がうまく効かない。

■Excelは印刷用のソフトではない。
「印刷したときに表をどう見せたいか」を考えてファイル作ったときに、セルの結合をしがちになる。

印刷用のレイアウトがほしいときは、入力用のシートと印刷用のシートを分けて作ることを考える。
入力用シートから読み込み(参照)して、印刷用のシート上で求める仕上がりに "近い" レイアウトを作る。
(望みどおりにはならない場合がある。)

細かな印刷仕上がりをExcelに求めない。
そもそも、Excelは表計算ソフトであって、整った印刷物を作るために使うものではない。

Excelは表計算ソフトとしての処理や動作の速度を優先して作られていて、印刷の処理はある程度簡略化している。なので、印刷後に求める仕上がりにはならない場合がある。

|

« レジェンド葛西ってありなのか? | トップページ | Windows8で無線LANが途切れるときに試してみること。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Excelで「セルの結合」は、理由があるときだけにする。:

« レジェンド葛西ってありなのか? | トップページ | Windows8で無線LANが途切れるときに試してみること。 »