« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

相洋高校和太鼓部23代目に幸多かれ。

妻と一緒に湯河原の農林水産まつりに行ってきた。
風が強かったけど、よく晴れてそれほど寒くもなく、楽しい時間を過ごすことができた。

なかでも、もっとも楽しめたのは、相洋高校和太鼓部の演奏。
同部23代目部員たちが、息のそろった演奏を聞かせてくれた。

相洋高校和太鼓部の演奏を初めて見たのは、OBの演奏ではあったけど、2011年の小田原おでん祭りでの『鬼我』(おんが)。
それから、2012年の小田原ちょうちん夏祭り。こちらでは、彼ら以外のOB、OGの方々の演奏も聞くことができた。

それが最後で、久しぶりの相洋高校和太鼓部の演奏だ。

相洋高校和太鼓部23代目の演奏はなかなか迫力があって楽しかった。
最後に演奏した小田原ちょうちんの演奏の楽しそうな様子は、僕のつたない筆力では表現しきれないぞ。

太鼓を叩いている部員も、ちょうちんを持って踊っている部員も、掛け声をかけている部員も、みな一体になって「和太鼓」というものを表現しているような気がした。

先輩方も自慢の後輩なんだろう。

演奏している部員だけでなく、わきで控えている部員たちの様子にも目をやってみた。全員とても楽しそうな顔をしていた。誰一人つまらなさそうな部員がいなかった。

楽しいのだ。みんな、楽しいのだ。和太鼓を叩くのも、叩いてなくても一緒にその場にいることが。掛け声をかけ、手を叩き、いっしょに演奏に参加しているからか。

なんて素晴らしい奴らなんだろう。

相洋高校和太鼓部23代目に幸多かれ。いやいや、それではだめだな。

相洋高校和太鼓部にますますの発展と多幸がありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excel で、B列に入力があったら、A列に連番を自動で入れる。

この記事は自分用の覚書です。

Excelで、B列に入力があったら、A列に連番を自動的に入れるVBAのコード。

Excel2013 + Windows8 Pro 64ビット
パナソニック レッツノート CF-SX2AEABR

■前提
A1セルには「番号」、B1セルには「氏名」と入力済み。

■コードについて
Private Sub から End Sub までをコピーし、シート名を右クリックして「コードの表示」を選んで貼り付ける。
B2セル以降に新しい氏名を入力すると、その左のA列のセルに 1 から順に自動的に連番が表示されていく。

Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)
    Dim i As Long
    i = Cells(Rows.Count, "A").End(xlUp).Offset(1, 0).Row
        If Cells(i, "B") <> "" Then
            Cells(i, "A") = i - 1
        End If
'
'変数iを宣言。
'i = Cells(Rows.Count, "A").End(xlUp).Offset(1, 0).Row のコードで、
'A列の最終セル(1,048,576行目のセル)から上に向かって見て行って最初の入力済みセルの1つ下のセルの行番号を取得し、それを変数iに代入する。
'
'「(変数iの値で指定した)行のB列のセルが未入力ではない」の論理式が「真」の場合、
'同じ行のA列のセル、
'つまり、「A列の最終セル(1,048,576行目のセル)から上に向かって見て行って最初の入力済みセルの1つ下のセル」
'に、変数iから1を引いた値を代入する。
'(1行目に「番号」と「氏名」が入力されていて、実際の入力は2行目からなので、その分を引く。B2セルに氏名を入力したときにA2セルに自動的に表示される数値が 1 になる。)
'
'Offsetメソッドを使うことで、A列の入力済みのセルの次の行のセルに連番を追加していくことができる。
'新しいセルに入った連番は、B列に入力があるうちは単独で削除できない。
'
'If...Then...Elseステートメントで真偽を評価する対象の論理式が、
'Cells(i, "B") <> ""
'と、「(変数iの値で指定した)行のB列のセルが未入力ではない」になっているので、
'そのB列のセルに入力(スペースも)があるうちは、同じ行のA列のセルに入っている数値を削除できない。途中の連番は削除できる。
'
'A列のセルに入った数値を削除するためには、同じ行のB列のセルの値をまず削除する。
'あるいは、削除したいA列とB列のセルを選択して同時に削除する。
'
End Sub

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »