« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

パンダの子供を取材したければ和歌山に来なさいよ。

英王室のロイヤルベビーのニュースを見ていて、上野動物園のパンダ「シンシン」を思い出した。

待望の妊娠か? とマスコミ各社がいっせいに取り上げた上野動物園のパンダ「シンシン」。
その後、テレビでもすっかり話題にならなくなり、7月2日から展示は通常に戻っている。ただ、「体の状態やホルモン動態から総合的にみて、偽妊娠の可能性が高い」ということであって、観察は続けているらしい。

期待する人たちの気持ちに水を差すつもりはないが、ジャイアントパンダの赤ちゃんということでは、わが故郷の和歌山県を忘れてもらっては非常に困る。
といのも、和歌山県のアドベンチャーワールドで2000年に生まれたメスの「良浜(らうひん)」は、その後、2008年(平成20年)9月にふたごの赤ちゃん「梅浜(めいひん)」「永浜(えいひん)」を生んでいるのだ。この事実の意味を理解している人々はどのくらいいるだろうか。

日本で生まれたパンダの出産は国内では初めて――な・ん・で・す・よ!

シンシンの報道より5年も前にパンダの赤ちゃんが誕生しているのだ。しかも、国内初の事例で、ふたごだし。それをどれほどのマスコミが大々的に取り上げたというのか?

知らない人のほうが多いよね、きっと。

ようは地方をなめてんだよなぁ。都内のパンダに赤ちゃんができそうだというだけで大騒ぎするくせに、国内初の事例で、パンダのふたごが生まれたってことを大々的に取り上げないんだもん。

和歌山へ行け! 和歌山へ!

追記:
上野動物園が、「シンシンの今期の出産はない」との発表を8月5日付けで行いました。
だったらなおさら、和歌山へ来て取材しなさいって。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Kindle Paperwhite にちょっと驚き。

最初に断わっておくと、これはなにってわけじゃない記事。これを読んだからって Kindle Paperwhite ユーザーにも、Kindle Paperwhite を買おうかどうか迷っている人にも何がプラスになるって話じゃない。

じゃ、どんな話だというと、Kindle Paperwhite って「機内モードをオンにしてもワイヤレス接続が完全に切れるわけじゃないのね」って話。

いやぁ、今日初めて知ったよ。
機内モードをオンにしてワイヤレス接続を無効にしていたのだけど、某駅のホームで急にアップデートが始まった。

そんな操作した覚えがなかったから、ちょっと驚いてしまったぞ。

ファームウェアのアップデートだけは、ワイヤレス機能無効化の対象外なのか? あるいは、ワイヤレス機能を無効にしてあっても、ファームウェアのアップデートは機会があればすぐに始まるように、ワイヤレス機能を自動的・定期的に有効にして無線アクセスポイントを一定時間探してから、再び無効にするとかいう仕様になっているのか? どんな仕組みになってるんだ?

ファーウェアは無事にアップデートされて、Kindle 5.3.6 になった。

それにしても、ファーウェアのアップデートってどういうタイミングで行われるんだろ?
実は、もっと前にファーウェアが5.3.6になったことは知っていたけれど、ワイヤレス接続をオンにしても、設定の「Kindle のアップデートを行う」がグレーアウトして選択できない状態がずっとだったし。そのうち気が向いたらやろうって思って放ってあった。

そしたら、今日突然始まった。しかも、機内モードをオンにしてワイヤレス接続が無効にしてあるのに。

Kindle Paperwhite のサポートページを見ると、「ソフトウェアの更新はWi-Fi経由でお手持ちのKindle Paperwhiteに自動配信されます。」と確かに書いてある。
でも、バッテリーをちょっとでも長持ちさせたいと思って、自宅では機内モードをオンにしてあるから、自動配信されるのは今まで見たことがなかった。
それに、「Kindle のアップデートを行う」は、ワイヤレス接続を有効にしても、いつ見てもグレーアウトしてて選べなかったし。これまでのアップデートは、データをPCにダウンロードして自分でやってたんだよなぁ。

Kindle Paperwhiteソフトウェアアップデートって、いったいどういうきっかけで自動配信になるんだろ? 不思議だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ダイオウイカ The Movie』

深海にすむダイオウイカの撮影に 世界で初めてNHKが成功したニュースは大々的に報じられた。

10年に及んだその調査が実を結ぶまでを映画として公開するのだとか。

なんか――ちょっと、はしゃいじゃいました感が漂うけど、まぁいい。世界初だしな。10年だしな。ちょっとぐらいはしゃいだっていいじゃないか。
プロスポーツだって数か月の戦いを経て優勝が決まれば、ビールをかけまくって大騒ぎするんだ。10年の調査と取材の果てに生きたダイオウイカを撮影できたんだから、国営テレビ局だって大ぴっらにはしゃぎたくもなるさ。

映画のタイトルはひょっとして、『ダイオウイカ The Movie はるかなる探索』ってな感じだろうか?

主演は妻夫木聡と竹内結子とかで、多分、終盤でダイオウイカが「ぼくはここにいるよ」とか「早く見つけて」とかなんかと言うだんよなぁきっと……って、違った。

まじめな科学ドキュメントなんだってね。
「劇場版 NHK スペシャル 世界初撮影!深海の超巨大イカ」は、8月17日から公開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北島康介の婚約者って……

「ダレノガレ明美」さんをテレビで見て――

「この人、北島康介と婚約した人だよね」
「そうなの? この人だっけ?」
「違うの? あんな名前だったよ」
「へぇ、北島の婚約者ってこの人なんだ。それで最近よくテレビに出てるのかぁ」
「知らないけど、違うの?」
「いや。僕もよく知らないんだ。ほんとに、この人?」

iphoneで検索……

「あっ、違った」
「やっぱりねぇ。なんて人だった?」
「でも似てるよ。 "ガルネク千紗" だって。 "girl next door" ってバンドのボーカルなんだって」
「……」


妻よ。
そんな君が大好きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカの Bang ! と逮捕と、日本のドカ~ン!と逮捕

ここ何日か、NHK BSプレミアムで、『手塚治虫×石ノ森章太郎 TV作品 初回・最終回大集合!』という番組をやっている。面白そうなのでときどき録画して見る。
この前は、ここで『ビッグX』という漫画について書いたけど、今回見たのは手塚治虫の『リボンの騎士』という漫画。

最後は悪役が潰れてきた城の下敷きになって、ハッピーエンド。
こういう終わり方なのねと見ながら、ふと感じたことがある。それは、アメリカの漫画の終わり方との違い。

昔、スーパーマンの漫画を見たことがある。そこでは、悪いやつがスーパーマンに捕まって刑務所に連れていかれるという終わり方だった。もちろん、脱獄するんだけどまた刑務所に逆戻りになる。

子どもが見る古い漫画で主人公は悪い奴の命を奪わないのがアメリカだ。殴ったりして懲らしめることはあっても。事故で悪いやつが命を落とすって終わり方もしない。
アメリカの子供漫画の場合、悪い奴は正義の味方に捕まって、刑務所行きなのだ。(最近は違うだろうけど)

で、日本ではというと、こちらも最近は違うだろうけど、昔の子供漫画では悪い奴はたいてい最後に命を落とす。改心する奴もいるけど、それでも亡くなったりする。
たいていは、正義の味方が放つ「なんとか光線」とか「なんとかパンチ」だとか「なんとかキック」、「なんとかアタック」や「なんとかソード」なんて技を受けてドカ~ンって爆発するのがパターンだ。

つまり、悪い奴は正義の味方に命を奪われて終わるのが日本だ。あるいは、もう勝てないと知って自爆するというパターンもあるけど。
そこまでの過程はどうであれ、最後は「爆死」というのが、日本の子供が見る古い漫画(実写もそのパターンが多い気がするけど)のお決まりじゃないかなぁ。
もちろん、「爆発」へもっていくまでには子供たちのなかで、「よーし、やったぁ。どうだまいったかぁ」って感じでカタルシスというか、盛り上げる感情移入が起こるように作ってあるのだけれども。

これが、大人が見るようなドラマや映画だと事情が変わってくるんだよなぁ。

アメリカのドラマや映画(ようは実写)では、最後は銃で Bang ! ってやっちゃうパターンがよくある。犯罪者と銃撃戦になってとかでね。
映画なんかでも、悪い奴は主人公にやっつけられるというパターンが多い。「地獄へ行きやがれ!」なんてセリフとともに主人公はなにかしらのやり方で悪い奴の命を奪うのがアメリカのありがちなパターンじゃないかなぁ。
公権力ではなく、一般市民がそれをやっちゃうパターンだってある。もっともそういう描き方をするときには、日本の子供漫画と同じで、見ているほうが主人公の復讐心や怒りに感情移入できるように作ってある。

でっ。日本のドラマや映画では悪い奴は基本的に逮捕だ。自爆というパターンもあまりない。一般市民が悪い奴の命を奪ってハッピーエンドなんてパターンもまぁ無い。

子供が見る漫画で、日本では悪い奴は正義の味方に命を奪われ、アメリカでは逮捕される。
大人が見るものでは、日本では逮捕され、アメリカでは命を奪われる。

単純に分けることはできないけど、こういうパターンが多いような気がする。この違いはどこからくるんだろう?

銃の所有と使用が認められる場合がある国と、そうではない国の違いからくるのか?
でも、古い子供漫画で悪い奴を逮捕して命を奪わないって表現をしてるってことは、どこかで多くの人が「互いに銃で打つって起きないほうがいいよね。こんなの知らないまま大人になってほしいよなぁ」って昔からずっと思ってたからじゃないのかなぁ。

(日本のことはわざと横においてみました的表現にしてみました。だって、アメリカと日本を対比して視点の偏りなく同等に扱って書ける技術がないんだもの。でも書きたかったんだもの。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ビッグX』の最終回。イリーナの書類が凄い。

NHK BSプレミアムで、『手塚治虫×石ノ森章太郎 TV作品 初回・最終回大集合!』という番組をやっていた。面白そうなので録画してみた。
7月9日に放送されたのが『ビッグX』という漫画。

その最終回なんだけど。イリーナ・エンゲルという科学者が誘拐されて、彼女の研究資料が画面にアップになるシーンがあった。

イリーナという名前だから当然外国人だ。どこの国という設定になっているかは知らないけれど。なもんで作った人たちは「外国語の書類」にしたかったんだろうなぁ。無意味なものも、意味があるものも交えて、全部ローマ字で表記してあった。
ちなみに、イリーナが火山のエネルギーを活用する技術を開発したという設定で、火山エネルギーとその活用についてふれた書類ということになっている。

そこに書いてあるデタラメ外国語が凄かった。

まぁ、ここで書いて公序良俗に反しないものは、ookikute bijindayo とか。(スペルはうろ覚え)
これは「大きくて美人だよ」ということかな。なんのこっちゃ?
ほかにも、たぶん今の時代だったらローマ字だとしてもテレビで映してはいけないだろう、なことも書いてあったりして。
(「古いテレビ番組を振り返る」という企画だから、NHK もそのままにしたんだろうなぁ)

書ける範囲で説明すると、字を書いた人の知人だと思われる女性の名前と、その女性の性欲がとても強いという意味のことを書いてあったり。

子供番組なのに。

調べてみたら、ビッグXの最終回が放送されたのは1965年。48年前だ。
家庭で録画なんて考えもなかった時代では、映るのは一瞬なんだから何だっていいってことがいっぱいあったんだろうなぁ。

I ya maa, jidai to sikaii youga nai to iuyatu da.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「電話・メール機」をください。

僕は「電話・メール機」でいいんです。「電話・メール機」をください。「スマホ」でなくていいんです。

電話が使えて、インターネットでのメールのやり取りができたらそれでいいんです。
軽くて丈夫で充電が長持ちすればいいっていうのはそんなにイケナイことですか。贅沢は言いません。僕はカメラもいらないんです。

「外でwebを見たり、何かを調べたりしたいときってない?」……ありますよ。そりゃありますって。

でも、そんなことが頻繁に必須になる生活を僕はしてないんです。
それに、そのときにwebを見られなかったり、調べられなかったり、添付ファイルを開けられなかったりすることが、とんでもない・取り返しのつかない・どうにもならない・にっちもさっちもいかない・やりようのない・信じられない・フォローのしようがない・土下座して謝っても許してもらえない・命を差し出しても勘弁してもらえない・生涯かけても償いきれない・超ウルトラハイパーアルティメット悪夢的破壊的最終的壊滅的終末的最悪最低極大重大障害になることって、僕はないです。

今までもなかったですし。これからもないと思います。

ゲームはしません。パソコンと連動させて何かの記録を取ったり管理したいことも僕はもってないです。いつでも、どこでも何かのデータを見られる、聞ける、さわれるって便利だとは思いますけど、僕にはしなければならないことではありません。

だから、毎晩お星さまにお願いするんです。
「僕から電話・メール機を取り上げないでください。電話・メール機をワープロのようにしないでください。ほしいと思ってももうスマホしかないってことがありませんように」って。

僕は「電話・メール機」がほしいんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都に水族館ってあったのね。

その名もまんま『京都水族館』。

京都に水族館があったなんて知らなかったよ。2012年3月にオープンしたのだとか。まだまだ新しいじゃないか。
いわゆる、イルカショーもあったりしてなかなか楽しい水族館だと。
(知人が行ってきての感想)

京都水族館では水槽の水に人工海水を使っている。公式サイトにある説明によると、人工海水を使うことによって、タンクローリーで港から海水を運ぶよりも輸送にかかるエネルギーを削減することができるのだとか。

「海がない」と勘違いされる京都。水族館がなかったというのも、海をイメージしづらい一つの理由だったかもしれない。そこに水族館ができたことで、もう「海がない」とは言わせない?

「京都には海がない」なんて言ってる人たち! 日本の首都となった平安京から千二百年ちょっと。いいかげん、「海がある」ことを覚えてあげてね。
(海に面していないのは「京都市」。「京都府」には海があるからね)

・京都水族館公式サイト
http://www.kyoto-aquarium.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »