« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

negroni (ネグローニ)の靴、最高!

Clarks の privo ってシリーズの靴を愛用していたのだけど、そこがすり減ってきていて、たまたま雨の日だったせいで靴の中にしみてきた。これには驚き。雨の日じゃなかったら気づかないでもっと履いていたかも。
履き心地がよくて上品な感じもあって好きだったのだけど、日本では privo のシリーズが無くなってしまった。

で、新しい靴を買いにでかけた。そして出会ったのが negroni (ネグローニ) のレザースニーカー。

いやぁ、これはすごいよ。なんともいえない心地よい履き心地だ。足を包むあの素敵な感触は履いてみないとわからんぞ。試す機会に出会った方はぜひ試してみてほしい。

落ち着いたデザインは、もともとカジュアルが許されている職場ならビジネスシーンでも何の問題もないと僕は思う。うちの会社では特別にスーツが求められないかぎりは年中カジュアルだし。Clarks の privo で何も問題なかったからねぇ。 negroni のレザースニーカーもまったく大丈夫なのだ。

実は日本のメーカー。創業45年の東京の靴メーカー「株式会社マルミツ」というところが、2000年だかに始めた自社ブランドだとか。そもそもは、OEM靴を作っていたらしいけど、社長さんが「ドライビングでも街歩きでも最適な靴を」と考えてブランドを起こしたのだそうな。

プロドライバーやモータージャーナリストの世界では、 negroni の靴はとても高い注目を浴びていたらしい。ドライビングシューズとしても評価が高いのだ。生まれはドライビングシューズなんだけど、普段のタウンユースでも最高の靴だぞ。

並のスニーカーと違うところをもう一つ。negroni の靴はソールのリペアに対応してくれるのだ。底がすり減ってきたからといって捨てて新しいのを買わなくてもいいのだ。気に入った履き心地の靴をこれまでよりさらに長く履ける ―― それが negroni のよさの一つ。

negroni の社長さん、従業員のみなさん。いい靴を作ってくれてありがとう。

オフィシャルサイトは、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excel で読みで並び替えがうまくできない場合に確認すること。

この記事は自分用の覚書です。

Excel で漢字の読みで並び替えしたときにうまくできない場合に、次のように操作するとセル内の文字の「フリガナ」を確認することができる。

1. 確認したいセルをクリックする。

2. Shift + Alt + ↑を押す。

3. 文字の上に「フリガナ」が表示される。
カーソルを動かしてフリガナを修正できる。


名前の読みで並び替えしたときにうまくできない場合、上記のやり方で「フリガナ」を確認すると期待通りの「フリガナ」になっていない。
Excel では、入力して確定したときをその文字の読みとして記録する。たとえば、「十和田(とわだ)」を「十(じゅう)」と「和田(わだ)」に分けて入力すると、「フリガナ」は「ジュウワダ」になる。「トワダ」のつもりで並び替えると「ジュウワダ」としての並びになる。


別のソフトやファイルで入力してあった文字をコピー貼り付けした場合、上記の操作で期待通りのフリガナが表示される場合と、そうでない場合がある。
Word 2010 で「ごううち」と入力して「郷内」を確定したあと、それを Excel 2010 にコピー貼り付けして上記の操作をすると、「ゴウナイ」と表示される。

フリガナの文字列を取り出す PHONETIC 関数を使ってみて、フリガナが表示されなければ Excel には読みが認識されていない。上記の操作をしてやると、表示されたフリガナが PHONETIC 関数を入れたセルに入る。


Windows8 Pro + Excel 2010 + IME 2012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元 Versailles が Jupiter として始動

Versailles ――知っている人は知っているハードかついろんな意味で美しいロックバンド。

正直いうと、特別にファンではないけれど彼らの音は僕は好きだ。
いい感じに歪んだギターがすばやいフレーズを繰り出してくるのが心地いいんだぞ。

活動を停止したというのは知っていたけど、元のメンバーがほとんどそのままで新しいバンドを始めたというのは知らなかった。
ボーカル以外は元のメンバーのままだとか。元のボーカルはソロでやっていくらしい。

Versailles のときは、ボーカルがちょっと弱いなぁという印象だったけど、今度のボーカルはどうなんだろ? ライブで聞いてみないとわからんけど。

さっき公式サイトを見たら、まだ音源は完全な形では公開されていなかった。でも、バンドのプロモーションビデオは公開されていて、ちらっと聞ける曲はやっぱりギターの音数が多くて僕好みだよ。

いいなぁ。こういう見た目もそろってて音もかっこいいってバンドは好きだわ。

やたらガオガオと吠えないし。
グロウル ( growl ) っていうんだっけ? デス声とか、デスヴォイスとかも言うらしいけど。僕はあれが嫌いだ。理由はない。生理的なもんだ。
とにかく誰のどんな曲であれ、ガオゲギャゴバグギュベボギョーってあれが始まると汚らしくて下品で頭がわるそうな感じがしてげんなりしてしまう。
Jupiter には間違ってもあれをやってほしくないぞ。しないと思うけど。美しくないし。

この夏にはデビュー曲が聞けるらしい。楽しみだ。

【Jupiter Official site】 http://jupiter.jp.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『あまちゃん』の有村架純だってすごいだろ。

朝の連続ドラマ『あまちゃん』でヒロインの『天野アキ』役を務めている『能年玲奈』(のうねんれな)。
ドラマの評判だけでなく、彼女自身の俳優としての評判もずいぶんと上がっているらしい。

だとするなら、それと同じ、あるいは今よりもっと評価されてしかるべき俳優がいると僕は思う。
それが、アキの母親『天野春子』の少女時代を演じている『有村架純』(ありむらかすみ)。

時々はさまれる春子の少女時代の話を見ていると、なかなかいい演技をしているように僕には思えるのだけど。
春子の少女時代があるから引き立つストーリーだってあったじゃないか。

それを見せたのは『有村架純』だ。
正直いって特別に彼女のファンではない。ただ、いい演技をしている俳優だからもっと評価され、話題にあがってほしいと思うしだい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

VBA でセルをコピーする。

この記事は自分用の覚書です。

以下は、Excel 2010 で作成。

Sub 書式も含めたコピーと貼り付け()
   Range("A1").Copy Range("C2")
'
'Copy メソッドはセル全体をコピーする。
'セル内のデータだけでなく、セルに設定されている書式も含めたセル全体をコピーする。
End Sub


Sub 値貼り付け()
  Range("C3").value = Range("A1").value
'
'セルのデータだけコピーする場合。いわゆる、値貼り付け。
'Range("C3") = Range("A1") というように Value プロパティを省略して書くこともできる。
'セルA1をセルC3へコピーしている。
'VBA での = は、「右辺を左辺へ代入する」という意味で使うことが多い。
'If...Then...Else ステートメントの If...Then の間で使うときは「等号」として扱われる。
End Sub


Sub セル範囲の値貼り付け()
  Range("C6:D6").Value = Range("A5:B5").Value
'
'セル範囲の値だけをコピーするときは、Value プロパティを省略しないで記述する。
'複数セルの値を操作するとき、Value プロパティは省略できない。
'コピー元と貼り付け先は、同じ大きさのセル範囲でなければならない。
End Sub


Sub クリップボードへコピー()
  Range("A1").Copy
'
'Copy メソッドの後ろに貼り付け先となるセルの指定がないときは、
'Rangeプロパティで選択したセルをクリップボードへコピーする。
End Sub

| | コメント (1) | トラックバック (0)

人を殺すゲームです。すっきりします。

いきなり衝撃的なタイトルを書いてしまった。ひょっとしたら、このタイトルだけでココログにおける表現の制限とかなんとかに引っかかってしまうかもしれない。

でも、中身は反社会的でも公序良俗に反するものでもなんでもないと僕は思っているので書き進める。

もし、この記事の削除を @nifty から求められればそれには応じる。記事の内容を定期的に監視している人たちがたぶんいるだろうから、問題があるなら指摘していただきたい。あるいは、この記事を読んで不快になった人が、そういう記事があると @nifty に連絡してくれてもいい。
とにかく、削除の要請があれば消します。

では、なんの話かというと、小学生がそう答えたという話。
質問をしたのは僕ではない。この話は、人物Aからそういう小学生がいたという話を聞いたBが「Aがこんな話をしていた」というのを僕が聞いたものだ。僕には衝撃的な話だったので、ここでふれることにしたしだい。

その小学生と話したAは、最近の子供はゲームが好きだから、「ゲームとかやるんでしょ? どんなゲームをやってるの?」と気軽に尋ねたようだ。
そしたら、その小学生が言ったのが――

「人を殺すゲームです。すっきりします。」

だという話。

僕は驚くよ。いいのか?

ゲームが子供に悪影響を与えるとかそういう説を述べたいわけではない。
命を奪ったり、だまして陥れたりするゲームは、それはそれで在ること自体は大きな問題ではない僕は思っている。
まぁ、「命を奪うゲーム」を小学生が楽しそうにやっている光景は、気持ちのいいものだとは思わないけど、だからといってゲームの存在を否定するつもりはない。

だって、僕だって似たようなものだから。

ここでなんどかふれてるけど、僕は小学生のころから推理小説が好きで、中学生のころには「連続猟奇殺人」だとか「正体不明の殺人鬼」だとかが出てきて、殺人の動機やトリックがあばかれ、犯人があばかれるものが大好きで読んでいた。
だからといって、僕は殺人衝動に駆られる大人にはなっていない。

ゲームをしているから、アニメを見ているから、漫画を読んでいるからなどなどと、その子がどういう大人になっていくのかと深い因果関係はないと僕は思っている。

「漫画なんて読んだら馬鹿になるからだめ」と言われていた時代もあるのだ。今もそんなことをいう人がいるかもしれないけれど……ギターなんて持ってるだけで「不良」と言われた時代もあったという。そういうのと一緒で因果関係がまったく不明瞭だ。

人間が育っていくこと――人格の形成や大人になっていく過程――が、良くも悪くも「○○したら□□になる」といった原因と結果が直結する単純なものであるはずがない。子供が大人になっていくってもっと複雑なことだろう。

この話を聞いたとき気になったのは2つの点だ。1つは、周りにいる大人がそれぞれいろんな反応を見せているかどうか。

想像するに、小学生の親もそのゲームが好きでいっしょにやっているんじゃないか。
具体的になんというゲームか知らないけれど、たとえば傭兵がでてきて、それを操りながら銃や爆弾で敵を打ち倒し、なんらかの任務を達成するとかいったゲームってありがちでしょ? たぶん、そういうゲームなんだと思うのだけど。

その小学生の周囲に「そういうゲームはよくない」という人と、気にしない人がいてほしいと僕は思う。

いろんな価値観や考え方があって、あるものを嫌う人がいて、好きな人もいて、そういうなかで自分はこれが好きだと思ってやっている――というところを子供なりに自覚しておいてほしいから。

ゲームはゲームとして楽しみ、命が暴力や武器によって奪われるとはどういうことなのか、痛みや苦しみ、悲しみに思いをはせることができ、無慈悲に奪われる命について漠然とでいいから自分の考えをもっておいてほしい。それがあってのうえなら、命を奪うゲームを子供がやってもいいと僕は思っている。

2つ目は、その小学生が置かれている状況が気になった。ゲームがどうこうよりも、僕はこちらのほうが心配だ。
「人を殺すゲーム」をすることで「すっきりする」と答える小学生は、いったいどんな状況にいるんだろう? 彼を「すっきりさせない要因」はどんなものだろう?

手元にある広辞苑(第四版だからかなり古いけど)で「すっきり」を調べると、「余計なものや不明なものがなく、気持ちよくさっぱりしているさま」とあった。
その要因は、彼を「余計なものや不明なものがなく、気持ちよくさっぱりしているさま」にはさせない。そして彼は、「人を殺すゲーム」によって「余計なものや不明なものがなく、気持ちよくさっぱりしているさま」になる。

小学生がそういう状況にいるってことが、ちょっとやばいんじゃないか?
誤解がないように重ねていうけど、この記事はゲームは子供にとってよくないというんじゃないよ。小学生が置かれている状況が、彼が生きていくうえで好ましくない状況なんじゃないかと心配になるという話なんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アイアンマン3』(観るのが楽しみになるかもなネタバレ)

「観たくなるネタバレ」ではないよ。「観るのが楽しみになるかもなネタバレ」だからね。

何が違うかというと、もう観ると決めている人に向けてということ。
だから、ここから後を読んで「ぜんぜん観たくならないぞ」って文句を言わないように。
「観るのが楽しみにならなかった」というのも聞かない。だって、「なるかも」って書いてあるでしょ?


・観終わって思うのは、「さらば――アイアンマン。」というコピーが光るなぁってこと。いい終わり方だった。僕はジーンときたよ。

・僕としてはお気に入りは、 "スラッタリー" だな。演技力ってのはこういうのを言うんだって凄さを見せられた気がする。

・適役のアイツが言ってた「シェイクスピアが得意」っていうのは本当のこと。役者の名前で調べてみればわかるぞ。ここは多分笑うところ。いわゆる楽屋落ちってやつか。

・スタッフロールが始まったからいって席を立たないこと。それと、スタッフロールが終わったら館内の明かりが着くまでスクリーンから目をそらさないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »