« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

Office2010 の「サンプルテンプレート」保存場所 ( Windows8 )

この記事は自分用の覚書です。

■ Windows8 に Office2010 をインストールしたときの「サンプルテンプレート」の保存場所

C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Templates\1041

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱海ビーチラインの料金が値上がりしてた。

伊豆、伊東方面へのドライブで使っている人も多いであろう熱海ビーチライン。
久しぶりに通ったら値上げしてた。

熱海ビーチライン(正式名称:熱海海岸自動車道)は、湯河原~熱海まで伸びる全長6.1kmの道路。
株式会社グランビスタ ホテル&リゾートが運営している。

以前は250円だった普通車が290円になってた。往復割引があったけど、それもなくなってたし。
二輪は150円が200円に。

「通行台数減少のための収支悪化」が値上げの理由だそうな。2012年の12月7日に国土交通省が料金変更を認可している。

値上げの実施は2013年2月15日からだったらしい。

熱海ビーチラインの開通は1985年だとか。ひょっとして、もう回収できているんじゃないのか? だとしたら、値上げは変じゃないか? いやいや、それはそれとして、回収は終わっていたとしても日々のメンテナンスに費用がかかるから、通行量が減れば値上げするしかないということか?

大人の事情がいろいろあるのだろうけどねぇ。
もう使わない。6キロほどで片道290円は高いよ。夏場なんて渋滞しちゃうのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版『牙狼外伝 桃幻の笛』公開決定

なんか知らない間に凄いことになってる。

劇場版「牙狼外伝 桃幻の笛」だって。2013年7月ロードショーが決定だ。
劇場版「牙狼外伝 桃幻の笛」
特報ムービーが見られるよ。

劇場版『牙狼〈GARO〉~蒼哭ノ魔竜~』(ガロ そうこくのまりゅう)が2月に公開されて間もないのに。雨宮監督の身体は大丈夫なのか?
(直に監督するんじゃんなくて製作総指揮ってことらしい。だからって楽な仕事じゃないよな)

ファンとしてはわくわくだけど。
肝心の内容は、邪美と烈花が主人公のスピンオフだぞ。いやぁ、楽しみだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sigil で Epub を作るときの覚書

この記事は自分用の覚書です。

チーム各位
わかったことを、いったんまとめておきます。といっても、間違えているところもまだあるはずです。書いてあるまま信じ込まないように。


■主な環境
・ Windows8 Pro 64ビット
・ EPUB エディター Sigil (バージョン0.71)を日本語表示で使用
・ Kindleプレビューツールv2.8
・ Kindle Paperwhite (ファームウェア5.3.4)


■参考情報
・ Kindleパブリッシング・ガイドライン(2012年5月版)と日本語サポート補足資料(2012-05-18)
Amazon のサイトでダウンロード可

・日本語Epubブックサンプル - 横浜工文社のサイト


■縦書き、横書き共通
1. html タグに xml:lang="ja" を追記する。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja">

Sigil を起動すると、ブックブラウザーの Text のなかに、 Section0001.xhtml というファイルができている。
それをコードビューで表示して xml:lang="ja" を追記する。

2. ブックブラウザーでの追加
・ Styles にスタイルシートを追加
Styles の上で右クリックし、「空のスタイルシートを追加」を選択

スタイルシートの1行目に
@charset "utf-8";
を記入。

・ HTML の head タグの間に CSS へのリンクを追加
***.css の部分はスタイルシートのファイル名に合わせる。

<head>
<link href="../Styles/stylesheet.css" rel="stylesheet" 
type="text/css" />
</head>

このブログの幅でコードを表示するために改行しています。

2-1. 表紙や本文で使う画像を追加
Images の上で右クリックし、「既存のファイルを追加」を選択

2-2. Images で、表紙にする画像の指定
画像のファイルの上で右クリックし、「セマンティックスを追加」-「表紙の画像」を選択

3. メタデータの記入
・メニューの「ツール」から「メタデータエディター」を選択。
メタデータに記入した「タイトル」、「著者」が KindlePaperwhite のホーム画面で「リスト表示」のときに書籍名と著者名として表示される。

4. 書籍を書き終えたら、章ごとに分割
Sigili を起動した直後にできている Section0001.xhtml に書いていった場合。

・ h1、h2 などの見出し、Pタグでの段落などの指定が間違えてないかを確認。

・書きあがったら、 Section0001.xhtml を章ごとに分割する。
分割したい見出しの行頭にカーソルを移動させて、メニューの「編集」-「カーソル位置で分割」を選択。
分割したほうが KindlePaperwhite で開いたときの動きが軽いような気がします。気のせいかも……

分割しなくても書籍として読めますが、分割しておくと、章の終わりと頭がわかりやすくなります。
分割しておくと、 KindlePaperwhite で章の頭は必ず次画面になりますから。

章ごとに分割してから、目次(論理TOC)と書籍の目次を作ります。

5. 目次(論理TOC)の生成
論理TOCを作っていない Sigil には toc.ncx はあるが中身がまだない。目次(論理TOC)を生成すると toc.ncx に目次(論理TOC)が書き込まれる。
メニューの「ツール」から「目次」-「目次を生成」を選択。
目次(論理TOC)はデバイスが利用する。紙の本にあるいわゆる目次のページとは別のもの。

6. 書籍の目次ページを作成
書籍の目次ページを作る。紙の本にあるいわゆる目次のページ。
論理TOCを先に作っておく。論理TOCを作ってから目次ページを作ると、見出しへのリンクを伴った目次ページが作られる。
メニューの「ツール」-「目次」-「HTMLn目次を作成」を選択。
ブックブラウザの Text のなかに TOC.xhtml というファイルができる。

論理TOCと、この目次の違いがよくわかりせん。KindlePaperwhite でどのように扱われるのかとかも。目次に関してはさらに調査とテストが必要です。
ここで作る目次のページは、「移動」メニューから表示されるようです。
ちまたにある Epub のサンプルなどを見ていると、ここで作る目次のページが「移動」で表示されるようですが、自分で作ったファイルを KindlePaperwhite で見てみると階層の表示がうまくいきません。

KindlePaperwhite では、移動メニューは2階層まで表示させたり、畳んだりできるようです。
たとえば、

第1章
 第1章の1

と表示したり、畳んで

第1章

としたり。それがうまくいきません。

7. タイトルページを作る。
電子書籍のタイトル用のページを作る。

・ブックブラウザーの Text の上で右クリックし、「空のHTMLを追加」を選択。

・ Section0002.xhtml などの新しいファイルができる。ファイルを選択して、右クリックの「名前を変更」を選択。

・Title.xhtml など適当なファイル名に変更して、ブックブラウザーなかでドラッグして、目次ページよりも上に移動。

Text のなかで上から順番に並んでいる通りに、KindlePaperwhite で表示されるので、タイトルページを一番上にドラッグする。
・Text の中身の例
Title.xhtml (書籍の題名)
TOC.xhtml (書籍の目次)
Section0001.xhtml (第1章)
Section0002.xhtml (第2章)
Section0003.xhtml (第3章)


■縦書きの場合
1. スタイルシートへの記入
1-1. 縦書きの指定
次のコードは、横浜工文社のサイトにある sample-tate.epub から抜粋し、 line-height: を追加しました。
僕の知識ではこれらの記述が全部必要なのか、そうでないのかわからないので、そのまま流用させてもらいました。
line-height: で、ルビ用に行間を開けています。表示をプレビューツールで見て、%のいい感じのところを探しました。

body {
line-height: 175%;
writing-mode: vertical-rl;
-epub-writing-mode: vertical-rl;
-webkit-writing-mode: vertical-rl;
line-break: normal;
-epub-line-break: normal;
-webkit-line-break: normal;
}

1-2. 縦中横(たてちゅうよこ)の指定
横浜工文社のサイトにある sample-tate.epub から抜粋。

span.tny {
writing-mode: horizontal-tb;
-epub-writing-mode: horizontal-tb;
-webkit-writing-mode: horizontal-tb;
}

1-2-1. 縦中横について
HTMLでは、縦中横を次のように指定します。
例:

全<span class="tny">24</span>冊からなるシリーズです。

上記 1-1. にある CSS で縦書きにすると、横書きのときに全角の英数字は、 span class="tny" で囲っていなくても縦中横の表示になる。半角の英数字については囲まないと縦中横にならない。

・ 「Amazon Kindle パブリッシングガイド (Appendix) 日本語サポート 2012-05-18」から引用

縦中横は、CSS プロパティ "-webkit-text-combine: horizontal;" あるいは "-webkit-writing-mode:
horizontal-tb;" で表現する。
現状では、"-webkit-text-combine: horizontal;" を使った場合、縦中横を指定した文字列が 1.9em (
目安として3桁の半角数字)を超えた場合には縦中横にはならない。
原則としては、 "-webkit-text-combine: horizontal;" を使うが、4桁以上等の場合は、 "-webkit-writing-mode: h orizontal-tb;" を使ってもよい。

.tcy {
-webkit-text-combine: horizontal;
}


(Kindle パブリッシングガイドからの引用はここまで)

たとえば、
(100)
は、5桁の文字列なので、 -webkit-text-combine: horizontal; では縦中横にならない。

2. content.opf への記入
・ブック全体のページの進行方向の指定
content.opf の spine 要素の page-progression-direction 属性として "rtl" (右から左の指定)を意味する

page-progression-direction="rtl"

を記入。

例:

<spine page-progression-direction="rtl" toc="ncx">
    <itemref idref="Title.xhtml" />
    <itemref idref="Section0001.xhtml" />
    <itemref idref="Section0002.xhtml" />
    <itemref idref="Section0003.xhtml" />
    <itemref idref="navdoc" />
  </spine>

Sigil で新規作成した直後には、1行目は

<spine toc="ncx">

という記述になっているので挿入します。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

アジアンランチ「九段南3丁目店」がオープン!

知っている人は知っている日本初のアジア料理専門お弁当屋さん『アジアンランチ』。
路地に止めた自動車のなかで販売するスタイルは、アジアンランチに限らずいまでは珍しくなくなりました。

その九段南3丁目店がオープン!
以前も近くにあって重宝していたのだけど、無くなってしまって残念だったのだ。それがこのたび、めでたくオープンですよ。
(月~金で平日のみ。11時半から14時)

さっそく買いに行ってきました。いやぁ、やっぱり好きだわ。美味しいよ。
路地裏屋台だからって見くびっちゃだめよ。

ところがこの店舗、正味の路上ではなくてビルの1階部分にちょっと入って自動車を止めているので、角にセブンイレブン(九段南大妻通り店)がある通りのあたりからは全く見えない。大人の事情で「のぼり」を出せないのだそう。

それは厳しい。

新しくできたらしいってことで行ってみたら、自動車らしいものは路上に何も見えなくて、間違えたかと思ってあきらめかけていたのだ。
僕以外にもそういう人がこれからけっこう出てくるんじゃないか? ほんとに正面までいかないとわからないから。

所在地は、千代田区九段南3-2-4

だ。

一階にクリーニング店があるビルで、そのクリーニング店のすぐ隣なんだけど、道路からちょっと入っているので、クリーニング店の正面まで行ってやっとアジアンランチは視界に入ってくる。
数メートル手前からでもクリーニング店しかみえないから本当にわからなかったよ。

大人の事情で「のぼり」が出せないのは辛いなぁ。生き残れるかなぁ。頑張ってほしいぞ。
なので、ここで書くことにした。何人が僕のブログを見ているかは知らないけれど、行ける人はぜひあきらめずにアジアンランチ九段南3丁目店までたどり着いてほしい。

Googleの地図で所在地を入れると、そのクリーニング店の店先をストリートビューで見ることができる。
お店に向かって左隣がビルの1階を反対側へ抜けられる感じで作られていて、そこにアジアンランチの屋台は駐車している。

路地裏屋台じゃなくて、ビル下屋台だ。

Asianlunch

それにしても、さっきWebサイトを見てみたら、店舗情報に九段南3丁目店の情報が載っていないじゃないか。
もうちょっと販売スタッフに気を使ってあげたらどうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »