« エースコックの『ワンタンメン』をリクエストした。 | トップページ | STEAM CREAM がいい。 »

笑えなくなるネタってあるんだよなぁ。

キング・オブ・コント2012の優勝は『バイきんぐ』というコンビ。いやぁ、面白かった。ほんと面白かった。
この優勝が彼らの状況に良い効果を与えてほしいなぁ。だって、下積み16年だって。16年は長いよう。
ようやく当たった光って感じだなぁ。これからうんと羽ばたいてほしいぞ。

そんなこんなで見ていたキング・オブコント――僕自身がこういうネタは好きじゃないなぁと感じるネタがいくつか出てきて、自分が苦手なネタに気づいてしまった。

下品・暴力・現実にあると辛い話で、かつ現実にあってもおかしくない設定というところかな。

下品なネタっていうのは、いわゆる下ネタというやつかな。排泄物や性行為についてもろにしゃべったり、思わせたりするネタ。あれは僕は苦手だ。笑えない。僕の感じ方がそうだって話だから、他の人は気にならない人がたくさんいるだろうけどね。
まぁ、ここは僕のブログだから、僕は好きじゃないって話ということでご理解いただきたい。

暴力を使うネタも好きじゃないなぁ。殴ったり、蹴ったりというのはお笑いのネタのなかに普通にあるもんだから、それはそれでいいと僕も思う。
でも、しゃべっているなかで「ほんとにそんなこと言って他人を殴ったり蹴ったりする人がいそうだなぁ」と感じるネタは僕はダメだ。
実際にそういう場面を想像してしまって笑えなくなってしまう。

暴力と関連して、イジメを感じさせるネタもダメだなぁ。
あることをうまくできない人がそれをきつく叱られ、なじられ、必死に謝りながらなんどもやり直しをさせられるパターンとか。
本当にそういう目に遭ってる人を視たらどんな気分になるか。あるいは、叱られている人が自分だったらとこれも想像してしまって僕は笑えなくなってしまうんだよなぁ。

なんだろ? 神経質すぎるのかなぁ。

「現実にあると辛い話で、かつ現実にあってもおかしくない設定」というのは、暴力ともかぶってくる話だけど、相手のことを汚い言葉で罵ったり、厳しい経済状況に陥ったりなど本当にその当事者だととても辛い状況の設定でネタが進むもの。

キング・オブ・コント2012のなかでも、会社員に向かって子供が「仕事もしないで、このクズ!」というように罵るネタがあったけど、ああいうのは僕はダメだ。
ほんとうに子供にそんなふうに言われている大人を見てしまったら、あるいは自分がそう言われたらといったことを想像してしまうから。

子供がバットを持って大人を殴るネタもあったしで。ああいうのも僕は笑えないなぁ。自分がいじめていた子供からバットで殴られる大人ってほんとうにあってもおかしくない事件だし、そういう場面を想像してしまうから。

銀行強盗がでてくるネタを披露したコンビで、強盗が銀行員から「臭い」と言われて戸惑うっていうネタもあった。ああいうのも僕はダメだ。銀行強盗が言われているということで多少救いはあるけど、でも他人から「臭い」と言われる辛さを想像してしまって笑えなくなってしまった。

他人を「臭い」といって嫌がるのはイジメの定番だからかな。

皮がむけたり骨が折れたりする描写を生々しくやってみせたネタもあったけど、ああいうのも僕は苦手。ほんとうにそんな痛みを感じるのをイメージしてしまうから。

そこんとこいくと、バイきんぐのネタは、「奥さんが近所に住む男性と浮気して出て行ってしまったちょうどその日。一人残された男のもとに10年以上前に家出した我が子が帰ってきたが我が子は性転換手術をしていた。しかも、数百万円の借金も……」というもので、設定だけみたら、現実にあれば父親にとってはすぐには受け入れられない衝撃的な話だろうけど、現実にはそうそう起こらないであろう同時発生なのでネタとして安心して笑えた。

本当にあったら……という気分になりにくい。そのあたりが笑いを生む巧さの一つなのかもって思ってしまったあれこれだったなぁ。

|

« エースコックの『ワンタンメン』をリクエストした。 | トップページ | STEAM CREAM がいい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑えなくなるネタってあるんだよなぁ。:

« エースコックの『ワンタンメン』をリクエストした。 | トップページ | STEAM CREAM がいい。 »