« 「スーザン・ボーカー」って誰だ。 | トップページ | 「番組内容」はちゃんと書いてよ。 »

間違えたんだよぅ。ごめんよぅ。

仕事先に移動する途中で、女性専用車両に乗ってしまった。
気づくまで一駅を移動してしまった。

車両間にある扉付近で座っていて、ふと顔を上げたら隣の車両から見知らぬおじさんが僕のことをもの凄い目をして睨んでいた。
(車両間の扉ってガラス窓が付いてるでしょ? そこを通してあきらかに僕は睨まれていた。視線があってしまったし)

ちょっとの間、睨まれる意味がわからなかった。「あの人なんだろ? 気味が悪いなぁ」ぐらいに思っていたのだ。
でも、そう思うのと同時ぐらいに車内放送があって、僕が乗っていた車両が女性専用車両だとわかった。

あれ? そうなの? と思って周りを見回してみたら、確かに男性は1人もいない。
車両も空いていて、僕が座っていた扉付近の座席には、僕以外誰もいない。

あちゃぁぁ――である。

悪気はないんだよぅ。
暑かったんだよぅ。
ぼぉっとしてたんだよぅ。
車内放送があってからすぐに隣の車両に移動したし。
ごめんよぅ。

電車のなかで男性に嫌な想いや、怖い想いをさせられたことがある女性なら、女性専用車両に乗っている男性を睨みつけたくなるのもわかるよなぁ。

だけどさぁ、ついうっかり気がつかないで乗ってしまってたってこともあるわけよ。
だから、女性専用車両に男性が乗っているからって睨みつけるのは、やめた方がいいと僕は思うのだ。

基本的に、他人を睨みつけるって失礼でしょ?

なぜ、女性専用車両にその男性がいるのかって背景がわからないんだから、「そこにいる」ってだけで睨むのはちょっと違うかなぁという気がするのだけども。
たとえば、体調が悪くて、わりと空いている女性専用車両でちょっと座らせてもらおうって緊急避難的な行動かもしれないし――

とかなんとかいろいろ書いたけどさぁ。女性が睨んでくるならまだ理解できるけど、なんの理由があっておっちゃんに睨まれないといけないんだ?

|

« 「スーザン・ボーカー」って誰だ。 | トップページ | 「番組内容」はちゃんと書いてよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間違えたんだよぅ。ごめんよぅ。:

« 「スーザン・ボーカー」って誰だ。 | トップページ | 「番組内容」はちゃんと書いてよ。 »