« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年、初ツバメを見て

昨日、本年初のツバメを目撃。
寒い日が続いたけど春は必ず来るもんだな。

うちのブログを読み返してみると、昨年は4月1日にツバメを初めて見た話を書いてあった。
震災の大きな衝撃が日本中からまだ薄れていなかったその頃、ツバメの飛来にひっかけて「生きているものは日々を続けるしかない」ことを書いた。

震災から1年ちょっと過ぎて、あの記事を書いた想いは大きく変わっていない。"大きく"と書いたのはあのときと少し違った想いが増しているから。

というのは、テレビで被災地の現状を取りあげるときに、「いい話」っぽくまとめるのが僕は気になっている。
まだまだ苦しいなかでもこんなに頑張っている……とかいった展開のものがやたらと多い。

それがダメだと言いたいんじゃない。それがテレビの中で多すぎると僕は感じている。
「いい話」っぽく見えると、テレビを見ている方としては、復興は遅いけど着々と進んでいるという印象が生まれる気がするから。そして、そういう印象が残ると、少しずつでも復興が進んでいてよかった――と感じて、被災地に向ける意識が薄れていくのではないかと感じるから。

そうした意識の薄れは、被災地への支援や震災直後にもった問題意識をも減らしていくような気がする。
テレビが取り上げるときは、「復興はほとんど進んでいない」ことにより焦点をあてるべきだと僕は思う。
なんか感涙を誘う「いい話」にまとめることに、番組を作っている人たちがより力を注いでいる気がして仕方がない。

「いい話」を見たり聞いたりすれば、「(復興が進んでいて)よかったねぇ」という想いがわいて、それが問題意識を停滞させる場合があるように僕には感じられる。そうなると、ボランティアに行ったり、義援金を送ったりといった被災地への支援が減ってくることにつながっていくというのが僕の見方。
僕自身、最近被災地のための寄付をあまりしなくなった。被災地への募金箱を置いている風景も、周囲であまり見なくなっている。
寄付なんて自分がやればいいだけの話なんで頻度が減ったのは全部テレビのせいだとは言えない。けど、テレビが「いい話」っぽく取り上げることで支援が減っていく影響はけっこう大きくあるんじゃないかと僕は感じている。

あるいは、計画停電が行われたころの節電――いまではどうだ? 僕の周りでは以前はあれほど消していた看板や広告塔が震災前と変わらないぐらいに明るく光っている。

のど元過ぎれば――というものか。

たしかにちょっと暗いかなという気もしたけど、そんなにどこもかしこも明るくしなくてもやっていけるなぁと、僕はあのころ思った。
使う電気が減らなければ提供する電気も減らすわけにいかない。提供が求められれば発電する仕組みも欠かせない。で、原発は止められませんという話にももっていきやすい。

原発そのものが悪いものではない。ただ、震災のときのように大きな事故があると、原発は突然怖いものになることを僕たちは知ったはずなのに――明るさを計画停電のころのようにしておくつもりはどこの企業も組織も無かったようだ。せいぜいがLEDに変えたくらいかも。

電気はお金のように、使うと貯めていたものが減っていくものではない。だから意識のなかでは使いやすいものなんだろうと思う。
使えば支払いが増えるので、「支出の節約」という意味で使用量を減らそうとすることはあっても、そもそも使わないでおこうとする意識は起こりにくいのが電気というものなのかもしれない。

でも、多少暗くても、多少不便でもそもそも使わないようにしていかないと、供給しなければならないので電気を作り続けなければならない。
何かあったときに怖いものになる原発を無くしていきたいなら、電気を使う量をそもそも減らすための多少の不便さも僕らは受け入れなければならないんだと思う。

原発を無くしていくことがこの国の未来にどれほどよい影響を与えるのか、あるいは悪い影響を与えるのかわからない。
原発が無くなれば補助金を受けている自治体だって困るだろうし、原発があることで仕事を得ている人たちも困る。そうはわかっていても、ただ単にいまの想いは? と訊かれれば、「無くしたい」と僕は答える。

マイケル・サンデルではないけれど、原発の将来についていろんな場面でいろんな人たちが熟議することが大切なんだろうと僕は思う。原発を存続するにしても無くすにしても、議論を尽くしたと国民の多くが感じることが重要で、その議論の過程を経てこの国の未来が生まれてくるのだと思う。
単に「続けますか? 止めますか? どちらを採りますか」という話ではないだろう。

ツバメを見ていろんなことを考えてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 光(KOU)

湯河原で最近開店したらしいラーメン店『麺屋 光』。

湯河原駅の改札を出たらひたすら直進。
タクシー乗り場を右に見ながら進み、信号を渡ったところにある階段を下りてさらにまっすぐ。
パチンコ店がある交差点を過ぎてちょっと行った左側にお店があります。
(お店の場所は、以前は「きかく」という名の天ぷらのお店だったそう)

駅から歩いて10分弱というところ。
先の階段を下りたあたりに有料パーキングがあります。お店の駐車場は店舗のすぐ隣に3台。自動車で行ってみて満車だったらそのパーキングに入れて歩くのもありかな。

「光」と書いて KOU と読む。暖簾にそう書いてあるから間違いない。
その暖簾には店名と並んで「天然素材 無化学調味料」の文字も。
なんか期待が高まる。

ラーメンの種類は醤油(並と大盛)のみでした。
お店に入るとすぐ左にある券売機で食券を買います。
(2人でお店を切り盛りしているようなので、フロアでの注文伺いまでは難しいだろうなぁ。)

スープはあっさりしていて女性が食べやすい味だと思います。
口に含むとふわっと香るのは柚? かな。爽やかな印象が感じられるスープです。
もちろん旨味も広がります。

麺は細麺のストレート。素麺とまではいかなくても、イメージさせるような細さでした。
ツルツルしててスープともに僕は好きです。

注文したのはラーメン並(650円)と『寿雀卵半熟味玉』のトッピング(1個100円)。

寿雀卵(じゅじゃくらん)というは神奈川県の伊勢原市にある三橋農場(鶏園)の卵。ちょっと調べてみたら、伊勢原には直売場もあって、卵を買う行列ができるとか。
この卵もコクがあって美味しかったです。炙ったチャーシューが1枚乗ります。
チャーシューはラーメンに乗せる前に炙ってくれます。なので、炙った香ばしい香りがラーメンを食べるときに届いてくるのも嬉しい。

『相模豚チャーシュー』(200円)というトッピングもあります。いわゆる「チャーシュー麺」にしたければ、こちらを。

カウンター席が10席ほど。座敷もあります。四人座れる卓が2つ(3つかも)あったかと。
できて間もないこともあるでしょうが店内は綺麗で、落ち着いた雰囲気。
ラーメンを作ってくれる店員さんの笑顔も気持ちがよいです。

スープが無くなりしだい閉店だとか。たいていは18時から19時に無くなるそうです。
夜遅くや呑んだ後にラーメン……というのは無理。

湯河原の新しく美味しいラーメン店『麺屋 光(KOU)』。
ゴールデンウィークも近いし、場所は湯河原だし、ラーメン好きの人は温泉旅行も兼ねて行ってみるのもよいかも。
ついでに、同じ湯河原には、ラーメン好きならもうご存じの方が多いと思われる『らぁ麺屋 飯田商店』もある。こちらのラーメンもなかなか美味しい。

いま、湯河原のラーメンが熱い!?


麺屋 光(KOU)
・神奈川県足柄下郡湯河原町土肥4-11-13
・電話:0465-62-0708
・時間:11:00-スープが無くなるまで。
・定休:水曜日
(Webページは今のところないみたい)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『Another』(アニメ)って……ネタバレ無しって言っていい……かな?

『Another』(原作:綾辻行人)のアニメ版を見終えた。(地上デジタルではとっくに最終回してるけど)

……ほんとにホラーだったのね。

いやぁ騙されちゃった――じゃなくて、この場合は僕のはなはだしい勘違い。

原作が綾辻行人だっていうから、犯罪ミステリーだと思いこんでた。
(でもあの人は、たしかにホラー作品も書いている。なんで思いこんでしまったんだろう)

原作を先に読んでしまうと面白くないかもと思って我慢してたのが仇になった。
僕は、「謎の連続殺人事件」だと思って観てた。

真犯人は誰? 驚愕の動機とトリック! って感じで――そしたら、最後の最後までホラーだった。
「えっ? そうなの? ホラーだったんだ……」って想いで終わってったし。いやはやなんとも言いようがない気持ちだ。

それでも面白かったんだよ。けなすつもりは全然無い。
ただ、ちゃんと(ちゃんとって変だけど)犯人がいて、巧妙なトリックと思わぬ動機が最後に暴かれる謎解きがあるって思ってたんだよなぁ。

閉鎖空間での連続殺人とか、学園内で連続する事件――ってパターンはよくあるし。でも、閉鎖空間ではなかったし。なんで気がつかなかったかなぁ。

警察組織が出てこなかったけど、徹底した学生たち目線でストーリーを展開させてるって思いこんでしまってた。
現場検証が描かれてなかったのは、人が亡くなってんだから一通りの基本手順は必ず行われているという暗黙の了解で進めているのだと。

なんであの状況を閉鎖空間だと思いこんじゃったかなぁ。電話もかかるし、自動車でも何でも乗って自由に外へ行けたのに。

「嵐の孤島もの」や「雪の山荘もの」の変形パターンだと勘違いしてたよ。
なんの原因があってそんな勘違いするんだ!? バカまるだしだぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »