« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

今年は G.G.Organics

仕事でお世話になっている女性の皆さんに感謝を込めて、ここ数年はバレンタインデーのチョコレートをプレゼントしています。
昨年は、UAE (アラブ首長国連邦) のドバイからやってきた Al Nassma (アル・ナスマ)のチョコレートを選びました。
(世界で初めてラクダのミルクを使ったチョコレートです)

で、今年は、G.G.Organics のチョコレートをば――日本初上陸だそうな。
オーガニック&フェアトレードのコーヒービーンズをチョコレートでコーティングしたもの。

試食させてもらうと、コーヒー豆の苦みとコーティングしたチョコの甘みがいいバランスで混じり合う。いっぱつで気に入ってしまって、これに決定。
味にはミルクとビターがあって、僕はミルクの方が好きだと思ったのでそちらを購入。

自分が気に入ったものをあげたいからね。

・G.G.Organics のサイトは、こちら

さて、そんな僕に妻がくれたのが 5th avenue chocolatiere (フィフスアヴェニューチョコラティア)のチョコ。
シャンパン入りの生チョコです。木箱に上品に6個入り。アルコールは飛ばしてあるので、酔わずに楽しめます。
口のなかから鼻の奥にかけてフルーティーなシャンパンの香りが広がる。

強烈というわけでも、そっとというわけでもなく、なんとも言えない広がり方をする素敵な香り――試食でいただいた時のその印象のすばらしいことといったら――これもその場で即決。妻と2人で「これがいいねぇ!」と。
1つひとつじっくりと味わっていただきました。

愛する人。ありがとう。
これからもずっと仲良くいよう。

本店はニューヨークにあるそうな。
・5th avenue chocolatiere のサイトは、こちら

日本では、松屋銀座の地下食品売り場に常設店舗があったらしい。
らしいというのは、よそ様のブログを見ていると、どうも日本から撤退してしまったみたいです。

サイトにある Asian Stores の記載を見ると、日本にも店舗があるように書いているのですが。
Asian website へのリンクが載っていますが、さっき開こうとしたら何も表示されません。

意味不明のディレクトリが見えるだけ。

どうやら、5th avenue chocolatiere の日本撤退は真実かも。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

君は「ウルトラゾーン 第6話」で泣けるか。

「ウルトラマン」シリーズに登場した怪獣や宇宙人が主役のバラエティ番組――それが「ウルトラゾーン
これがなかなか面白くて、録画して見ています。

「ウルトラマン」シリーズでは極悪な宇宙人や凶暴な怪獣だったのに、それが当たり前のようにマッサージ店にお客としてやってきたり、街中でお巡りさんに職質されたり……でもって普通の人間のようにやりとりしてて、会話のところどころで、「ええ。ウルトラマンさんところでお世話になってるんですけどね」とか「○○○(配下の怪獣の名前)がどっか行っちゃったみたいで……探してるんッすよ」なんて宇宙人や怪獣ならではの台詞がこぼれる。

そんなウルトラゾーンのDVDとBru-rayが発売されます。
今月はまず第5話までを納めた「ウルトラゾーン(1)」が22日に。

でも僕のお薦めは第6話!
Amazonによると、第6話は「ウルトラゾーン(2)」に収録。2012年3月28日に発売予定。

これはいい話だよぉ。僕は涙ぐんでしまった。

ほとんどの回が、数本のコントで構成されているウルトラゾーンですが、第6話だけは時間枠をめいっぱい使った真面目なドラマ。
夫に先立たれたミツ子と、初代ウルトラマンに登場した「凶悪宇宙人 ザラブ星人」が、ある日出会って物語は始まる……

でもって、タイトルがいかしてる――「The Love」
珠玉の作品だよ。昨年2011年の隠れたナンバーワンSF作品だと言いたい。
特撮がどうとかではなくて、ほんとによくできたSF作品だ。

ウルトラゾーンの第6話は、多くの人の心を打ったようで、
ウルトラゾーン The Love
なんて組み合わせで探すと、結構な数の「泣いた」「感動した」といった感想が見つかる。

もし貴方に、生涯の伴侶にと思ってはいるけど、なんかいまひとつ言葉にならない迷いが残る彼氏や彼女がいるなら、この第6話「The Love」を一緒に見てみよう。
それで、話の内容にけちをつけたり、しらけるようなことを言うような人なら、一緒になるのは考え直した方がいい。

でも、涙を浮かべたり、「じーんとくる」とかの感想をもつ人なら、何があっても絶対に離れてはいけない!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »