« わかる人にだけわかる話 | トップページ | 災害への備えは水や食べ物だけじゃない。 »

ビールテイスト飲料で正真正銘のほろ酔い "気分"

お酒は強くありません。缶ビールなら350mlをよく飲んで二缶。

とはいっても、「今日は飲みたい!」という日はあって、そういうときにはビールテイスト飲料が重宝します。最近出ているアルコール分が本当にゼロの商品でも、僕にとって飲むと頭がフワッとした気持ちになる種類があるから。

メーカーさんの名誉のために断言しておくと、それは間違いなく僕の勘違いだ。あくまで、僕にとっては――だ。

まぁ、いわばプラシーボだな。
でも、これぞ本当のほろ酔い "気分" だ。「ちょっと酔っちゃった "みたい"」って、まさしく "どうもそんなような気がする" ってことであって "そう" ではないという話。

ノンアルコー飲料でほろ酔い "気分"――安上がりで、身体にも負担が少ないでしょ?

なもんだから、アルコールゼロのビールテイスト飲料でも、飲んだら僕は運転はしないし、運転するなら飲まない。
だって、自分のなかでは、フワッとした "気分" なのは本当だからね。危ないし。

ビールテイスト飲料は、みんなで自動車で出かけたときに、運転者もお酒を飲んだ気分が味わえるように考えられたと聞いたことがあります。
メーカーさん。思惑と違った使い方をしてごめんなさい。

|

« わかる人にだけわかる話 | トップページ | 災害への備えは水や食べ物だけじゃない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビールテイスト飲料で正真正銘のほろ酔い "気分":

« わかる人にだけわかる話 | トップページ | 災害への備えは水や食べ物だけじゃない。 »