« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

「ちぢれ麺だからスープが絡む」は勘違い。

録画してあった『アインシュタインの眼』(NHK)を週末に楽しむ。

自分が知らない発見があって面白かった。
それは、「まっすぐな細麺と太ちぢれ麺では、スープがより絡むのはまっすぐな細麺」という話。

これまで自分が思っていたのとは逆の結果。

取材協力をしていたラーメン店は湯島にある「大喜」というお店。
お店定番の醤油ラーメンに、まっすぐな細麺と太ちぢれ麺を入れる。通常は醤油ラーメンにはまっすぐな細麺が入るのを、番組のために特別に太ちぢれ麺でも作ってもらったのだとか。
食べる様子をハイスピードカメラで撮影して口元をアップにすると、まっすぐな細麺の方が明らかに絡まって運ばれるスープの量が多い。

番組ではおよそ一口分、50グラムの麺をスープから持ち上げて重さも量っていた。それを三回。

その結果は次のよう
1回目の麺に絡まったスープの重さは、まっすぐな細麺で19グラム、太ちぢれ麺では15グラム。2回目は前者が15グラムで後者が11グラム。3回目では17グラムと12グラム。
同じ50グラムの麺で、いずれの回も、まっすぐな細麺の方がよりスープが絡んでいる。

その違いを生んだのが、それだからこそよりスープが絡みそうに見える "ちぢれ"――麺の曲がり。

太ちぢれ麺は曲がっているので、麺同士が密着しない。麺を持ち上げるとスープが流れ落ちやすい。
まっすぐな細麺は曲がりがないので密着して束になる。その状態で、個々の麺の隙間でスープが幕を張る。張られた幕は、ちぢれ麺ほども簡単には垂れ落ちない。つまり "絡まる"。そのため、まっすぐな細麺はよりたくさんのスープを持ち上げることになる。

いやぁ面白い実験結果だったなぁ。僕は、ちぢれ麺だからよりスープが絡まるってずっと思ってた。

でも、太ちぢれ麺にはスープが絡まないというわけではない。
とろみのあるスープなら太ちぢれ麺でもスープは落ちずに絡む。「大喜」のご主人は複数のお店を経営していて、別のお店では太ちぢれ麺には少しとろみのあるスープを合わせていた。

「ちぢれ麺はよくスープに絡まる」のではなく、「ちぢれ麺でもよく絡むスープがある」というわけなのね。

勉強になりました。

望まれてもないのに、「ちぢれ麺だからスープが絡むんだよねぇ」なんてラーメンうんちくを語っちゃう人は、これからはご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『NEWDAYS』のおにぎりに不満

JR駅のコンビニ『NEWDAYS』のおにぎり「和風ツナマヨ」が美味。
でも、包みが僕にはとても開けにくい。

「下に引く」と書いてあるタブを引くと、たいてい途中でちぎれて、包みを綺麗に開けられない。残った部分をあらためて摘み上げて破ることになる。それがまた破きにくかったりする。

正直言うと、あの開けにくさは僕だけじゃないような気がするのだけど……もうちょっと開けやすい作りにして欲しいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google で消火器を探すと……

Google で消火器を探す。 消火器 と入力しただけなら何もおかしいことはない。

けど、 消火器 東京 のようにどこでもいいから都道府県や市町村名を一緒に入力してみて欲しい。

病院が見つかる――それは、消化器やがな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ken Hensley 健在なり!

Ken Hensley (ケン・ヘンズレー)――何からどう語っても、知る人ぞ知ると言うしかない人だろう。
Uraiah Heep (ユーライア・ヒープ) でキーボドをやってた人だよ。よい子のみんなはヒープも知らないよね?

正直、僕も「ヒープのキーボードだった」としか知らない。脱退してからもソロアルバムを出してたけど、全然聞いてないしで。
でも、この人の雰囲気はヒープの頃から好きなんだよなぁ。どことなくインテリジェンスというか、気品というかが漂ってて――

ロックミュージシャンというと、パーティー! ウーマン! アルコール! ってイメージをもっている人が多いだろうけど、この人は違うぞ。

でだ。最近偶然耳にした "I Did It All" という曲にしびれてしまった。
2007年に発表されたアルバム "Blood On The Highway" のなかの1曲。

いやぁ、いいメロディーだなぁ。いぶし銀だ。
まだやってたんだよ。まだ現役なんだよ。歌っているのはケン・ヘンズレー自身なんだってさ。

70年代からヒープで活躍して、脱退したのは80年ごろだったかな。40年活動していて、まだこういうみずみずしい感性の曲を作れちゃうってのがプロだよなぁ。

多くの人にぜひ聞いて欲しい。

彼のオフィシャルサイトはこちら
残念ながら、視聴はできない。

ついでに、Uraiah Heep の オフィシャルサイトはこちら
My Speace はこれ
彼らもいまでもなかなかかっこいい音を出してるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

使い手のことを本気で考えたノートPCスタンドをちょうだい。

ノートパソコンで仕事をしています。
画面をみるときの姿勢が悪いので少しでも改善になればと、パソコンを置く台(ノートパソコンスタンドって言うのかな?)を探しました。
身体のことを考えての投資だから予算は5千円くらい。僕としてはかなり張り切った予算。いいディナーが食べられる金額だ。

ちょっと探せばすぐ見つかる。けど、自分の使い方に適したものが見つからない。

ある仕事では音声ファイルを聞きながら話の内容を入力します。
僕が使っているパソコンでは、パソコンの前面の縁というか、キーボードの手前の方というかに音声の出力端子があります。

良さそうだなと感じたどんなスタンドも調べてみると、 角度をつけたスタンドの上でコンピュータを支える部分が "そこ" を隠してしまうんです。

事務所では音を出せないためヘッドホンをつないで聞きます。なので、端子が隠れてしまうのは都合が悪い。
音声ファイルを聞きながらの入力作業は長時間になります。だからこそ楽な姿勢が保てるパソコンスタンドが欲しいのに……

音声出力端子が "あの位置" にあるパソコンって珍しくないと思うのだけど。
たとえば、パソコンを支える部分を左右に動かせるようにしておくのはできないのかなぁ? そしたら、必要な端子やボタンやらが「支え」で隠れてしまうときには、ちょっとずらせばいい。
スタンドを作っている人たちはそういうことをもっと本気で考えて欲しいよ。

僕が使っているPCの電源スイッチの横幅は1.5cmぐらいで、音声出力端子の左側には同じぐらいのスペースがあります。つまり、今のPCの場合は端子を避けて数ミリ左に動かせる「支え」であれば問題が解決する。

少しぐらい「支え」を左右に動かしても、スタンドに置いたパソコンのバランスが大きく乱れることはないだろうし。

『「支え」がスイッチや端子を隠さないようにできるノートパソコンスタンド』――本気で考えて欲しいよ。
12.1インチ(B5サイズ)のPCがうまく載せられるものも少ないし。
たいした売上げにはならない物だから、あんまり開発に力をかけられないっていうのもあるんだろうけどさ。


そうか! ノートPC自体を「支え」から少し横にずらして置ける構造のスタンドを探せばいいのか! チャンチャン……なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windowsのタスクを使って定期的にメッセージを表示する。

この記事は自分用の覚え書きです。

PCを使っている間、定期的に特定のファイルを開く。
WindowsXPのタスクを利用する。(Windows XP Pro SP3)

例:
1日のうち、朝10時から午後6時まで、60分ごとに目を休める旨を知らせるファイルを開く。それを月曜から金曜まで毎週続ける。

1.目を休める指示を書いたファイルをメモ帳で作って任意の場所へ保存

2.コントロールパネルのタスクを開く。

3.「スケジュールされたタスクの追加」をダブルクリックして「次へ」をクリック
プログラムの一覧が表示されるまでしばらく待つ。

4.「参照」ボタンで、あらかじめ作ったファイルを選択して「開く」をクリック

5.任意のタスクの名前を入力する。
標準では選択したファイル名が入っている。

6.「このタスクの実行:」で「週単位」を選択して「次へ」をクリック

7.「開始時刻」「間隔」「曜日」を設定する。
朝10時から始めるなら10時にする。
「間隔:」は、「1」週間に1回
「曜日」は、月から金までをチェックして「次へ」をクリック

8.PCへのユーザー名とログインパスワードを入力して「次へ」をクリック
ユーザー名の欄は、PC-syanaiLAN\**** のように、パソコン名とユーザー名が円マークでつながってすでに入力されている。ユーザー名がそのままでよいならパスワードだけを入力する。

9.「[完了]をクリックしたときに詳細プロパティを開く」にチェックして、「完了」をクリック。

10.タスクのプロパティが開くので「スケジュール」タブをクリックし、「詳細設定」をクリック。
タスクのプロパティを閉じてしまったら、コントロールパネルのタスクを開いて、該当するタスク名を右クリックしてプロパティを選ぶ。

11.「開始日」を決める。

12.「タスクを繰り返し実行」をチェック。
「間隔」で何分ごとに繰り返すかを設定し、「継続期間」で何時間繰り返すかを設定する。
60分ごとに8時間繰り返すなら、「間隔」を60にし、「継続期間」を8にする。

13.「OK」をクリックしてタスクを保存する。
これで、一定時間ごとに指定したファイルが開かれる。
※開かれたファイルは自分で閉じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実在する。歩きながら化粧をする女性

先日、仕事で都内へ出向いた際のこと。

僕が新幹線から山手線へ移動中。何線だったかのホームからエスカレーターで上がってきた女性が、僕の右から視界に入ってきた。

その女性は右手にコンパクトミラー、左手には小さなブラシを持って、エスカレーターで昇ってきながら瞳のお化粧をしていた。

電車のなかで化粧をする女性は見たことはあるけど、エスカレーターに乗りながら化粧をしている人は初めて見ました。
たぶん、彼女はホームを歩いているときも化粧をしていたんだろうな。だって、エスカレーターから降りた彼女はそのまま僕と同じ方向へ歩き出して、その間もミラーをのぞきながら瞳の周りでブラシを動かしているんだもの。

「おぉ、化粧しながら歩くか――」と心の中で驚く僕。

電車のなかで化粧をする女性を迷惑に感じたことは僕はないし、彼女を迷惑に感じたわけでもない。ただ、その彼女は不特定多数の他人が行き交う場所で化粧をするのに抵抗がないんだと驚いた。
(妻だって、化粧をする姿を僕には見ないで欲しがるし。)

電車内ではちょっと混んでたりすると、たとえば、車両の端の方にいる人から真ん中あたりに座っている人が何をしているかなんて見えない。
そういうのもあって "限られた空間っぽさ" というか、周囲が他人でも "そんなにたくさんからは見られてないから、まぁいいよね" 感というかをもちやすいだろうから、そこで化粧をする人がいるのはなんとなく理解できる。

でも、朝の通勤時間帯に別のホームへ渡る通路を移動しながらだと、いろんな人の視界に入るだろうから、恥ずかしさという点では車両内より上なんじゃないのか?

彼女にとってはそうじゃないってことなんだろうけどさ。そこは、"そう" であって欲しいわけさ。男心としては。いやまぁ、僕の男心がどうかなんて彼女には全く関係ないってことはわかってるよ。でもさぁ、歩きながらしなくても……

だんだんと人混みが増えてきて、そのまま歩くのは危ないと判断したのか、彼女は化粧を中断。でも、右手のミラーと左手のブラシは持ったまま。

僕の前を山手線のホームに降りていく彼女。

彼女から目が離せなくて見ていたら、着いた電車に人が乗り込んだ分で人混みが少し減ったホームを、彼女は瞳の化粧を再開しながら歩いていきました。

いやぁ、世の中にはいろんな人がいるもんだ。化粧しながら進む人を初めて見たよ。場所は朝の山手線ホームだ。
電車のなかで化粧をする女性がいるから、歩きながら化粧をする女性がいても不思議はないといえばそうだけどねぇ……

彼女の化粧はどこで完成したのかなぁ。そこまで見届けられなかったことがちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本航空と全日空の「1番」を巡る競争の真相はどうなんだろう?

今朝の(11月1日)の朝日新聞で判断に迷う記事が――

羽田空港から32年ぶりの国際定期便。その「第1便」を競ったのが、日本航空と全日本空輸。お客さんをいかに速く誘導して、いかに定刻通りに飛ぶかという競争。

「32年ぶりの機会に "1番" に飛び立った」という事実を残すことができれば、それは歴史的出来事として、今後新聞やテレビで取り上げられる場合が多いだろうから広告としての効果が絶大ということらしい。

先に1番を取りに動いたのは全日空。
全日空も日本航空も定刻は10月31日午前0時5分。それを全日空は5分繰り上げ、その連絡を10月26日からお客さんに始めたのだとか。

一方、日本航空は、出発時間前だがお客さんがそろい次第出発する旨の連絡を、10月30日午後11時20分に始める。
なるべく迷わずに声をかけられるように、お客さんには皆、チェックイン時に目印となる色つきカードを渡して首から提げるようにお願いしてあったのだとか。

結果は――10月31日午前0時4分に日本航空が離陸して「1番」を射止めた。全日空の離陸は0時7分だったとか。

記事を読んでの最初の印象は、「一番になりたいから、早く集まってくれなんて――サービス業としてはちょっと変じゃないか?」でした。

でも、「どうせ遅れる」って考えて、余裕を持って定刻前に来ない人っているから、早く集まるように従業員さんたちが声かけしてくれるというのも、ありと言えばありなような気もしてくる。だって、定刻の1分前に離陸できたんだもの。

と言っておいて、お客さんが蚊帳の外って感じもするしで……1番の離陸を実現したいのは航空会社の都合であって、お客さんには1番でも2番でも関係ないから。

もし定刻を堂々と無視するならそれは乗る側として違うと僕は思う。定刻通り出発できればみんな嬉しいから、定刻より少し早めにゲートに来るように僕は心がけています。
でも、定刻より40分ほど前から急がなければならない理由も、急がされなければならない理由も乗る側にはないんだよなぁ――

はたまた、朝日新聞の記事の書き方もちょっとどうなのよ? という印象がするしで――最後の社員さんの言葉なんか、わざと悪っぽく書いているような感じがするんだよなぁ。
でも、真相はわかんない。

いつまで残っているかわからないけど――朝日新聞のサイトにある当該記事
あるいは、朝日新聞がお近くにある方はそれを見てみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »