« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

輸入食品かスキンケア用品か? 世間知らずな私

迷惑メールフィルターに「エロアバター登録しました」ってメールが入ってました。

まぁ迷惑メールなのでそれはそれでよかったのですが。

でも僕は、ぱっと見たときにおアホな勘違いをしまして……
何を思ったのか――今でもそのとき勘違いした理由が自分でわからないのですが――「シアバター」みたいなものの売り込みメールだって思ったんです。

「エロア・バター」って名の食品とかボディークリームか何かだと――

エロア・バター……ちょっとありそうでしょ? そう思いません? アロエみたいだし。アロエバターって本当にあるしで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「男は黙って赤い色」か?

2010年8月18日付の『天声人語』によると、「赤を身につけた男性は、女性からはより魅力的に見える」との説が、米ロチェスター大学 (University of Rochester) などの研究チームによって発表されたそうな。

ソースはおそらく、ロチェスター大学のサイトにある記事。
Women Attracted to Men in Red, Research Shows (2010-08-02)

う~ん。次のような内容なのかな? 英語がそんなに得意じゃないから間違ってるかも。
()のなかは僕の注釈。


■「女性は赤い服を着た男性に引きつけられる」という実験結果
288人の女子学生と25人の男子学生に対して7つの実験を行った。
( undergraduates と書いてるから18,19歳~21,22歳の大学生?)

そのうちの1つの実験では、男性の写真に赤あるいは白のフレームが付いたものを見せ、写真の男性について「どれくらい魅力的だと思いますか。」などの質問に答えてもらった。
また、写真の男性が着ているシャツにデジタル処理で、赤や他の色を付けた場合についても実験が行われた。
(上記のリンク先では実験に使ったと思われる写真をダウンロードできる)

被験者たちには、写真の男性について、彼の status (社会的地位かな?)や魅力、彼とデートやキスをするか、その他の性的行為をする意志があるかなどについて段階づけてもらった。また、一般的な好ましさ、優しさなどについても評価をしてもらった。

赤い色の効果は、男性の status (社会的地位)と romance に限定された。
(romance は、なんて訳せばよいのかなぁ……「ロマンチックな関係を想起させるかどうか」という感じかな。)
赤は、その男性をより力強く魅力的で、性的に望ましく見せた。
しかし、彼がもっと好感が持てるかや、親切で優しいかや、社交的には見せなかった。

実験結果は文化に違いがあっても一貫していた。アメリカ、英国、ドイツおよび中国の全ての大学生が、赤い色を身につけたその男性か、あるいは写真に赤いフレームがついたその男性をより魅力的であると見なした。

赤の効果は女性に対してのみ発揮されることが確認できた。男性の被験者たちの間では、写真の男性の魅力について色による評価の違いは生じなかった。
なお、女性は自分の反応を自覚していない。
以上


アンドリュー・エリオット ( Andrew Elliot ) ロチェスター大学心理学教授の指摘が面白いなぁ。
ステータスにおいてより高く、よりお金を生み出し、社会的な階級をより上がっていきそうな "もの" として、女性は赤い色を捉えているかもしれないそうな。

赤という色は、「金持ち」とか「強い権力」の社会的かつ伝統的な象徴なのだとか。
「古代ローマで強い権力をもった市民は "赤をまとう人" と呼ばれていた」だとか、「今日でさへ、ビジネスマンは信頼や自信を示すために赤いネクタイを着用し、著名人や地位の高い人たちは "レッドカーペット" でもてなされる」という指摘は、なるほどねぇという感じ。

成長の過程で、赤い色とセレブリティを同時に目にしていると、心のどこかで2つが結びついて捉えられていくということかな。

「動物においても、マンドリルやヒヒは、赤色が支配力をもった雄の証しで、そういう雄は、雌に対して保護と食料や待遇などいろんなものを提供してくれる」という指摘も面白い。

教授曰く、「女性が "赤" を見る場合、それは、生物学的に生得している何かを引き起こすのではないか」と。
赤い色を選んでおけば、社会的により高い立場を得られやすいとか、より強い雄の血筋を宿しやすいとか、すでに女性の遺伝子に書かれてあるのか? 遺伝子、恐るべ。

でもまぁ、男性が親切で優しいかどうかについては、赤色の効果は見られなかったということだから。
どんなに地位や収入、権威があっても、やっぱり親切で優しくない人は、最終的には相手にされないということになるのかな。

男性諸君は赤色の効果に頼るのはほどほどに。
女性の皆さんは、赤を身につけた男性に接するときは、最初は心的距離を意識して取った方がよいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スペース・トラッキン』はブルーノートで歌って欲しい。

ちょっと前に録画したディープ・パープル(Deep Purple)のライブを見た。BSジャパンだったかな? で放映されてた。
第40回モントルー・ジャズフェスティバル (the 40th Montreux Jazz festival) に出演したときのもの。

イアン・ペイスは凄いなぁ。ずっと現役だ。

バスとスネアの安定感がほんとに凄い。徹底したワンバスで、ときにツーバスかと聞き間違うような素早く細かいフレーズも踏み鳴らしてみせる。
シンバルも、僕のつたない語彙では "流れるような" なんてカビが生えた言葉を使うしかない見事さ。

安定感といえば、ロジャー・グローバーも凄い。驚くようなテクニックを見せたり、斬新な音を鳴らしたりといったプレイヤーではないけど、がっしりと音を支える。それが彼の凄さなんだと思う。

キーボードは、ドン・エイリー。ギターはスティーブ・モーズ。

ドン・エイリーのプレイについては、僕がキーボードをまったく弾けないせいか、よくわからないので割愛。
スティーブ・モーズは、誤解を受けるかもしれないけれど、綺麗にちゃんとギターを弾く人だと思った。
僕が彼のプレイに感じたものをなんて表現したらいいんだろう?
たとえば、モントルーのときはアドリブは一切無く、フレーズもどんな弾き方をするかも全部あらかじめ作っていたと、もし彼が言ったとしても僕は驚かない。

ちょっとどうなんだ? と気になったのはイアン・ギラン。僕の耳には、音程が # して外れることが多かったように聞こえた。

音の取り方が一番気になったのは『スペース・トラッキン (Space Truckin') 』 ――イアン・ギランがほんとにミスって音を外したと僕は思ってしまった。

彼は A のキーに対して、 C# と F# を歌っていた。イアン・ギランの歌う長三度と長六度の響きのせいで、『スペース・トラッキン』がなんか、陽気で愉快なロックン・ロールになってしまったかな。

アルバム『マシンヘッド』で聞ける『スペース・トラッキン』の格好良さは、ボーカルがブルーノートスケールで歌うからこそだと僕は思うのだけど。

でも、あれだけのキャリアのプロミュージシャンたちが集まって、イアン・ギランがブルーノートで歌っていない部分があることに気がつかないはずはないから、あのときはああいうアレンジで行こうと決めたんだろうな。

とはいえ、『スペース・トラッキン』はやっぱりブルーノートスケールで歌って欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラッキーヱビス缶

商売繁盛!ラッキーヱビス缶」を見つけたので買ってしまった。

上記リンク先のサッポロビールのサイトに書いてる通り、 「ラッキーヱビス」はヱビスブランドの瓶商品に、数百本に一本の割合で含まれているのだそう。

あるあるとずっと前から噂には聞いていたけれど、ついぞ見たことがなかった「ラッキーヱビス」。
でも、このたびそんな幻の「ラッキーヱビス」に簡単に会える機会が。それが、「商売繁盛!ラッキーヱビス缶」。
1890年に「ヱビスビール」が発売されてから2010年で120年を迎えたことを記念して発売されたとのこと。

つまり、通常は缶ビールでは絶対に出会えない「ラッキーヱビス」に今なら会える。
200,000函(1函350ml×24本)の本数限定販売なんだとか。

仕事帰りにふらっと寄った近所のコンビニで、たった1本有ったというか、残っていたというかの「ラッキーヱビス缶」。
本体には「商売繁盛」という文字。そしてたしかに噂通り、通常の恵比寿様のマークでは、鯛が一匹だけど、ラッキーヱビスに描かれているのは2匹の鯛。

ところで、ラッキーヱビスって通称だと思っていたのだけど、本当に「ラッキーヱビス」って名だとわかった。本体に明記されてました。

ラッキーヱビスは商売繁盛の縁起もの。 ヱビスビール先端120年を記念した、鯛が二匹のラッキーヱビス缶。今しか会えないヱビスは、ちょっと縁起のいいビールです。

と書かれています。

瓶ビールの「ラッキーヱビス」には、いつどこで会えるかはわからないから、1本だけあった「ラッキーヱビス缶」を買えたというだけで嬉しい気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タバコの不思議

気のせいかなぁと思うのだけど、気のせいじゃないとも感じる。でも、やっぱり気のせいかもなぁと感じてみたり、イヤ、気のせいとは違うと思ったりする。

タバコの煙――

僕はタバコを吸わないし、これまでも吸ったことはない。そんな僕がタバコの煙や臭いが気になるのは普通の話だとして、自分自身不思議に感じるのは、「どうやら、人によってすごく気になる場合とそれほど気にならない場合がある」こと。

どんな人が吸っても煙いのは煙い。けど、隣で吸われてもタバコの煙や臭いがそれほど気にならない人がいる。逆に、とても気になって喉や頭が痛くなってくる人がいる。

そういうことがあるたびに、「タバコの種類によるのかな?」と考えて、ちらっと銘柄を見たりするけど、どうも同じタバコでもそういうことが起きているみたいで……

環境によるものでもないらしい。
同じ部屋で、同じ人数が集まって、喫煙する人が同じ銘柄のタバコを吸っていても、喉や頭が痛くなってくる場合とそれほどでもない場合がある気がする。吸っている本数もそう差はないのに。

なんだろう?

というわけで、自分に都合の良い理屈を考えてみた――「タバコの煙には吸っている人の意識が含まれている」のだと。

そもそも周りを気にかけないとか、それどころか、無自覚でも「吸ってよい場所で吸っているんだから自分の好きに吸っていいよね」という意識がある人("無意識の意識"って変な話だけど)が吸うタバコは、そういう意識が煙に混ざっていて、僕はその「吸っていい場所なんだから好きに吸っていいでしょ意識」が気になっているのではないかと。

それで、あまり煙が気にならない人は、そもそも周りがなるべく不快にならないように気をつかってくれてたり、無意識に「ごめんね。隣で吸って」とかいう意識でいてくれて、それが煙に混じって伝わってくるので、こちらとしても「いえいえ。こちらこそ。お気づかいありがとうございます」っていう気持ちが心のどこかに生まれるのではないかと――だから、あまり気にならないでいられるのじゃないかと。

真偽なんてわからないし、第一タバコを吸わない僕が言う話だから、まったく自分に都合の良い解釈なのはそれでいいのだ。誰に不満を言っているわけでもないし。

タバコだから煙いのは煙いけど、それでもあまり気にならない人と、すごく気になる人がいるというのは僕にとっては真実なんだよなぁ。やっぱり。

話は変わるけど、分煙が今やたいていの場所で推し進められてて、タバコを吸わない人が快適でいられる場所が増えてきている。でも、タバコを吸う人も同じように快適でいられるのが平等というものだと思うのだけど。

嫌煙権があるなら喫煙権もあってしかるべきだと思うんだよなぁ。

まぁ、長い間に渡ってタバコの煙でつらい思いをしてきた人が、今度は吸う人がつらさを受け入れるべきだと思うのは仕方ないけどねぇ。
でも「吸う派」と「吸わない派」に分裂して憎しみあって争ってるわけじゃないんだから、吸わない人は吸う人を虐げてやりたいってことじゃないと僕は思うのだけど。
なんか、吸う人に向かって長年の恨みを晴らしているような態度を取る人がいるんだよなぁ。それはちょっと違うと思う。

そういえば、そもそもはタバコって植物だ。そもそも話でいえばとっても自然志向といえるのか? 「添加物なし! 無農薬有機煙草」なんてあってもいいわけだ。「オーガニック煙草」とか。
いや。毒性のある植物もあるしなぁ。そう簡単な話ではないか。

漂う紫煙には発ガン性物質がより多く含まれるってことだけど、嗜好品としてではなく、文化として煙草を常用する人たちがいたら、その人たちは吸う人も周りの人もガンになる率が高くなるのかなぁ。
ひょっとしたら、植物の煙草がどうこうじゃなくて、市販のタバコには何か含まれていて、それが喉や頭の痛み、ガンの発生を誘発していたりして――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いいのかなぁ? 食べるラー油

桃屋の『辛そうで辛くない少し辛いラー油』が流行った影響か、食べるラー油がブームのよう。

テレビでもちょこちょこと特集があったりします。

近所のスーパーにあった『辛そうで辛くない少し辛いラー油』を食べてみたけど、確かに美味しい。ご飯にのせるのは当然美味だし、ラーメンや冷やし中華にも合う。

でも、1瓶を食べてしまってから冷静になってもう買うのを止めました。

だって、油を食べてんだよなぁ……ラー油だから違和感がないだけで、サラダ油やごま油をご飯にたらして食べてると思ってみたら、それはもう……

身体が気になるお年頃ってやつです。
コレステロールとかドロドロ血とかなんやかやが――

あれは、ある程度の年齢の人間は避けた方がよい食べ物だと思う。

まだまだブームは続いているようだけど、油分をどれだけ摂取しているかを考えておかないと摂取過多になっちゃう。
身体には油分も適度に必要だから、食べるラー油を食べている分を込みで油分の摂取を考えないとね。

油分を既に取りすぎている人が、さらに食べるラー油を常態的に食べてたら身体によくないし。

食べるラー油。

そのうち「あなたの健康を損なうおそれがありますので食べ過ぎに注意しましょう」なんて記載が付くようになるかも……

どなたさまも健康にはお気を付けて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »