« Amazon さん。注文確認メールをもっとわかりやすくしてね。 | トップページ | 『スリラー』ってどことなく『宇宙のファンタジー』 »

ちゃんと食べないヤツはうちにはいらねぇ!

お昼を簡単に済ませようと妻と入った某外食チェーン店で、隣のテーブルにいたお父さんが娘さんに放った言葉。

お父さんとお祖母さんと小学1年生ぐらいかなと思う2人の娘さん。

届いた注文を食べていると僕の隣から「パカ~~ン!」という鋭い音が。
驚いて横目で隣を見ると、お父さんがメニューを持って厳しい顔をしている。前に座っていた娘の頭をメニューで叩いたようだ。

そしてお父さんが言うに――

「アホな顔をしてないで、しっかり食べろ! ちゃんと食べないヤツはうちにはいらねぇッ!」

テーブルを挟んでお父さんの反対側にいる娘さんが、どうやらちょっとふざけた顔をしながら食べていたようで、それをお父さんが叱ったらしい。

食事が終わってデザートがくると、さっきメニューで叩いた娘さんに向かってまたお父さんが――

「選んで食うんじゃない! どうせ食うんだ。ガッと食べろ!」

アイスクリームの上に乗っていたフルーツを少しずつ食べていたらしいお嬢さんがなんだか可愛そう。
だって好き嫌いで食べたくないものを選んでたんじゃないんだもの。 "最初はイチゴにしようかなぁ。やっぱりバナナから食べようかなぁ" とかいう様子だったし……

僕は心の中で「イヤ。それは娘さんのは "あり" だろう。アイスに乗ってるものを選びながら楽しく食べたいってあるでしょうに……」ってお父さんに突っ込んでいた。

お父さん、なかなか厳しいねぇ。でもそれがそのお父さんの愛情表現。
だって、「あいさつ(いただきます)はちゃんとしたのか?」って続いて訊いてたから。きっと自分もご両親からそうやって躾けられてきたんだろうなぁ。

メニューで叩かれたときもアイスのときも、彼女は沈んでいるわけでも泣き出すわけでもなく、どちらかといえば慣れっこな感じの表情で「また言われちゃった……」というような様子。


ちなみに、お父さんの隣にいたもう1人の娘さん(感じからすると、お姉ちゃんなのかな?)は、食べ終えると「ごちそうさま~(――って私はちゃんと言ってるもんね)」という調子の声と表情で、要領よく振る舞っていた。

あの子たちはどんなお嬢さんになっていくのかなぁ。
お父さんの躾が彼女たちの将来にたいへん役立ちますように。

|

« Amazon さん。注文確認メールをもっとわかりやすくしてね。 | トップページ | 『スリラー』ってどことなく『宇宙のファンタジー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちゃんと食べないヤツはうちにはいらねぇ!:

« Amazon さん。注文確認メールをもっとわかりやすくしてね。 | トップページ | 『スリラー』ってどことなく『宇宙のファンタジー』 »