« やっぱり人面魚だったポニョ | トップページ | 今年は Patchi »

妻からの Maison d'it

バレンタインデーのチョコレートを妻からもらいました。
昨年のこの時期は、島根県にあるKANOZAというショップの『ショコラ・フォンデュ』を一緒に買って、その幸せな気分になる魔法のような甘さを2人で楽しみました。

今年買ってもらった 『Truffes au chocolat』 (トリュフオーショコラ) もうっとりするような柔らかい口当たりで、上品な甘さを体験できる逸品。
付いていたリーフレットによると、京都先斗町にあるフランス会席のお店『先斗町 禊川』(みそぎがわ)で食後に出されていたものでしたが、お客さんからの要望で販売し始めたのだとか。
ショコラを販売している『Maison d'it』 (メゾン・ドゥ・イッテー) は、『先斗町 禊川』のオーナーシェフのプライベートブランドだそうです。

優しくとろけるトリュフオーショコラは、恋人に限らず大切に思っている人に素敵な一時を送るのに最高のプレゼントのひとつだと思います。

愛する人。
いつも僕のことを気づかってくれてありがとう。
これからも仲良くやっていこう。

|

« やっぱり人面魚だったポニョ | トップページ | 今年は Patchi »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妻からの Maison d'it:

« やっぱり人面魚だったポニョ | トップページ | 今年は Patchi »