« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

美しかった昨日のキムヨナ

TBSだったかな? 昨晩見たフィギュアスケートのショートプログラム。

今の鉄板といえる007をもってきてたけど、前にポップンポールさんの記事で見た動画と比べるとちょっとノリが悪かったかな。

でも動きが柔らかくて美しい。浅田真央と比べると、僕の中ではキムヨナがわずかに上回っている印象。とはいえ、飛び越せない高さではないと思う。浅田真央はフリーでキムヨナを越せるか? キムヨナがさらに高みへ昇ってみせるのか?

キムヨナの演技の美しさに加えて、アナウンサーの解説に笑ってしまった。
「このあとの指を鳴らすポーズがキムヨナは一番好きだそうです」……とかなんとか言いながら、その場所が来たら――「ここです」って。

なんか笑っちゃったぞ。

ポップンポールさんが昨日の記事で書いているカメラの引きに対する苦言には僕も激しく同意する。
「最後にハートを打ち抜くことはみんな知ってる」という指摘の正しさは、アナウンサーのコメントが証明している。
だって、キムヨナの演技が終わった直後にアナウンサーが言ってたもんね。「キムヨナ! みごとに打ち抜きました!」だか「全員が打ち抜かれました!」とかなんとかさ。

キムヨナの "最後の銃" を、コメントのしどころとしてアナウンサーは狙ってたんだよ。なのに、そのコメントを無視するような撮り方をカメラがなぜするかなぁ。
あの瞬間を引きで撮るようにしたのは誰なんだ? カメラの判断かプロデューサーの指示か。あるいはそもそも、あのカメラはTBS側の人ではないとか。

それが誰であっても、キムヨナの007の締めくくりを寄って撮らないなんてのはテレビの世界に不向きだと言っていいと思うぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

Windows 7 視覚効果のお気に入り設定

この記事は自分用の覚え書きです。

Windows 7 のパフォーマンスオプションで「視覚効果」をお気に入りの設定に変える。

1.コントロールパネルの「システムとセキュリティ」-「システム」-「システムの詳細設定」を開く。
コントロールパネルの表示が「カテゴリ」以外になっているときは、「システム」を開く。

2.システムのプロパティの「詳細設定」タブが開くので、「パフォーマンス」の欄の「設定」をクリック。

3.パフォーマンスオプションの「視覚効果」タブが開くので、「カスタム」をチェックしてすぐ下の欄で次の箇所以外のチェックを外す。
■チェックを入れておく箇所
・アイコンの代わりに縮小版を表示する
・ウィンドウをボタンに視覚スタイルを使用する
・ウィンドウの下に影を表示する
・スクリーンフォントの縁を滑らかにする
・デスクトップのアイコン名に影を付ける
・ドラッグ中にウィンドウ内容を表示する
・マウスポインターの下に影を表示する


Windows 7 Professinal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕には理解が難しい衣装

なんか冗談みたいな衣装だなぁ。
バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート・アイスダンスのオリジナルダンス(OD)選手キャシー・リードとクリス・リード組の衣装のこと。

特にキャシー・リード選手の衣装が。

赤い着物風衣装が、日本についての解釈が思いっきり明後日の方向に行っちゃってるハリウッド映画みたいだ。「芸者ガール」とかいうような感じの。

バンクーバー冬季五輪の OD では「民族舞踏」がテーマとして設定されているのだとか。あの衣装はそのためか。彼らが使った曲は「さくらさくら」なんだそう。

着物でのダンスは女性側には無理があるような気がする。着物の裾を短くしないわけにいかないし。着物の裾が短くて腿が見えているというのは僕にはどうにも不格好に見えるなぁ。
代表となっている国の文化と合わせる規定はなかったみたいだから、日本舞踊というのはやめた方がよかったかも――いや、違うか。審査員に日本人がいないんだよな? だとしたら、あの衣装でも採点時に違和感はないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当だった「雪が解けたら何になる」

「雪が解けたら何になる」という問いに、「春になる」と答えた子供がいたという話。

あれは本当は無かった都市伝説だと思っていたのですが、本当にあった話です。朝日新聞の天声人語がその証拠。

子ども時代を札幌で過ごしたという60代の女性から便りをいただいた▼セピア色をした「りかのてすと」のカラーコピーが入っていた。「ゆきはとけるとなにになる」の問いに「つちがでてはるになります」と鉛筆で書かれている。残念ながらバツをもらい、全体の点数は85点。お母さんが取り置いていたのを、遺品の中から見つけたそうだ
出典:2月20日 朝日新聞 天声人語

「雪が解けたら……」の話がこの女性の解答用紙から広まったのかどうかはわかりませんが、「春になる」と答えた子供がいたことは事実。
(2月20日の天声人語では、「氷がとけたら何になる?」という問いと書かれているけど。)

理科のテストでは正解にはならないけれど、ダメな答えだとは言い切れない何かを感じさせる「春になる」。

天声人語で指摘しているように「春になる」と答えた人は他にもいると思います。そう答えた全ての人には、素直な感性をいつまでも無くさないでいて欲しいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東京にもパンダ

「ジャイアントパンダは和歌山にいる。」という記事を昨年の1月に書いた。

ところが、上野動物園で来年からパンダが再び飼育されるとのニュースが。

時期はまだはっきりしていないらしい。2月12日付朝日新聞によると「来年の早い時期」とある。
中国から借りて繁殖にも取り組んでいくのだとか。借りる期間は10年間。借りる費用は年間約8,500万円という。

日本の首都には居ないはずだったパンダが。
和歌山県に比べれば、有名芸能人を街中で見かけることがはるかに多い東京には、居ないはずだったパンダが。
ミシュランガイド東京2009で最高の証である三つ星を獲得したレストランが9軒あるという東京には、居ないはずだったパンダが。
ホームページで公表されている平成20年12月の推計人口が1千290万人を超えている東京都には、居ないはずだったパンダが。
平成20年10月1日の推計で人口101万少々の和歌山県には居るパンダが。
東京都民が見たければ新幹線でも飛行機でも自動車でも使って、和歌山県に来れば見られるはずだったパンダが。
和歌山と神戸には居るけど、東京には居ないはずだったパンダが。

来年からは上野にいる。

東京都民に対する私の不遜な態度に神罰が下ったのかもしれない。都民の皆さんはどうか許して欲しい。パンダが居るとか居ないとかぐらいで不遜な態度を取って申し訳なかったと思う。
来年からは、都民の皆さんとはパンダ友好都市同士と言ってもいいぐらいの関係なのだ。ここは私も想いをあらためて都民の皆さんと仲良くやっていきたい。

パンダが復活するとはいっても、繁殖は大変難しいらしい。東京生まれのパンダが見られるのはまだ先になると思われる。都民の皆さんはさぞや待ち遠しいことだろう。
それまでは、ぜひ我が郷里である和歌山で生まれて和歌山で育っているパンダを見に行かれるといい。まだ見ぬ都内生まれのパンダに期待しながら少しでも楽しんでいただければ幸いである。

Wikipedia によれば、和歌山のパンダは中国以外では出産頭数、成長した子供の数ともに世界最大。しかも、パンダがいる『アドベンチャーワールド』は、双子のパンダを両方とも育てることに成功した中国以外で唯一の施設。
だから、そういうパンダを見ておいていただくことは都民の皆さんが来年新しいパンダを迎える際にも何かと役に立つのではないかと思われる。

まだ東京には居ない国内生まれのパンダの子供をしっかりと楽しめる我が郷里を、心の片隅でかまわないので留めておいてやって欲しい。

もうパンダが居るとか居ないとかを気にせずともよくなる。いやはやめでたい、めでたい。
(怒ってる?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows 7 で無線LANにつながらないときに確認してみること

この記事は自分用の覚え書きです。

1.コントロールパネルの「ネットワークと共有センター」を開く。
・コントロールパネルが、カテゴリ表示になっている場合
「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックする。

2.左側にある「ワイヤレスネットワークの管理」をクリック

3.表示されるネットワークの一覧(SSIDを設定している場合はそれが表示されている。)で、つながらないネットワークをダブルクリック。

4.ネットワークのプロパティ画面が表示されるので、「接続」タブの中で、「ネットワークが名前(SSID)をブロードキャストしていない場合でも接続する」にチェックが入っているかを確認。入っていなければチェックしてOKをクリック。

5.これでつながるかを確認。


SP3を適用したXP や Vista の場合と同じ。
無線ルーターがANY接続を許可していない場合、「ネットワークが名前(SSID)をブロードキャストしていない場合でも接続する」にチェックが入っていないとPCが無線LANにつながらない。


■無線LANの設定を新しく手動で行う場合。
1.コントロールパネルの「ネットワークと共有センター」を開く。
2.「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリック。
3.「ワイヤレスネットワークに手動で接続します」を選択して「次へ」をクリック。
4.「追加するワイヤレスネットワークの情報を入力します」の画面が表示されるので、必要な情報を入力する。
5.「この接続を自動的に開始します」をチェック。
6.「ネットワークがブロードキャストを行っていない場合でも接続する」をチェック。
7.「次へ」をクリック。
8.正常に ネットワーク名 を追加しました」と表示されるので「閉じる」をクリック。
4.で間違った情報を入力していても、8.では正常に追加したという表示はされる。「正常に追加しました」とは「設定情報が間違えていなかった」という意味ではない。


Windows 7 Professional
ルーター:バッファロの WHR-HP-G54
「無線セキュリティ」で「ANY接続」を許可しない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Windows 7 でコントロールパネルのアイコン表示方法変更

この記事は自分用の覚え書きです。

Windows 7 のコントロールパネルのアイコンを、XP やVista の「クラシック表示」のようにする。

1.コントロールパネルを開く。
2.右上の方にある「表示方法」で「大きいアイコン」か「小さいアイコン」を選ぶと表示が変わる。

コントロールパネルの表示方法は、標準では「カテゴリ」になっている。


Windows 7 Professional


| | コメント (0) | トラックバック (0)

SendToフォルダの場所 (Windows 7)

この記事は自分用の覚え書きです。

Windows 7 Professional での SendToフォルダの場所は Vista と同じ。
Cドライブ > ユーザー > ユーザー名 > AppData > Roaming > Microsoft > Windows > SendTo

パスは、以下のよう。
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo


■Windows 7 で SendToフォルダを表示させる設定
Windows 7 の「コンピュータ」-「ツール」-「フォルダオプション」-「表示」を開いて、「ファイルおよびフォルダー」の項目で、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」の項目にチェックを入れる。
「コンピュータ」のメニューを表示するには、「整理」→「レイアウト」→「メニューバー」を選ぶ。

・「コンピュータ」の表示
1.デスクトップ上の何もないところで、右クリック。
2.個人設定 を選択。
3.「デスクトップアイコンの変更」をクリック。
4.デスクトップに表示するアイコンにチェックを入れてOKボタンをクリック。
これで表示される。
※コントロールパネルのなかの「個人設定」アイコンを開いても手順は同じ。


Windows 7 Proffesional 覚え書き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は Patchi

いつもお世話になっている人に感謝の気持ちを込めて、バレンタインデーの贈り物をしています。
昨年は、島根県にあるKANOZAというショップの『KAnoZA焼チョコクッキー』を選びました。

そして、今年はレバノン生まれの Patchi (パッチ)のチョコレート。

日本初登場のチョコレートです。
プレゼントのチョコレートを選ぶときは、「日本初登場」とか「世界選手権優勝」とかちょっとした付加情報があるものを選ぶようにしています。
試食してみて、控えめのあっさりした甘さが特徴だと僕は感じました。お子ちゃまな舌にはわからない味と言いたい。
大人が大人にプレゼントするのに適したチョコレートのひとつと言えるかも。

Patchi のチョコレートをレバノン王室御用達だと書いているサイトを見かけますが、高島屋によるとレバノン王室で愛用されている事実は確認できないようです。
高島屋がこの時期に出す『Amour du Chocolat!』 (アムール・ド・ショコラ~ショコラ大好き!~)という小冊子があるのですが、それに載っている Patchi の説明は訂正されています。高島屋の催事場にもその旨のお詫びが張り出されていたしで。

訂正前は、

1974年にレバノンで生まれた「パッチ」。
レバノン王室をはじめ、フランス、イギリスなど世界
約30カ国で愛されるチョコレートが、いよいよ日本
に初登場します。

というのが、

1974年にレバノンで生まれた「パッチ」。
レバノンをはじめ、フランス、イギリスなど世界で愛
されるチョコレートが、いよいよ日本に初登場します。

となって、「王室」という文字が削除されています。「約30カ国」という表記も消えています。
(2010 Takashimaya Amour du Chocolat! より転載)

ちなみに、Patchi のサイトをさきほど見てみたら、 company profile に "Today, with more than 140 boutiques over 28 countries..." という表記がありました。

Patchi が「中近東のゴディバ」あるいは「中東のゴディバ」と呼ばれていると書いたサイトもいくつかみかけましたが、 Patchi がそう呼ばれているとする根拠は有るのか? 有るのか無いのか、ほんとのところは僕にはわかりません。
Godiva Middle East とか組み合わせて検索すると何か見つかるかも。

ついでに、 Patchi Industrial のサイトは、こっち
チョコレートだけでなく、シルバーウェアや造花の製造販売、チョコレートボックスやその他マテリアルへの印刷や装飾といった事業も手がけているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

妻からの Maison d'it

バレンタインデーのチョコレートを妻からもらいました。
昨年のこの時期は、島根県にあるKANOZAというショップの『ショコラ・フォンデュ』を一緒に買って、その幸せな気分になる魔法のような甘さを2人で楽しみました。

今年買ってもらった 『Truffes au chocolat』 (トリュフオーショコラ) もうっとりするような柔らかい口当たりで、上品な甘さを体験できる逸品。
付いていたリーフレットによると、京都先斗町にあるフランス会席のお店『先斗町 禊川』(みそぎがわ)で食後に出されていたものでしたが、お客さんからの要望で販売し始めたのだとか。
ショコラを販売している『Maison d'it』 (メゾン・ドゥ・イッテー) は、『先斗町 禊川』のオーナーシェフのプライベートブランドだそうです。

優しくとろけるトリュフオーショコラは、恋人に限らず大切に思っている人に素敵な一時を送るのに最高のプレゼントのひとつだと思います。

愛する人。
いつも僕のことを気づかってくれてありがとう。
これからも仲良くやっていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり人面魚だったポニョ

このあいだテレビでやってた『崖の上のポニョ』を見た。
劇場で見てきた知り合いから「ぜひ見て欲しい」と力説されたけど、当時は気乗りしなくて見なかった。だって、どう見たって人面魚なんだもの。

宮崎駿とかジブリとかそういうのを全部取っ払って、冷静に落ち着いて全く初めてと思ってあの絵を見てみていただきたい。――髪の毛が生えてるし。気持ち悪いし。

ということでお金を払ってまで見に行っていなかったのだけど、まぁテレビでやってるなら見ておいてもいいかと見てみたしだい。

そしたら――やっぱり人面魚なんじゃん。

登場人物の1人がそう言い切ってるのに驚いた。同時に、「宮崎駿。やっぱ凄い!」とも思った。
だって、誰もが気になっているはずのこと、人によっては言ってはいけないのだろうなと気にして言わないようにしているであろうことを、自らの手によるキャラクタにはっきりと言わせちゃうんだから。

人面魚宣言(どんな宣言だ?)だけでなく、全体的にとんでもないストーリーだった。良くも悪くもというか。
たとえば、「いろんな不思議なことが起きてるけど、今はいい」って一言で、ストーリーのなかで起きているあらゆる事象の存在をとりあえず肯定してしまうんだから。
海面が人類滅亡に違いない上昇をみせてもだ。町の公園でナガスクジラと思われるクジラが水面に向かって縦に泳いでいける深さになってるしで。

でもファンタジーなんだから、それでいいんだろうな。

妻が以前、絵本の読み聞かせボランティアをしていたけど、とてつもない大きな虫が町や人々を食っちゃって何もかもなくなってしまうという話しがあった。食っちゃうというか飲み込むのだ。でもって、虫の体内には、食われた町も人もみな元のまま存在しているというオチ。

ファンタジーの手法としてはそれでいいのだな。

でも、それでもどうにも気になることがある。さっきふれた人類滅亡に違いないほどの海面上昇。それをもたらした起因はポニョなのだ。
もう1人の主人公である少年に会いたいが一心で、ポニョが人間になって地上にやってくる。その過程で起きたのが未曾有の天変地異。なんせ、月が地球に引き寄せられているのだから。そのままだと大衝突という "アルマゲドン" 状態。ブルース・ウィルスを早く呼べ。エアロスミスは歌わなくていいのかというひっちゃかめっちゃか状態なのだ。
なにげにディザスター・ムービーになってるし。

ポニョ。期せずして人類の敵!

そんな生命体をのんびりとみんなで待ってていいのか人類? まぁ、人々はポニョと天変地異との相関関係をいまひとつ深く理解できていないようだったから、いいと言えばいいのだろうけど。

これがハリウッド映画なら、CIAとか国土安全保障省とかが指揮を取って、大量の武器弾薬、兵士を投入。
原潜は潜行し、航空母艦は波を切り、F-15E ストライクイーグルは出撃。ヘリからロープで降下するわ、水陸両用車で海上から陸地へ侵攻し、 "Soldiers!! Move!, Move!, Move!" とか叫んで走り回るに違いない。
"BlueSnake!? BlueSnake!? RedTiger から BlueSnake へ。どうした。応答しろ! 何があった?"
"対象を発見しました。コードネーム 【PON-YO1】 を確認! ただちに排除します!"
"待て!! 民間人だ! 民間人が対象と一緒にいます!!"
"構わん。実行せよ! これは命令だ! 大統領の作戦許可は取ってある! 民間人ともども【PON-YO1】 を排除せよ! 国家の緊急事態だ。多少の犠牲はやむを得ん!" とかなるところだ。

さらにさらにだ。僕に言わせればこの映画には未来の救いがない。
なんだか映画は「よかったね」的に終わっていくのだけど、ポニョの父親(母もいる。両親が出てくるのは知らなかった)の野望はどこへやらだ。まぁそれも人類は誰も気がついていないのだから仕方がないと言えばそれまでなんだけどね。
天変地異の起因はポニョだけど、本を正せばポニョの父親が100年ほど前から準備してきたことが発端なのだ。 "忌まわしい人類の歴史は終わるのだ" とか言いながら。

ポニョ父。人類滅亡を画策していた節がある。人類は誰もそのことを知らない。

未来の救いがないとはそういうこと。ポニョ父がそのままなのだから、ヤツは再び始め出す可能性が残っているのだ。人類滅亡の準備を。
もちろんポニョ父はもう何もするつもりはない可能性もあるが、はっきりと「止めた」と確認できたわけでもない。

だいたい、今回の一件はたまたま人間側とポニョ父の利害が一致しただけなのだから。月が衝突すれば地球が無くなる。そうなれば、ポニョ父の計画も意味はなくなる。人間の存在はどうであれ、地球が無くなるのはポニョ父の望むところではない。制御が効かない事態になってしまったんだから、とりあえずは事態の沈静化を図ろうというのがポニョ父の思惑なのであって。

ポニョはやっぱり人面魚だったという話だけではなくなってしまった。

『崖の上のポニョ』――己の望みを満たすために人体を欲した人面魚が引き起こした大災害を背景に、人類滅亡への序章を描いた作品であるかもしれない。
いやぁとんでもなく怖い映画だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり、ギター買いました。

高校時代から使っていたギターを手放したと言っていた友人のT君からメールが届いた。

「ギター、買いました」と。

僕が妻からギターをプレゼントしてもらったという話しを聞いたT君。ずっと持っていたギターをもう弾かないからと手放したものの、やっぱり欲しくなって買ってしまったみたい。
前にこのブログでT君がギターを手放したことをちょっといい話って雰囲気で書いたつもりだったのに。T君、だめじゃん……なんてね。

アマチュアギタリストとしてまだ現役であろうとするT君の姿勢が好きだ。

僕はスリーフィンガーやピックを使ってのアルペジオが苦手。でも、T君は僕より巧い。だけど、素早いフレーズを弾く指の動きは僕の方が滑らか。
アマチュアギタリストなりの甲乙があるのだ。

T君、今度いっしょに何かのライブをやろうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »