« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

Go to DMC!!

録画してあった『デトロイト・メタル・シティ』を鑑賞。

ところで、興味のない人は全然知らないだろうけど、この映画には KISS のジーン・シモンズが「ブラックメタルの帝王 ジャック・イル・ダーク」役で出演している。この映画をチェックしておこうと思ったのもジーン・シモンズが見たかったから。
(何かの契約がらみか、映画の公式サイトではキャストにジーンの名をみつけられなかった。)

ラストで、ライブ会場へ向かって走り続けるクラウザーさんの後ろからファンたちが集まってきて追走するシーンに、不覚にもじ~んときてしまった。(シャレじゃないよ)
さらに、相川さんが「Go to DMC……」と声を出し始め、しだいに周りと一体になっていくシーンでも。

根岸の実家の両親は根岸とクラウザーさんのことを理解しているようだ。「夢」について語るお母さんの言葉も心に響いたぞ。
ヤングアニマルで連載の原作漫画は読んだことはないけど、映画のほのぼのとした雰囲気は好きだ。いい映画じゃないか。

Go to DMC!! Go to DMC!!

映画『デトロイト・メタル・シティ』 公式サイト
(音が鳴るから要注意)

原作の公式サイトはこっち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お願いだから、後ろに牽かないで。

キャリーバッグとかキャスターバッグとかいうあれ。あのバッグでの事故が増えている話しが、20日の朝日新聞に載っていました。
危険性については前から言われているけど、あのバッグを人混みのなかでも馬や牛を引き連れるように自分の後ろで牽く人は未だに無くならない。

周囲に人が少ないならともかく、人が行き交う場所や人混みであれを後ろに牽いたらいかんでしょうに。前にも同じ事を書いたけど。

あれを後ろで牽いたら、人に当てる危険性があることに思い至って欲しいぞ。

人が多いなかでも転がすしかない場合もあるだろうけど、それなら自分の後ろで牽くのではなく、自分のすぐ横にバッグが来るようにするとか注意して転がして欲しい。あるいは、転がさずに持ち上げる方が少しでも他人の迷惑にならない場合もあると思う。

牽いてるのが見えてるのだから避けられるだろうというのは乱暴だ。バッグの所有者は自分がしたくて牽いているのだから。したいようにして、あとは周りが気をつけることを期待するのは身勝手としかいいようがない。
人が多いとバッグが牽かれていることに気がつけないってときだって普通にあるだろうし。

持っているのがなんであれ、なるべく人に当たらないように、物を持っている人がより多く心配りをしないといけないと僕は思うなぁ。
やっぱり、人混みでは後ろに牽かないで欲しいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"Modern Day Delilah" Music Video

"Modern Day Delilah" のミュージックビデオが、KISS のオフィシャルサイトで公開されています。
前に、「オフィシャルサイトで "MODERN DAY DELILAH" が聞ける」ことは書いたけど、ビデオの公開には今日まで気がついていなかったことが悔しい。

NEWS カテゴリーにも載っているよ。
"Modern Day Delilah" music video premieres today on Yahoo!
こちらはリンク先で再生を始めるとヘアスプレーのCMがまず流れます。
KISSONLINE のトップページで公開されているものより表示領域が広いけど画質はいまいち。

YouTube でみつけたやつ。こっちの画質の方がましかな。
KISS-MODERN DAY DELILAH MUSIC VIDEO

爆竹の音に興奮。ジーンの空中浮遊とポールの空中移動にはオーッと声をあげてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マッドマックス』に唖然。

スカパー!でやっていた『マッドマックス』。
当時話題になってたけど、どんなストーリーなんだろうと思って録画。

* ここから先で『マッドマックス』の結末にふれています。まだ見ていない人は要注意。

というわけで、実は一番話題になっていたときには見ていません。僕はバイクや車には興味がないし、カーアクションも好きじゃないので。
以来、『マッドマックス』をまともに見たことは今までなかった。

で、今回初めて通して見てみて、いやぁこんなお話だったのねとちょいと唖然。B級全開で突っ込みどころ満載。

なんであの映画がヒットしたのか僕にはわかりませんでした。だって、ラストなんて「はぁ? そういう終わりなの?」って感じで――あれは "交通事故" だよ。復讐に燃えてたマックスは、実質的には何もしてないし。 "あの距離と速度" でマックスが "衝突" してないのもおかしな話しだ。
でもまぁ、B級映画ってそんなもんか。昔の映画で、正義の味方が撃つ弾丸は無くならなくて、敵がいくら撃っても正義の味方には命中しないというのと同じようなもんかな?

こんなこと言ってるけど、2や3は見たんだよなぁ。2が一番面白かった。近未来SFという雰囲気だったし。僕はSFが好みだから。3はいまいちだったなぁ。
制作費が桁違いな2,3を先に見ちゃったので、もう今さら1を見ても地味で見ていられないだろうと思ってわざと見てなかったのだけど。
初めて1を通して見て、その考えは正解だったと確認してしまったしだい。低予算のB級映画が大ヒットしちゃったということ自体が話題だったんでしょうね。

1については、過激なバイクアクションシーンで、スタントマンが死亡したなんて噂もあったりしたけど、考えてみれば、そんなことあるはずがないわけで……
撮影中に死亡事故が起こったら、事故だとしても一応警察の捜査も入るだろうしね。そう簡単に撮影再開というわけにはいかんでしょうし、死者が出た映画を公開するなんてことも簡単にはいかない。
低予算で撮ってた映画だからこそ、数日でも撮影止められたら延びた日程分のギャラだとか費用だとかが死活問題を起こすわけで、撮影中に死亡事故が起きた低予算映画が公開にこぎつけるなんてできるはずがない。

車やバイクが好きとか、カーアクションが好きな人は楽しめる映画だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三崎 VS. マヌーフの裁定はどうなった?

2009年大晦日の『Dynamite!!~勇気のチカラ2009~』で闘った三崎とマヌーフ。結果は、マヌーフの勝利。三崎は1RKO負け。

でも、三崎サイドから試合裁定について異議が申し立てられ、審判団は2週間後に回答することが大会中にアナウンスされたのだとか。

テレビで見ていた僕も、あれは判断が早すぎると思った。三崎は攻めようとしてたじゃんという印象をもったし。止めなければいけないほど危険な様子にも見えなかったしなぁ。

今日は1日14日。あれから2週間だ。ちょっと探してみたのだけど、DREAMも戦極もオフィシャルサイトでそれらしい発表をみつけられなかった。まだ発表されていないのかな? DREAM側からの発表になると思うのだけど。

さて、三崎 VS. マヌーフの試合裁定の行方はいかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうにか復活。

昨年12月の中頃に風邪をひいて、こじらせてしまった。

熱はそんなに高くなく、一番高かったときで37.5度。いわゆる微熱である。
ひどかったのはセキ、頭痛と悪寒。

いやぁまいった。年も明けて10日以上経ってから、ようやくまともに思考し、動けるようになってきた。
なもんで、12月21日を最後に手を入れてなかったこのブログをまた書こうという気持ちも生まれてきた。
でも、セキはまだ完全に消えていないので無理をしないようにしないと。

インフルエンザではなかったけど、念のためということで医師はタミフルを処方してくれた。
タミフルをとると、僕の場合は頭が「わー」としてきた。あの状態を的確に表現する言葉を僕は思いつかない。とにかく、「わー」なのだ。
同じ事を続けるのが難しくなった。頭が「わー」としているから。子供だったら奇妙な行動を起こしてしまうだろうなというのが、タミフルを摂取した感想。

ともかく、健全な社会生活に戻って来られた。2010年がようやく始まるという感じがしている今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »