« KISSの新譜『Sonic Boom』 | トップページ | Steel Panther がNHKに出てた。 »

おかしく感じるビジネスマナーの理由

コネタマで募集している「許せないマナー違反」ってほどじゃないけど、僕が気になるのは、――電話にでた直後、所属している組織名に続いて自分の名前まで告げる行為。

前にも同じような話題を書いたけど、あれをビジネスマナーとするのはちょいとおかしい場面もあると僕は言いたい。
業務によるので、間違っているとは言えないけれど、普遍的なビジネスマナーなんかじゃないと声をあげたい。

「名乗ることで責任の所在を明らかにする」という意味を挙げる人や文献もあるけど、電話にでた直後に名前を告げても、そこには所在を明らかにするべき具体的な責任がまだ発生していないじゃないか。
それなのに、責任の所在を明らかにする行為をするのは無意味だろう。
要件を承るときに具体的責任が発生して、それで責任の所在を明確にするために「○○が承ります(ました)」と自分の名前を告げるのであってさ。
(これが、サポート業務や通販の電話受付なら、電話にでることはそのまま注文や問い合わせなど要件を承ることだから、電話にでてすぐに自分の名前を告げるのは意味がある。)

結局、こちらが何か依頼したら相手が名前を告げるから、円滑・効率をモットーとするビジネスにおいて、告げる方も聞く方も二度手間が発生している。
二度告げてもいいじゃないかという人もいるだろうけど、ビジネスとは、しなければならないことをするものだ。「してもいい」程度のことはしなくていい。
相手に手間をかけさせないということで考えると、電話をかけてきた人に、こちらの名前を二度聞く手間をかけているわけでもあるし。
要件をつたえた後、もし、相手がうっかり名乗り忘れたら、こちらから名前を問えばいいだけ。

でも、電話に出た直後に自分の名前も告げるのが、僕の周りでは結構な範囲で正しいビジネスマナーということになっているようで、「電話にでたときに、名前を言わない人がいる」って不快そうに指摘する人がいたりして。

余計な風習ができあがったもんだ。やっぱりあの行為を正しいビジネスマナーとするのは無理があるよ。だってさ。――

A:「はい。○○産業でございます」
B:「Bと申しますが、Cさんをお願いします」
A:「かしこまりました。少々お待ちください」
C:「はい。Cでございます」

なんてやりとりが普通にあるけど、こんな会話で最初にAがBに名前を告げても全く意味がない。
電話にでたのが誰かなんてことを知っても、Bにとっては何の利にも成らない。
AがBに名前を告げることが、Cにとって何かの役に立つなんてこともない。

無い無いづくしだ。それなのに、なぜするんだ?

「要件を聞くときだけじゃなくて、電話にでたときにも、でた人の名前を言ってくれるとより丁寧な感じがしていい」なんて言う人もいるだろうけど、ちゃんとした大人なら、相手に二度名乗る手間を望んでそれに良さを感じてはいけないと僕は思うのだけど。
僕に言わせれば、「ご覧になられる 」とかの二重敬語をわざわざ望んでいるようなものだ。「敬語を重ねて使ってくれた方が、とても印象がよくていい」なんて、相手の二重敬語を褒める人がいたらその人はちょっと変だ。

それと同じで、名前を二度告げることになるかもしれない行為を、常に行うビジネスマナーとして良いことにしてはだめだと僕は思う。
名前を告げるのは、要件を承るときでいい。

なぜ僕は、あの行為にこんなに噛み付きたくなるんだろう。あらためて考えてみて気づいた。
必要ないのにあの行為をすることに、「やらされ感」や「意図的な操作」を僕は感じるからだと。
電話にでた人が、やりがいを感じ、活き活きと仕事に打ち込んでいたとしてもだ。

というのは、ビジネスの電話であの行為をするということは、何らかのやり方でそう学んだということ。
それはたぶん、「最初に自分の名前を告げたから、ちゃんとしなければ」という状況にもっていくことを組織が狙って、働く人に違和感や抵抗を感じさせずに、あの行為は良いことだと刷り込んだのだという気がするから。

そして、最初に名前を告げたからちゃんとしよう。――という思いの背景に、「ここから先は、ヘタなことはできなくなった」という "恐怖" が、ほんのわずかに漂うのを僕は感じるから。
ある前提や条件が成り立って、その影響で行動が制限される。そういうのを、 "枷" とか "縛り" って言うんだ。それで、他者から与えられた "恐怖" が "枷" や "縛り" になって働くのは、 "奴隷" って言うんだ。

電話にでた直後、所属している組織名に続いて必要がないのに自分の名前を告げる行為。――僕はそれに、外部からの操作によって、疑問を感じないように思考と行動を刷り込まれ、知らぬ間に何の疑いも持たないように奴隷化されている姿を見てしまう。

だから、僕はあの行為を好きになれないんだ。

|

« KISSの新譜『Sonic Boom』 | トップページ | Steel Panther がNHKに出てた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おかしく感じるビジネスマナーの理由:

« KISSの新譜『Sonic Boom』 | トップページ | Steel Panther がNHKに出てた。 »