« パープルとイングヴェイがやってくる。 | トップページ | トップ13。そして…… »

27秒の決着後に気になったのは……

録画しておいた総合格闘技『DREAM』の第8回大会。メインは、桜井 "マッハ" 速人と青木真也。

結果は、27秒でマッハの圧勝。

開始直後に速攻で打ち込んできたマッハに対して、高速で沈み込んで脚を取り、グランドにすぐに持ち込んだ青木。
でも、慌てず騒がずうまく返したマッハが、青木の顔面に膝蹴りを連発。さらに、青木の上体が少し上がったかとみると、今度はパンチを連打。慌てた様子で止めに入るレフリーという展開。

パンチにさらされている途中で、ふっと青木の意識が飛んだのがTVの画面でも感じられました。
いやぁなかなか鬼気迫る桜井選手の攻撃でした。テレビの前で興奮して叫んじゃったけど、見ていて怖くもあった試合でした。

解説の高阪剛が試合前に言ってましたが、「どれだけ冷静に、冷血に攻められるかが鍵」というのは本当でした。

今回の試合はウェルター級に上げてきた青木選手でしたが、今後はまたライト級でやっていくそうです。
負けはしたけど面白かったし、迫力ある試合をどんどん見せて欲しいです。

ところで、ぜんぜん関係ない話しだけど、試合後にリングサイドで涙を流していた青木選手。その彼と何か会話を交わしていた女性(女性だと思ったのだけど)が気になってしまった。

あの人は誰って?

泣き顔を隠しもせず、その女性に顔を向けて話す青木選手。そんな青木選手に耳を近づけて話す女性。
頬を寄せるようにして青木選手に顔を近づける姿は、まるで恋人。でなければ親族か――気になる――
(まぁ、彼女が誰であっても、観客が興奮する会場で会話するには耳を近づけるしかないけどね)

|

« パープルとイングヴェイがやってくる。 | トップページ | トップ13。そして…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 27秒の決着後に気になったのは……:

« パープルとイングヴェイがやってくる。 | トップページ | トップ13。そして…… »