« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

K-1 MAX 小比類巻太信が優勝

昨夜行われたFEG『K-1 WORLD MAX 2009~日本代表決定トーナメント』。小比類巻選手が、4年ぶり3度目の優勝を決めました。おめでとうございます。

小比類巻選手の試合を見ていて、以前に感じていたのは殺気の無さ。
「叩きつぶしてやる!」というような恐怖すら感じる殺気がないのが、なかなか勝利が得られない要因じゃないかと勝手に分析していたしだい。

でも、昨日の試合を見ていて印象がまた変わった。なんかテクニック不足というか試合の詰め方の不備というか、小比類巻選手が一番調子がよかったころと比べて、単純にヘタになっているような気が……

精神的な弱さをよく指摘されていたので、そちらの方面への強化に力をさきすぎたのかな? と思ってしまった。で、その分だけパンチやキック、コンビネーション、ディフェンス、試合運びなどの技術がちょっと錆びちゃったかなぁという印象。

たとえば、小比類巻選手の足技って、膝でも何でも前はもっと一発一発の精度が高く、鋭く、早かった印象があるのだけど……前蹴りの使い方も、もっとうまかったような……

とはいえ、昨日の試合の殺気は、今までに見られなかったぐらい漂っていて、それはそれで「いいぞ。小比類巻! いけいけ!」って気持ちになれた。
山本選手との決勝では、ダウンを奪ったあと、立ち上がる山本選手に戦意の確認をしているレフリーの背後に詰めるように近寄っていって、レフリーが脇にどけたらすぐにでも一発叩き込んでやろうとする攻めの姿勢をみせてたし。

果敢に攻める構えが見られたのはよかったなぁと。まだまだ足りないという気もするけど。「そこは続けざまにたたみ掛けないと! 引いたらいかんでしょ!」と感じた場面もあったから。

油断というか、緊張がとぎれたというか、ダウンを一度取られたのは、とても残念。
いい感じで試合を進めていたのに一発やられるというパターンは、以前にも小比類巻選手の試合で見かけられた悪い流れのような気がします。
そこの部分は、ぜひ克服して欲しいなぁ。

素人の感想で好き勝手言ってるけど、小比類巻選手を応援してるんだからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は、KANOZA

仕事仲間の女性のみなさんに、感謝の意で差し上げているバレンタインデーのチョコレート。
最近は、男性から渡すチョコを「逆チョコ」なんて呼ぶらしいですが、なんか軽薄な印象がして僕は好きじゃない。

ありがとうと言いたい。これからもよろしくと言いたい。大好きだよって伝えたい。そういう想いを込める。渡した方ももらった方も嬉しくなれる。贈り物ってそういうものだ。男性からでも、女性からでもいいじゃないか。軽薄な呼び名はやめて欲しいなぁ。

昨年は、北海道小樽市に本店がある『LeTAO』(ルタオ)というお店の『ロイヤルモンターニュ』をば。

そして今年は、島根県にあるKANOZAというショップの『KAnoZA焼チョコクッキー』。
店頭で味見させてもらって、風味があってしつこくなくて美味しかったから即決。このお品、単なるチョコクッキーと思ったら、よい意味で裏切られます。
チョコレートと言えばチョコレートだし、クッキーと言えばクッキーだしで、チョコのようなクッキーのようなしっとりさくさくというか、独特の食感に心を打たれたしだい。

島根県外でリアル店舗で購入できるのは、バレンタインデーの時期のみ。

オンラインショッピングすればいい話しだけど、そこは最初はリアル店舗で購入したものを味わってもらってから、「また食べたい」と思ったらオンラインを利用して欲しいというもの。

みなさんがお気に召してくれた。僕も嬉しい。

話しは少し変わるけど、妻と出かけたこちらのお店で、自分たち用に買ったのが『ショコラ・フォンデュ』。バレンタインデーの時期だけに作られる限定の一品。

これがすさまじく美味しい。試食させてもらって「美味しいねぇ」って感激。でも、そのときはなぜかそのままお店を離れてしまった僕ら。でも、やっぱり欲しいという話しになって引き返して衝動買いしてしまったほど。
サイトにある商品説明以上に言えることは無いのだけど、そのまま流用して僕も言いたい。

口どけがよく濃厚なガナッシュと、なめらかなブリュレが一体となった食べ心地は、サクサクとしたタルト生地と相まって、まさに感激の美味しさ。

しっとりと滑らかで、フワッと軽く、深いこく。
甘ったるいものを食べたあとに起きる口から喉へのカーッとした渇きや、もたれる感じが全くない。

甘さは最高に上品。

次回の機会は来年か。チョコ好きだけでなく、甘いもの好きな方には、ぜひ試してみて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河津桜、見てきました。

休日は、僕の誕生日祝いも兼ねて、妻と一緒に河津桜の見物に行ってきました。

よく晴れた午後でしたが、開催期間が始まって1週間ぐらいなためか、現地まで車の渋滞も無く、すいすいと行くことができました。妻が運転してくれたので、僕は助手席でのんびり。お気に入りの回転寿司屋さんでお昼も済ませて気分は上々。

一番近い駐車場にもすぐに入れて、人出もお祭り気分を盛り上げてくれるぐらいのほどよい感じ。

どの桜ももう満開と言っていい勢いで咲いていました。
今週末ぐらいが最高じゃないかな? お天気が気になるけど。

河津桜の開花情報などは、河津桜まつり情報局でどうぞ。
さっき見たら、トップページで、昨日満開を迎えたという河津桜の原木の写真が載ってました。「河津桜って何?」のバナーをクリックすると、原木のことや河津桜の特徴を知ることができますよ。

桜を堪能してさぁ帰ろうというところで、気になるパン屋さんを偶然発見。
パン工房 &(アンド)というのがそのお店。営業時間は、10:30~18:30(日曜お休み。売り切れ次第終了)
外からだと、全くの個人宅。看板がなかったら気がつけない。パンが並べてあるのも畳の間。軒先から注文して包んでもらいます。
心惹かれるパンをいくつかチョイス。今日の朝食にいただいたら、なかなか美味。
桜並木をぬける素敵なロケーションにあるパン屋さん。河津桜のころでなくても、このパン目当てにドライブしてくるのもいいかもと思ったしだい。

さっきGoogleで見てみたら「パン工房 & アンド」では出てこない。「パン工房 アンド 河津」と入れると行ったことがある人の感想がいくつか見つかりました。

愛する人。
楽しい時間を過ごさせてくれてありがとう。君と一緒にいろんな時間を積み重ねていけることが僕は嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »