« 助手席に片手を置くのは指導の結果? | トップページ | 河津桜、見てきました。 »

インドフードレストラン AAKASH DEEP

AAKASH DEEP (アカスディープ)は、神奈川県は湯河原にあるインド料理のお店。

昨年に湯河原の街中を走っていて、妻が「新しい店ができている」とみつけていたこのお店。行く機会がなかったのですが、仕事の休みに御殿場アウトレットへ出かけた帰りに立ち寄ることにしました。

場所は、湯河原のヤオハンのすぐ近く。「アカスディープ」というカタカナの看板が目立ちます。
席は30人分ぐらいかな。6人掛けテープルがいくつかあったり、2人掛けもあって、少人数にも大人数にも対応できそうでした。

僕が頼んだのは「バターチキンカレー」、妻は「マトンカレー」。ナンもいろんな種類があります。僕はプレーンナンを、妻はガーリックナンをオーダー。

バターチキンカレーは、なかなかに美味しかったです。トマトがベースのルーを口に運ぶと、上品でコクがある甘みが広がります。僕は甘口のカレーが好きなので、この甘みは嬉しかったです。ナンはとても大きくて顔が隠れるくらい。こちらも、ほのかな甘みがあって、もっちり美味しいナンです。

バターチキンは辛さが一番少なく、辛さマークが2か3、マトンは辛さマークが4個でした。バターチキンのひとつ上がマトンなんですが、けっこう辛い。
でもでも、辛さの中にちゃんと美味しさが控えています。辛さが苦手な僕でも、美味しさを感じることができました。日本人が食べやすいようにしてくれてるのでしょうね。

チキンもマトンもパサパサしてなくて、しっとり。ここのナンとカレーは点数が高いと僕は言いたい。

インド料理がお好きで、伊豆・伊東方面へのお出かけの際には湯河原・熱海を通られる方なら、根府川にある Cote de SARA (コート・デ・サラ)をご存じの方は多いと思います。
あちらのお店も美味しいナンとカレーが食べられます。そしてまた1つ選択肢が出来たのは嬉しいです。

比較してみると、ナンの味は、アカスディープの方がより僕好みかなと。カレーの味は高いレベルでいい勝負。僕は軍配をどちらにも上げたい。

店内のオシャレ度はあちらの方が上じゃないかな。
でも、アカスディープのお店のなかは、よりインドを思わせる雰囲気を感じます。

昔行ったムンバイの中心地からちょっと外れにある小さなお店を思わせる彩りで、なんだか懐かしかったです。僕のなかではインドっぽい色づかい。
あれで、天井に大型扇風機が付いてたら、僕にはもろインドって感じがしたと思います。

次に行ったときは、サモサやタンドリーチキンも試してみようかな。

AAKASH DEEP (アカスディープ)
湯河原町中央2-15-10 滝野ビル1F
TEL:0465-62-3301
営業時間:AM11:00~PM15:00 PM17:00~PM10:00

|

« 助手席に片手を置くのは指導の結果? | トップページ | 河津桜、見てきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドフードレストラン AAKASH DEEP:

« 助手席に片手を置くのは指導の結果? | トップページ | 河津桜、見てきました。 »