« マウスパッドは投げるものではない。 | トップページ | しっかりせんかい! »

Excelで、セルを方眼紙状にする。(方眼にはできない)

この記事は、自分用の覚え書きです。

エクセルで、セルを方眼紙状にするには、列幅を1.63にする。
(セルの見かけが真四角に近くなるだけ。厳密に方眼になっているわけではない。)

■印刷時に5mm四方のセルになるようにする
セル幅を2.14。
セルの高さを15。
これで、印刷時に5mm四方の方眼になる。
(厳密には5mmの方眼になっていないが、自分の使い方では実用に充分)

エクセルは、そもそも厳密な方眼を作るためにあるツールではない。
エクセルでは最初から、表示上の正確性を落としてでも速度を優先している。
(エクセルで正確な方眼は作れない。)


「Excel では、サイズの基本単位として「標準フォント」で指定されたフォントの幅をベースに、その時点でのプリンタ ドライバからの情報も合わせて計算で求められた「ポイント」を使用しています。この方法は、環境に依存しますので表示上の正確さには欠けますが、表示の度に表示領域と表示文字列の調整 (計算) を行わなくてすむため、速度的に有利になります。」
(出典:マイクロソフトの「サポート」ページ「異なる複数の Windows 環境で Excel ファイルを共有すると、印刷範囲、セルの幅、または高さが変更される場合がある」)

|

« マウスパッドは投げるものではない。 | トップページ | しっかりせんかい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Excelで、セルを方眼紙状にする。(方眼にはできない):

« マウスパッドは投げるものではない。 | トップページ | しっかりせんかい! »