« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

来日! MSG 

MSG (Michael Schenker Group : マイケル・シェンカー・グループ) の来日が新聞に載っていた。

神は生きていた。

「神-帰ってきたフライング・アロウー」に心振るわせた覚えがある人は、世の中にたくさんいるに違いない。

「Armed And Ready (アームド・アンド・レディ)」のイントロのリフに狂喜し、間髪入れずの「Cry For The Nations (クライ・フォー・ザ・ネーションズ)」でノックアウトされ、「Victim Of Illusion (ヴィクティム・オブ・イリュージョン)」で興奮し、「Bijou Pleasurette (ビジョー・プレジュレット)」のまさに流れるピッキングにひれ伏した少年少女たちよ。

神がやってくる。
神を仰げ。
神を迎えよ。

神は我々を見捨ててはいなかった。

Into The Arena も、Looking Out From Nowhere も、 Tales Of Mystery も、 Lost Horizons も聞けるのか?

Lights Out もやったりするのか? Doctor Doctor も聞けたりするのか?

って……Liveの日はたぶん仕事だ……

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明治の心理学博士『原口鶴子』

原口鶴子という女性をご存じでしょうか。
5月26日付の日経新聞「文化」の欄で、僕は始めて知りました。

26日の筆者は、映画監督の泉悦子さんという方。
泉監督は、原口鶴子の生涯を追って記録映画を作られました。

その題名は「心理学者 原口鶴子 の青春~100年前のコロンビア大学生が伝えたかったこと~」。

原口鶴子という女性は、今から約100年前、米コロンビア大の大学院で心理学の博士号を取得。米国の心理学博士号を取得したのは、日本人女性としては初だったということです。

明治40年(1907年)に渡米してからコロンビア大学に5年間在籍後に帰国したのですが、その3年後の29歳のときにお亡くなりなったそうです。

泉監督によると、学者として活動期間が短かったせいか、原口鶴子の名前はほとんど知られていないということです。

原口鶴子は、単に当時としては珍しい日本人女性心理学者というだけの人物ではなく、教育評価の分野で名高い心理学者 ソーンダイクという教授から高い評価を受けていたそうです。
彼女は自分自身を被験者にして「精神疲労の研究」という実験を行っていて、その論文は、今でも学生たちに奨励されてる研究書のなかに、「優れた実験例」として掲載されているのだそうです。

彼女は研究だけに没頭していたわけではなく、結婚し2人の子供もいました。

100年前といえば、「女に学問は必要ない」という考えがまだ多かった時代でしょう。
そんな時代の日本人女性が外国語を学び、学問のために渡米して、研究を続けながら妻となり母となることがどれほど大変だったか……

僕には想像できない大変さだったに違いないでしょう。
それでも、原口鶴子の生涯が平坦なものでなかったことぐらいは想像がつきます。

泉監督は次のように書いておられます。

持ち前の明るさと自由な精神で、理解し合えるパートナーと共に人生を切り開いていった鶴子には、今を生きる多くの女性が共感してくれるのではないかと思っている。

監督が少しふれているように、夫の理解と協力も不可欠だったと僕は思いたいです。
(夫は、早稲田大学教授をつとめた原口竹次郎)

結婚し仕事を続ける女性には、人生を一緒に歩むパートナーとしての夫の理解と協力が欠かせない力となるということも、僕ら男性はわかっておかなければいけないと思います。

愛する人。
僕は君の力になれているかい。

心理学者 原口鶴子 の青春オフィシャルホームページ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブルック・ホワイトーーー!!

スカパー!FOXで放映中の『アメリカンアイドル シーズン7』。
僕のお気に入り女性コンテスタント Brooke White (ブルック・ホワイト)が脱落してしまった。

トップ5になった状態から脱落するのは1人だけ。その1人になってしまったブルック。まったくアメリカの視聴者はあの爽やかな魅力がわからんのか!?

正直言って抜群の歌唱力って感じではなかったけど、それでもファンだったのだ。

ここまでよくやったよ。頑張ったよ。
彼女には何らかのオファーがぜひあって欲しい。

追いかけるよ。ブルック・ホワイト。
『アメリカンアイドル シーズン7』が終わっても、彼女についての情報は何かつかんだらここで随時書いていきます!!

MySpaceにある彼女のページでも歌声を聞くことができます。

注:
以前、この記事中で彼女のオフィシャルサイトとして、http://www.brookewhite.com/ を記載しましたが、 間違いでした。記事中に載せた上記URLとのリンクは削除しました。
正しいオフィシャルサイトは、http://www.brookewhitemusic.net/ です。

彼女のオフィシャルMySpace http://www.myspace.com/brookewhiteでの記載によると、 http://www.brookewhite.com は彼女自身または彼女の代理人が運営しているオフィシャルサイトではないとのことです。
(2009年03月16日追記)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

赤白黄色は合わせておこう。

特別に専門的な知識や経験はないけど、アンテナからきているケーブルをビデオデッキに繋いで、音声映像ケーブルでビデオデッキとテレビを接続するぐらいは、困ることなく僕はできます。

でもまわりにはこの手の音声映像機器へのケーブル接続が苦手な人が多い。

やってあげたり、教えてあげたりしていて気がついたのは、苦手な多くの人が、「IN(イン)」と「OUT(アウト)」という概念を理解していないということ。
INは「入力」、OUTは「出力」って書かれてあることもあります。

僕の周囲にいる人たちは、信号の流れがよく理解できていないから、迷う場合が多い気がします。

まず、ケーブルをどこへ指したかで機器が壊れてしまうなんてことはないので、ご安心を。
差し込める穴とプラグの太さ・形状は合っているので、違ってれば差し込めない。異なる太さのものをうっかり指してしまうなんてこともありません。

そして、「IN」と「OUT」という概念は理解しておくこと。

最後に、ケーブル接続に不慣れならとにかく落ち着くこと。落ち着いて IN と OUT という流れというか、結びつきを追っていけば迷っても大丈夫だと思います。

「IN」と「OUT」の概念というのは、「(映像や音声の信号が)入ってきて(IN:入力)」 → 「出て行く(OUT:出力)」という流れが基本ということ。

機材が何種類、何台あっても、基本はそれを続けて繋げていく。

「入ってきて(IN:入力)」 → 「出て行く(OUT:出力)」 → 「(出てきたものが)入ってきて(IN)」 → 「(入ってきたものが)出て行く(OUT)」 → 「(出てきたものが)入ってきて(IN)」 → 「(入ってきたものが)出て行く(OUT)」……

と続いていく感じ。

音声映像のケーブルって、プラグの根本が赤・白・黄色になってることが多いですよね。
ケーブルを接続する場所は、単純に、赤・白・黄色という色を手がかりにして、赤のプラグは赤の穴へ、白は白へ、黄色は黄色へって覚えておけばまず問題なし。

専門的にどう定義するものか僕は知らないから、おおざっぱに言いますが、ビデオデッキとかテレビだと、赤・白はステレオ音声の右左の専用ケーブル。黄色は映像の専用ケーブルって覚えておいたらいいと思います。

赤・白・黄色のうち、接続する機器によっては、ケーブルを差し込む穴が3色そろっていない場合もあります。
たとえば、白と黄色しかないとか。

その場合は、有る色を繋げて、残った色は何もせずに置いておく。
白は白へ、黄色は黄色へ繋げて、余った赤はどこへも指さずに垂らしておくだけとか。

とにかく、色を合わせる。それで、余った色のケーブルがあればどこへも指さずに放っておく。
厳密には、2色の穴の色に合わせて2本のプラグがついているケーブルを揃えるべきでしょうけど。余ったプラグをぶらぶらさせておくと、何かのときにノイズの原因になるし。

プラグの種類によっては、赤・白・黄色になっていない場合もあるけど、ケーブルの両端で「IN(入力)」と「OUT(出力)」のつじつまが合ってればOK。
片方が、「IN(入力)」に差し込んでいるなら反対側は「OUT(出力)」へ。逆もそう。片方が、「OUT(出力)」なら反対側は「IN(入力)」。

それから、迷ってる人に多いのが、機器の裏に書かれている区分がよくわからないという場合。

たとえば、僕の手元にあるビデオデッキの裏側には、「出力1と「出力2」とか書いてありますが、どっちへ指すんだ? って迷っちゃう人がいます。
この場合は、どちらを使ってもいい。出力1,2,3って複数あっても、どれを使ってもいいです。

もしそばに「テレビへ」とか「外部出力機器へ」とか書かれていたら、そこは素直にそれに従うのが一番。
「テレビへ」と書かれているところにはテレビを、「外部出力機器へ」と書かれているところには、テレビ以外の機器をつなげます。

言っておくと、「外部出力機器へ」と書かれているところへテレビを繋げて、「テレビへ」って書かれてるところへテレビ以外の機器を繋げても、ちゃんと映るし録画とかもできますし、どの機器も壊れたりしません。
でも、物事単純なのが一番覚えやすい。なので、書かれてる通りに素直に繋げるのが迷わないコツ。

どれへ指してもいいなら、なぜ「テレビへ」とか書いてあるんだという疑問をもつのは話しがややこしくなるから止めた方がいいです。ただ書いてあるもんだと理解してください。

まとめると……

・赤白黄色を合わせる。
赤のプラグは赤い穴へ。白は白へ。黄色は黄色へというように両端も合わせる。片方が赤に差し込んであれば、反対側も赤へ差し込む。

・機材が何台あっても、「入ってきて(IN:入力)」 → 「出て行く(OUT:出力)」 → 「(出てきたものが)入ってきて(IN)」 → 「(入ってきたものが)出て行く(OUT)」 → 「(出てきたものが)入ってきて(IN)」 → 「(入ってきたものが)出て行く(OUT)」……を続けていく。

・赤白黄色3色そろって無い場合は、IN(入力)とOUT(出力)のつじつまを合わせる。
片方が、「IN(入力)」なら反対側は「OUT(出力)」。
片方が、「OUT(出力)」なら反対側は「IN(入力)」。

■本当のことを言ってしまうと……
接続されている両端でINとOUTのつじつまがあっていれば、プラグと穴の色が異なっていても、音や映像は入出力されます。

入り口と出口が間違っておらず、そこを電気信号が通っていければいいわけ。プラグと穴の色は見た目で繋ぐときに判別しやすいという意味だから。

でも、ここを考え出すと不慣れな人にはややこしくなるばかりだから、基本として赤白黄色は合わせると覚えておいた方がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「バックれる」じゃなかった「ばっくれる」

某テレビ番組のクイズで、「ばっくれる」という言葉が「バックれる」じゃなかったことを初めて知りました。

正解は「しらばっくれる・しらばくれる」を省略した言い方。
「しらばっくれる」という言葉は知っているけど、「ばっくれる」とイコールで結ばれていませんでした。

僕は、「Back (バック)れる」だと思いこんでた。
Back っていう言葉の印象から、戻っちゃう・帰っちゃう・どっかいっちゃうって意味を連想してたから。
「Memo (メモ)る」とか「Copy (コピ)る」と似た感じで。

ちなみに、Googleで「バックれる」って入力すると、

もしかして: バックレる

って尋ねられます。

"れ" までカタカナにした「バックレる」もすごいなぁ。
その表記は思いつかなかったです。

こういう「言われたらわかるのに」という言葉の意味や語源とかを気づいてなかったりすると、悔しくてばっくれたくなります。
(落ちを付けようとして、「ばっくれ」の使い方ちょいと間違えてます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルック、危うし。

スカパー!FOXで放映中の『アメリカンアイドル シーズン7』の話し。

僕のお気に入り女性コンテスタント Brooke White (ブルック・ホワイト)がワースト3に入ってしまった。

前回の放送では、辛らつな批評で有名な審査員サイモンから「肉のないハンバーガーが出てきたようだ」と最低の評価をされてしまった彼女。

多くの視聴者もそう思ったのでしょうか。今回はワースト3入り。

視聴者投票という形での選出なので、誰かが最低投票数となる。
確率的にはとても低いだろうけど、同点最下位なんて結果になってそれをどうさばくか見てみたい気もするけど。

応援していると言ってる僕だってこんなのだから、視聴者って残酷なもんだ。

今期シーズン7で一番のお気に入りだった Michael Johns は、2週前に脱落。
彼の脱落はショックだった。

同じロックな路線の David Cook と、方向性がかぶっちゃったのが1つの敗因か?
歌唱力や曲を選ぶセンスということでは、Michael より David の方がはるかに上だと僕も思うけど。というか、声を聞いたときのぐっとくる引き込まれ度合いでは、今回のなかで David が一番だと僕は思う。

それでも、お気に入りは、Michael だったのだ。

そして、僕のもう1人のお気に入りが、Brooke White。
その彼女が今回はワースト3入り。

で、結果的に Brooke はセーフだったけど。う~ん。危なかった。

とかいいながら、本音を言っておくと、優勝は David Cook とにらんでいる僕は浮気者。

7人から6人になって、さらに厳しい戦いになってきた『アメリカンアイドル シーズン7』です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いや。彼女は綺麗だと思う。

Yahooのトップ画面でのニュース。
女性お笑いコンビ、ハリセンボンの箕輪はるかさんに彼氏がいるのだとか。

当該ニュースいわく、

ぽっちゃり系の相方、近藤春菜(25)とともにブサイクをネタにしてきた痩せキャラのはるかだが、ついに彼氏イナイ歴28年にピリオド。(5月12日配信 サンケイスポーツ)

なんて書いてるけど、僕は以前から箕輪さんはけっこう綺麗な人だと思ってた。

鼻筋も通っているし、アゴのあたりもえらが張ってなくてすっきりしている。
いわゆるスタイルがいいって感じではないだろうけど、そもそもが細身だから、衣服のサイズを気にすることなく着こなしを考えられる。

お笑いをやってるからあまりそういう面は表に出せないだけで、専門家の皆さんにちゃんとお化粧してもらって、似合う服をトップからボトムまでしっかり選んでもらったら、彼女はけっこうビジュアル的にいける気が僕はずっとしてるんだけど。どうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excelで、セルに入力する順番を設定する。

この記事は、自分用の覚え書きです。

エクセルで、順番に入力するセルを設定するには次のように行う。

1.入力したい順にセルを選択していく。
(2番目以降のセルは、Ctrlキーを押しながら選択)

2.最後のセルを選択したあと、一番目のセルをCtrlキーを押したままもう一度選択する。
この選択を忘れると、入力の開始時に一番目のセルにカーソルが来ない。

3.入力したいセルが選択された状態のまま、名前ボックスに適当な名前を入力する。
(メニューの挿入→名前→定義 で名前を定義しても同じ)

4.付けた名前を名前ボックスで選択すると、名前を定義したセルが選択された状態になる。

5.その状態でセルに入力する。Enterキーを押すごとに最初に選んだ順番でカーソルがセルを移動していく。

※一度だけの指定でよければ、2の手順のあとですぐに入力を始めてもよい。その場合でも、Enterキーを押すごとに選択順にカーソルがセルを移動する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンカツラーメントルコライスタコライス

学生のころに学食にあったメニューの1つ「トンカツラーメン」。
ラーメンの上にトンカツがのっているだけといえばだけのもの。

入学当初は無かった。たぶん、売れ残ったトンカツとラーメンを一緒にしちゃえ的な勢いでできたメニューだと思う。

けっこうお気に入りだった。お腹いっぱいになったから。

そういえば、母校の学食には「トルコライス」も存在した。
ちなみに、こちらは入学当初からあった。

トルコライスをご存じない方はおられるだろうか。
けっこう名が売れてきているので、知っている人の方が多いと信じたいが。

wikipediaにもその項目があり、「豚カツ・ピラフ・スパゲッティ・サラダを一つの皿に載せた料理のメニュー。長崎の洋食屋で一般的に見られ、長崎県以外で見ることはほとんどないローカルメニューである。」と説明されている。

トルコライスの美麗な姿の数々は下記のサイトで確認いただきたい。
トルコライス マニアックス

トルコライスを語ろうとする者ならば、知らぬはずがないサイトである。
トルコライスを語って、トルコライス マニアックスを知らぬ者がいたなら、そいつの話しはいっさい聞かなくてよい。そんな奴の話は、貴方の口座に入金するからと銀行のATMの前で操作を指示する奴の弁と同じだと考えていただきたい。

いつも楽しみに見ている Daily Portal Z のこのページも、トルコライスの写真が美しい。
当然、トルコライス マニアックスに話しが及んでいるが、独自に撮影したトルコライスの姿に愛を感じるのは私だけではないだろう。

さて、トルコライスを語りつつ自分のなかでもう1つ外せない食べ物を思い出した。

「タコライス」である。

もし、「日本の2大ライスと言えば?」と街頭で尋ねて出た結果ベスト10を当てよ! というクイズがあれば、「カレーライス」「オムライス」、「チキンライス」「ハヤシライス」は必ず上位に食い込んでくるだろう。
しかし、個人的には「トルコライス」、そして「タコライス」をぜひ挙げたい。

「たこライス」ではない。「タコライス」である。
スペルを書けば、"Taco Rice" だ。

トルコライスもそうだが、タコライスもwikipediaに独立した項目がある。
いわく、「タコスの具である挽肉・チーズ・レタス・トマトを米飯の上に載せた沖縄料理。辛みをつけたサルサ(スペイン語で「ソース」の意)を乗せて食べる。」のである。

世界のwikipediaにも載っているのだ。トルコライスに負けていないのだ。偉いじゃないか。
こうなるともう、何が一番偉くて凄いのかよくわからないが。

トルコライスの世界に、トルコライス マニアックスがあるように、タコライスの世界にはタコライス公式サイトなるものが存在する。

沖縄ハム総合食品株式会社という企業が運営するその名も 「タコライスタウン」がそれである。

タコライスを知らない御仁は今でもけっこうおられるが、かつてと比べればずいぶんと市民権を得てきていると思う。
私がその存在を初めて知ったころには、「タコライス」といって通じ合える人は私の周囲には私以外に2人しかいなかった。

今ではいろいろとバリエーションも出てきたタコライスだが、上記のタコライスタウンのトップページでは、その当時の私が出会った姿そのままのタコライスを見ることができる。

このページを初めて見たときに私は「そうそう。これよこれ!」とコンピュータの前で声を出してしまったほどである。
ご飯・挽肉・チーズ・レタス・トマトの絶妙なバランスをぜひご確認いただきたい。

特にトマトが最上部に位置していることを忘れずに見て欲しい。

トマトは最上部。
それがタコライスの美学である。

一度、トマトをご飯の側面に置いたものを見かけたことがあるが、残念でしかたなかった。
運んでくる最中に落ちたのかと思ったのだが、その配置の仕方に意図を感じたので、あれは落ちたのではないと思う。

タコライスでは、トマトは最上部。
そのことは努々忘れないでいただきたいものである。
(ちなみに、努々は「ゆめゆめ」と読む。)

トンカツラーメントルコライスタコライス。
私の人生のなかでの出会いの黄金比率である。
なんこっちゃ……

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »