« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

君は、セクスィー部長を知っているか。

『セクスィー部長』が帰ってくる。
セクシーではない。セクスィーだ。

NHKが放つバラエティー番組『サラリーマンNEO』に登場するセクスィー部長。

彼の本名は、色香恋次郎(いろかこいじろう)。初登場は、2007年4月10日。
初登場で最初のセリフは「そいつは、悲しすぎるよ」。そして、去り際のセリフは、「ビジネスと色恋は……1つになさらないように」
(そういえば、初登場のときは南野陽子演じる相手役の会社に訪問していたのだけど、何回目からは自分がいる会社に相手が訪ねてくるという設定になっていた。南野陽子の会社にいたはずの清掃員のおじさんはそのまま出てたのに……)

セクスィーさで知られるセクスィー部長だが、その魅力はセクスィーだけではない。セクスィー部長は乗馬もこなすことがシーズン2では明らかになっている。

驚くことに、人智を越える力をも発揮するセクスィー部長。拳を強く握りしめて蓄積したセクスィーは、枯れた花を美しくよみがえらせるのだ。

さらには、セクスィー部長は飛行能力をも有する。
ただし、その能力の発揮を見た者は少ない。私の知る限り、去りゆくセクスィー部長を写メに納めようとして追った1人の清掃員が、何かしらのエネルギー噴射音の中で、「空飛んだ……」というつぶやきを残しているだけだ。

セクスィー部長が登場するバックの曲は、「El Alma」(by Dragon Ash)。
そして、セクスィー部長が、見る者を虜にする際に流れる曲は、ゲイリー・ムーアの「パリの散歩道」。

ロングサスティーンを勘違いしてカルロス・サンタナだと思ってた人がいたみたいだけど、違うぞ。

セクスィー部長のセクスィーにもピンチはあった。
最初に私がそれを見たのは、カリスマモデルの「稲垣憂」(いながきゆう)の登場時だ。

憂は、セクスィー部長のセクスィーを「たいしたことない」と一刀両断。しかし、セクスィー部長の敵として存在するにはまだまだ小物過ぎた憂。彼女は、セクスィー部長の「パリの散歩道」の前にあっさりと散ったのだ。

特筆すべきは、インターネット広告会社「ニューエージェント」の社長「如月凛子」(きさらぎりんこ)の登場だろう。
彼女は、セクスィー部長に唯一抵抗と呼べるレベルの動きをみせた。

凛子は、セクスィー部長の無敵のセクスィー「パリの散歩道」を耐えてみせたのだ。それだけではない。自分のジャケットのボタンをはずすと、セクスィー部長に向かって逆に "セクシー" を仕掛けさへもした。

一瞬くらつくセクスィー部長。そして、稀代の名勝負が始まった。

凛子のセクシーにセクスィーをさらに返すセクスィー部長。ぐらつく凛子。だが再度耐えてみせ、もう一度セクシーをみまう凛子。

飛び交うセクスィーとセクシー。

そして、凛子は、ついに女性だからそこ可能なセクシー……禁断の「タイトスカートで脚組み」を出してみせる。
戦いの行方を見守っていた社員たちを気づかって「みんな伏せろ!」と叫ぶセクスィー部長。もうやるしかない。繰り出されたのは、「パリの散歩道 ドレスシャツの襟立て」。

崩れる凛子……

手強かったが、凛子の放ったセクシーは、"セクスィー" を凌駕するものではなかった。しょせん "セクシー" にしかすぎなかったのだ。
だがこの場合は、セクスィー部長にそこまでの力を発揮させた凛子を讃えるべきだろう。
セクスィー部長 色香恋次郎の心を一瞬とはいえぐらつかせた女性として。

そんなこんなのセクスィー部長。
シーズン2では、「セクスィーは一日して成らずだよ」の言葉を残して旅に出たセクスィー部長。

4月6日。サラリーマンNEO シーズン3でついに再始動だ!!

セクスィー部長の詳細な情報は、こちら

追伸
凛子との名勝負はありがたいことにインターネット動画で見ることができる。
火花を散らすセクスィーとセクシーをぜひあなたの目でご覧頂きたい。

ただし、自分でみつけて欲しい。
セクスィー部長のセクスィーを体験するのに、それくらいの労は惜しまないで欲しいのだ。
なんといっても、セクスィーは一日して成らずなのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ヤマダ電機が元旦営業を中止

家電販売の大手『ヤマダ電機』が、1月1日の営業を止めると発表しました。
社員のワークライフバランスとCO2削減効果を考えた結果だとか。

ヤマダ電機グループ「1月1日(元旦)の全社休日」のお知らせ (2008/03/26)
(リンク先はPDFです。ヤマダ電機のプレスリリースのページは、こちら。)

僕はいいことだと思います。

小さいころは、正月三が日はどこもお休みで、1月1日から3日はつまらない日だと思っていました。スーパーや百貨店が4日から行う初売りが楽しみでもありました。

でも、いつのころからか、スーパーも百貨店も元旦も営業するようになっていきました。
1日はお休みだけれど、2日には開店となったときは幼心に嬉しかったなぁ。

今では1日から営業は当たり前です。

子供だったから、正月に親に連れてもらって買い物にでかけられるのは嬉しいという記憶がありますが、働いている大人の人にしてみれば、休めていた日がなくなっていったんですよね。

他の日に代わりの休みを取れたとしても、家族と一緒にいられた正月が消えてしまうわけです。

正月から開店していた方が便利だという声が多かったのかなぁ。お客様満足とかあったのでしょうね。
でも、お客様の満足よりも何よりも先に、企業が一番に大切にしないといけないのは働いている人たちだと僕は思うんです。

だって、いっしょに働く仲間なんだもの。仲間をまず大切にしないとおかしいでしょ。
仲間には少々辛い思いをしてもらっても、お客様優先というのは違うと思う。

CO2削減とか、家族での時間とか考えると、お客という立場からも、なんでもかんでも快適さを求めるのではなくて、少々の不便があってもそれはそれでよいという想いになれることも必要なのではないかなぁ。

私のお客様は貴方。貴方のお客様は私。
そうやってつながっているのが世の中だしね。

元旦に働かなくなれば、その分、収入が減っていやだという従業員さんもいるでしょう。それでも、ヤマダ電機の場合は、元旦は休みたいという従業員の方が多かったんだろうな。

誰かが休めば、そこをビジネスチャンスだと見て、誰かがその隙にビジネスを始める。お客側も便利なもんだし、特に不満を言う話しでもないのでそっちの方へ行ってしまう。そうなると、休んでた人は休んでいられなくなる。

「ここはお互い休もうぜ」っていって、ビジネスをする側を抑えるようなお客がいてもいいと思うなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカンアイドル シーズン7お気に入り

『アメリカンアイドル シーズン7』がスカパー!FOXで放映中。

シーズン6は、Jordin Sparks(ジョーダン・スパークス)が優勝。Blake Lewi(ブレイク・ルイス)が準優勝で幕を閉じました。

そして、シーズン7。
今度はどんなスターが誕生するか。

僕のお気に入りは、男性ならMichael Johns(マイケル・ジョンズ:オーストラリア)、女性なら、Brooke White(ブルック・ホワイト:アリゾナ州)。

マイケルは、声量もあってワイルド&セクシーな歌声で聞かせてくれます。
でも、シーズン6のときも感じたけど、ロックが得意な人は歌いこなせる引き出しが狭い場合がある。ラテンとか他のジャンルをどんな風に歌いこなせるかは未知数。

ブルックは、可愛らしい笑顔で清純な優等生って感じ。落ち着いた歌声を聞かせてくれます。
でも、ビートの激しいダンサブルな曲だと、あの声はちょいと不利かも……

2人とも、今後、課題曲を指定されるようなことがあると、そのあたりが難しくなるかな……なんて勝手に想像して楽しんでます。

そういえば、今シーズンは楽器をもって歌えるんだね。演奏にも自信があれば、そこでも自己アピールできるぞ。
(シーズン6のときには、楽器をもって歌う人がいなかっただけかな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手羽先の水炊きは幸せの味

仕事から帰ってくると、妻が用意してくれた晩ご飯。

まずはスープだけを召し上がれと出してくれたスープは鳥肉の風味がしっかりときいた味わい深いスープ。

それに続いて出してくれたのが、手羽先。
これを入れたスープが最初に出てきたものかと想いながら手羽先をいただく。
これまた美味。肉はとても軟らかくなっていて、箸で持ち上げただけで骨がぽろりと外れる。ぱさぱさせず、しっとりと美味しい。

そして最後に出てきたのが、手羽先、椎茸、キャベツが入った煮込み。
妻が手本にしたレシピでは、「水炊き」と書いてあったそうな。

お気に入りのルクルーゼで煮た具材。キャベツの甘み、椎茸の香り、手羽先のうまみがあふれんばかり。
野菜もたっぷり取れるのが嬉しい献立。

今日一日あったことなどを話しあって、幸せで美味しい時間に涙がこぼれる。

愛する人。
いつも素敵で楽しい時間をありがとう。

僕は君に出会えた幸せを宇宙に向かって叫びたい。
いつまでもいつまでも仲良くいよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実写版『マッハ号』、まもなく始動。

かつての人気テレビアニメ『マッハGoGoGo』の実写化。
アメリカでは、『スピード・レーサー』というタイトルで放映されていたもの。

日本では7月5日に公開。
3月20には、宣伝ポスターが公開されました。かなりの秘密主義で進めているようです。

ちょいと面白いところでは、真田広之が出ているとか。
Wikipediaにも載ってたけど、監督は『マトリックス』シリーズで有名なアンディ&ラリーのウォシャウスキー兄弟。

オフィシャルサイトではTRAILERが見られます。
『スピード・レーサー』オフィシャルサイト
http://www.speed-racer.jp
覆面レーサーや、くりおと三平も出てくるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再結成! フラワートラベリンバンド

伝説のロックバンド『フラワートラベリンバンド』が再結成された。
FUJI ROCK FESTIVAL '08 への出演も決まっている。

いやぁすごいなぁ。
ずっと前だけど、日立のカラーテレビのCMに彼らの『MAKE UP』という曲が使われたりした。
あれは衝撃的なCMだった。

といっても、何にも感じない人の方が多いだろうなぁ。

あるいは、往年のヒット映画『人間の証明のテーマ』を歌ったジョー山中がボーカルだったロックバンドといえば少しは何かを感じてもらえる人が増えるかな。
「母さん、僕のあの帽子どうしたでしょうね……」というセリフが印象に残ったあの映画の "ママー……" って始まる曲を歌っていたのがジョー山中。Queenじゃないよ。
(ちなみに、あのセリフは西条八十の作品『ぼくの帽子』からの引用)

フラワートラベリンバンド オフィシャルサイトもちゃんとある。
FLOWER TRAVELLIN' BAND
http://www.flowertravellingband.com/

もちろん、youtubeでだって再結成告知は載っているぞ。
ここでかかっているのは、彼らの『SATORI』という曲。
この曲で、彼らはカナダにおいてヒットチャートNO.1を穫ったのだ。

Flower Travellin' Band reunion
http://youtube.com/watch?v=Jnz-zZ55fgM&feature=related

(映像はリンク先で確認して欲しい。彼らの再結成のニュースへのリンクや、再結成パーティーの簡単な報告、flickrでの彼らの最新のphotoなどへのリンクもあるから。)

正直言って『SATORI』を初めて聞いたときは、「やっぱ海外へ出ていこうと思ったら、日本っぽいものやんないといけないんだよなぁ」ってちょっと悔しかった想いがあった。
でも、『SATORI』 の熱というか、ディープさというか、エネルギーというか、存在感というか、完成度というか、言い表しようのない "それ" は、あの当時の日本では他になかった。そう言う意味では、孤高の存在なのだ。


彼らのファンはどこにでもいるのだ。
youtubeで見つけた『MAKE UP』

JOE with FLOWER TRAVELLIN' BAND / MAKE UP

これが、当時の日本のロックバンドの音だとは、いま聞いてもびっくり。

伝説の復活か、新たな降臨か。
心ある者はこの出来事から目をそらすな!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マイラインのセールス電話が何度もかかってくるわけ。

○○代理店「□□」と申します。
そんな切り出しでかかってくるセールス電話。

「以前からお使いいただいている電話、マイラインなんですが、このたびさらにお安くなりまして……」と始まる。

忙しいときにこういう電話にでるとイライラします。
まぁ、あちらもお仕事なので丁寧にお断りしますが。

マイラインは、登録料金に税込み840円が必要なだけで、登録したことで月々利用料金が発生するというものではないし、登録=通話料金が安くなるというものでもありません。(ニアイコールではあるけど)

僕もよくわかっていなかったのでちょいと調べると、「マイライン」というのは、一言で言えば「いつも使う電話会社を選択できるサービス」のこと。

「あらかじめ利用する電話会社を決めておくことで、通話の際には電話会社の識別番号をダイヤルせずに、その電話会社を利用できる」というのが「マイライン」。
電話会社識別の番号を使うと、そのときはその番号をもった別の会社を使えます。

利用する電話会社を常に同じにしておきたいという場合は、「マイラインプラス」というサービスがあります。
この場合、たとえ電話会社識別の番号を使ってもその会社を使うことになりません。

どちらにしても、「マイラン」というサービスの内容は、電話会社の識別番号をダイヤルする必要がなくなるだけ。

ただし、特定の電話会社を使うことに決めると、その電話会社のサービスを利用するときには割引が受けられるというのが一般的です。
たとえば、NTT東日本をマイライン登録しておくと、NTT東日本のサービスを受けるときには割引があります。(マイラン登録していない会社のサービスについては、マイラインに関わる割引はない。)

だから、マイラインへの登録=通話料金が安くなるではなくて、ニアイコール。
意味合いとしては、「うちの会社をいつも使うって決めてくれたのでお安くします」割引だね。

この「マイライン」、どこか特定のいち組織が提供しているサービスではありません。
「マイラインへ登録」というと、専門組織があって、そこへ申し込みして自分の電話ではA社さんを使いますって登録しておくようなイメージがあるけど違います。

我々ユーザー側から使いたいという思う会社に、「あなたのところを使うって決めます」って連絡するのが、「マイラインへ登録」という作業。

マイライン事業者協議会という組織はあります。そこに参加している複数の企業が同じ「マイライン」という名のサービスを提供しています。
「電話をするときはうちの会社を使うって決めて欲しいなぁ」「マイラインでうちの会社を選択してくれたら、いろんな割引があるんだけどなぁ」と選択されることを希望している会社が何社も集まって、ユーザーに選択してもらおうと競い合っているというわけ。

参加企業は、NTTコミュニケーションズやNTT東日本、NTT西日本、KDDI、ソフトバンクテレコムなどなど、10数社。
ソフトバンクテレコムなんてソフトバンクテレコム0041とかソフトバンクテレコム0061とか複数の通話区分をもっていたりします。

そんな状況なもんだから、たとえばある会社の代理店から「マイラン」についてセールス電話がかかってきたのを断っているのに、同じ会社の別の代理店から同じマイランのセールス電話があるという次第。
代理店としては、マイラインプラス(いつも同じ電話会社を使う)を獲得できれば、電話会社からいわゆる販促金が出るでしょうから。

これが、マイラインのセールス電話が何度もかかってくるわけ。

マイラインやマイラインプラスについての詳細は、マイライン事業者協議会による優先接続制度の広報サイト。
http://www.myline.org
をみてくださいね。

マイラインへ登録することで得られる割引については、使いたい電話会社のサイトやサービス窓口で確認してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dio & Malmsteen

ロニー・ジェームズ・ディオとイングヴェイ・マルムスティーンの共演。
曲名は、エアロスミスの『Dream On』。

youtubeを見ていてみつけたもの。
う~ん、確かにこの共演は見てみたい。

これ作るのにけっこうな時間がかかったろうな。
演奏部分はピッチを上げたり下げたりでどうにかつながるだろうけど、歌唱部分はどうやったんだろ?
『Dream On』の歌詞に出てくる単語を地道に拾ってつなげたか?


追記:
ぜんぜん違った。
投稿者が "create this virtual duet" って書いてあったのをみた僕の思いこみ。音源に合わせて、動画を作ってみたという意味だったのね。
この音源は "TRIBUTE TO AEROSMITH NOT THE SAME OLD SONG AND DANCE" という企画アルバムからの本当の共演だとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝復活! デイリーポータルZテレビ

伝説の企画『デイリーポータルZテレビ』が復活していました。
1週間前に。今日まで気がつかなかった。

「トップページの右下にひっそりと誕生」(by デイリーポータルZ編集部)です。

直にリンクを張ったり、リンク先を開いてからブックマークに登録したりしてはいけません。

『デイリーポータルZ』のトップページを開いて、ブラウザのスクロールバーを下におろして、トップページの一番右下を見られるようにしたら、そこをクリックする。

デイリーポータルZ編集部のみなさんの想いに適った、それが視聴を始める正しいマナーだ……と思う。

以前のURLは残っていますが、そこでの公開ではありません。
『デイリーポータルZ』のディレクトリの下にぶらさがってます。

負けるな! デイリーポータルZテレビ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

零崎曲識の人間人間

西尾維新の新作、『零崎曲識の人間人間』(談社ノベルス)を読了。

いやぁ面白かった。1日で一気に読んでしまった。
こういう雰囲気は、僕は好きです。

最終話「ラストコルラストの本懐」でじんときて、心の中で「曲識ぃ~~!」って叫んでしまったぞ。

あと一作、人識の話しで人間シリーズは終わりだとか。
そうなると、気になるのは「寸鉄殺人(ペリルポイント)」。一族で最も有名なその人の話はないのか?

レン、アス、トキで零崎三天王となってるし、とりあえずは出ないんだろうな。
(リルを含めて零崎四天王だと僕は思ってたんだけど。)

でも、西尾維新のことだから、どこかでひょっこり出てくるかもね。

■わかる人だけにわかる話し。
ボ "ト" ルキープではない。ボルトキープだよ。

さっきgoogleで、ボトルキープと少女趣味を組み合わせて検索したら、1,610件。
ボルトキープと少女趣味を組み合わせたら、572件。

でも、零崎曲識とボルトキープなら、704件。
零崎曲識とボトルキープなら、239件。

ちなみに、講談社BOOK倶楽部のWebページでも、“少女趣味(ボトルキープ)”って書いてあった。
というか、トップページで「キーワードで探す」を使ったら、ボルトキープでは「該当データがありません」って言われた。

ボトルキープで探したら該当した。
西尾維新作品の普及活動を、講談社さんはもっとがんばってした方がいいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ブリトニー・スピアーズの新曲プロモ公開中

正直ほとんど聞いたことがないブリトニー・スピアーズだけど、新曲のビデオクリップが面白かったです。
本人らしき女性キャラクタが登場するSFアクションアニメーション。数分のアニメーションにしてはずいぶんとストーリーを作り込んでいるような……

ラストには、TO BE CONTINUED なんて思わせぶりな文字も。
このアニメーションで映画公開なんてことを考えてるかな?

ビデオクリップは、日本では昨年発売されたアルバム「ブラックアウト」からの3番目のシングル "Break the Ice "(ブレイク・ジ・アイス)のリリースに伴って作られたもの。

専用サイト
www.BlackoutBall.com
で公開されています。

なお、日本時間では明日3月14日の午後14時までで、見るにはパスワードの入力が必要。
ログインすれば、iTune へのダウンロードもできる。
チャットルームもあるから、ブリトニーファン同士なら世界中のブリトニーファンとおしゃべりもできますよ。

実は、上記のURLに接続して、ある作業をすればパスワードがたちどこにろわかります。
人によっては、偶然でパスワードを知ることになるかも……僕がそうでした。

解くのが難しいパスワードじゃ、誰にもビデオを見てもらえないもんね。

それでもわからないという人には、ヒントは以下の通り。

ビリー隊長と訓練を乗り切ったらいっしょに叫ぼう !
懐かしのヒット映画「トップガン」。ケニー・ロギンズが歌った主題歌のサビで、ハイウェイの先にはどんな領域が ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows XP で使用者の名前を変更する。

この記事は、自分用の覚え書きです。

マイコンピュータの「プロパティ」で表示される「使用者」を変更する。

1.「スタート」から「ファイル名を指定して実行」を選択

2.regedit と入力してレジストリーエディタを起動

3.次のようにたどっていく。
HKEY_LOCAL_MACHINE
SOFTWARE
Microsoft
WindowsNT
CurrentVersion

4.レジストリエディタの右側で、RegisterdOwner をダブルクリック

5.「文字の編集」画面が開くので、「値のデータ」欄にある名前を変更

組織名を変更するなら、RegisteredOrganization をダブルクリック。

MS-OFFICEをインストールしてあった場合、この方法で使用者を変えてから、OfficeのCD-ROMを使って追加インストールやプログラムの削除をしようとすると、「間違ったボリュームがドライブに挿入されています」というエラーが表示される。
インストール時に使った元の使用者に戻すとこのエラーは表示されなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pat Travers をご存じか。

Pat Travers(パット・トラバース)をご存じだろうか。
「知る人ぞ知る」と言って過言ではない。「伝説の……」と言って過大ではない猛烈にかっこいいギタリストである。

若かりし頃、僕が彼を最初に見たのはテレビでだった。
もうちゃんと覚えてないけど、確か海外アーティストのプロモーションビデオを紹介する番組だったと思う。

そこで、僕は彼の "Hooked On Music" を見たのだ。
いっぱつでやられてしまった。

翌日、友人たちに「パット・トラバースって知ってるか? 無茶苦茶かっこいいぞ」と、さもオレは知ってたぜという感じで吹聴しまくった。
でも、初めてみたくせに知ってたようなそぶりをしたのがいけなかったのかもしれない。友人たちはいまひとつ興味を示さなかった。

否、正直に言おう。僕の表現の仕方が悪かったのだ。

パット・トラバースの演奏。そのすさまじいほどの緊張感と目の(耳の?)離せないスリリングさ。

そう「スリリング」だ。

その当時の僕は、「スリリング」という表現を知らなかった。
だから、友人たちにどんな感じだったかと話す際に、「ナイフの刃の上を渡っていて、今にも落ちそうな、切れそうなで、でも落ちない・切れないっていうギリギリのところでナイフの先まで刃の上を渡っていく感じ」と説明したのだ。

それがいけなかった。
彼らは言った。「そんな危なっかしい演奏するヤツなんて聞きたくない」と。

嗚呼、Rockの神よ。私の言葉を許し給え。
彼らには罪はないのです。私の言葉が彼らをつまずかせました。

「そのうち失敗するんじゃないかと心配になる危なっかしい演奏」というふうに彼らには伝わってしまったのは私のせいだ。

もし、パット・トラバースの日本における評価が実力に比べて低いというなら、そうなった原因の1つには私の発言があるに違いない。(それはないか……)

まだMTVなんて無かったころ、ビデオデッキなんてお宝も実家にはなかった。だから、彼の姿を残しておくすべは当時の僕にはなかった。

時は流れて、よい時代になったものだ。
その伝説のギタリストの演奏を、youtubeで見ることができる。それも "Hooked On Music" をだ。

やっぱり、当然、どこまでも、限りなく、くらくらするほど、なんと言ったらよいか、どうしたらいいかわからないぐらいに、ひれ伏したくなるほど格好いいぞ。

これを見て、「パット・トラバースの嫁になりてぇ!」と思ったとしても恥じることはないと思う。

若いときの失敗はもうしたくない。彼については、これ以上なんだかんだと言わないで見ていただくに限る。
パット・トラバース。
ぜひ多くの方に見て、聴いていただきたい。

アルバムなら、ライブ盤 "Live! Go for What You Know" がお勧めである。

ちなみに、知っている人は知っている (あぁ、二度使ってしまった……) が、このライブ盤でドラムを叩いているのは、トミー・アルドリッチである。
(トミー・アルドリッチがよくわからないというなら、この話しにはもうつきあわなくていいから、布団を被って寝てなさい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どちらの呼び名でも

生け花に特殊な加工を施して、数年ぐらいは綺麗なままで保つようにしたのが、プリザーブドフラワー。
綴りは、"Preserved Flower"。

でも、同じものを指して、ブリザードフラワーという呼称もあるようです。

ブリザードフラワーの方に綴りをあてるなら、 "Blizzard Flower" なのかな。
「何年も綺麗なまま」というところから、「吹雪にさらされて凍り付いた古びることのない花」というイメージなんだろうな。

日本語としてはどっちが絶対に正しいというものじゃないみたいです。
ゴールデン・ "レ" トリバーとゴールデン・ "リ" トリバーのようなものかと。

そもそも話しからすると、"Preserved Flower"(プリザーブドフラワー)の方が正しいといえば正しいようですが。

プリザーブドフラワーを開発したのは、Vermont Inc.(ヴェルモント)という企業。
ヴェルモント・ジャパン株式会社のサイトにある説明によると、

花を贈る、贈られるときのときめくような思い出をとっておきたい・・・。
その願いをプリザーブドフラワーが叶えます。
 ヴェルモント社は1991年に生花の特許保存技術を世界に紹介して以来、“Everlasting Flower Manufacturing”「永遠に咲き続ける花の保存法」の開発に着手しました。特殊オーガニック保存液を使い、ヴェルモント社開発特殊保存技術により花の形状、手触り、ボリューム、色を限りなく生花に近い状態で保存しました。脱水、保存液および染料の吸収、水抜き、乾燥の4工程を繰り返し生花の特徴をできる限り残しました。

なんだそう。

どちらの呼び名でも、大切な人への贈り物としていつまでも美しい花はいい選択だと思います。

ヴェルモント・ジャパン株式会社のサイトは、こちら
英語とフランス語で閲覧できるサイトは、こっち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excelで、株式会社という文字列を抜いた一覧を作る。

この記事は、自分用の覚え書きです。

エクセルで、株式会社を意味する文字列を省いた一覧を作るには、次のようにSUBSTITUTE関数を使う。

=SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(A2,"株式会社",""),"(株)",""),"㈱",""),"(株)","")

A2以下に入っている社名

株式会社カタカナショウジ
日本株式会社
XYZ株式会社
ABC(株)
株式会社あいうえお
(株)全角括弧
㈱機種依存文字
(株)半角括弧

が、次のように表示される。

カタカナショウジ
日本
XYZ
ABC
あいうえお
全角括弧
機種依存文字
半角括弧


1つのセルで処理することにこだわらない。
次のように4つの作業セルに分けて処理しても得られる結果は同じ。

・B2セル以下
=SUBSTITUTE(A2,"株式会社","")

・C2セル以下
=SUBSTITUTE(B2,"(株)","")

・D2セル以下
=SUBSTITUTE(C2,"㈱","")

・E2セル以下
=SUBSTITUTE(D2,"(株)","")

SUBSTITUE関数に限らず、関数に慣れていない人にとっては、最初の式(関数をネストさせた式)では見づらくてわけがわからない。
1つずつ分けて処理すれば式が見やすくなる。

業務で作るファイルは自分以外の人が見てもわかりやすく作っておくことが大事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古泉迦十、戻ってきてね

復活して欲しい作家さん『古泉迦十』。
講談社の文学賞メフィスト賞第17回受賞者。受賞作が、今のところ唯一の作品である『火蛾』。

『火蛾』を読んだときには、その不思議な空間に引き込まれてしまった。

驚天動地、奇想天外な驚愕のトリックと謎とかいう作品ではないけど、物語を構築する力がすごいと僕には思えた作品。

ご本人。いったいどこで何をしておられるのか。
ぜひぜひ新作を発表して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オバマさん。やっぱりそう思ってる?

米大統領選指名を勝ち取るための演説。
民主党のバラク・オバマ上院議員が、"We can change the world." って言っていました。

「世界」とはねぇ。

やっぱり「米大統領 = 世界を変えられる」という認識をもっているのかな。
アメリカ合衆国のことを、"the world" って呼んだのだと思いたいけど。

そういえば、米大統領って就任のときにはキリスト教の聖書(たぶん、新約聖書)に手を置いて就任宣誓を行うんですよね。
一国の長が、いち宗教の神に誓って証言に嘘はないと宣誓するのは、恐ろしいといえば恐ろしいかも……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それは、価値観

会社で使う接客マニュアルの作成を手伝っていたときのこと、何人かの "お偉い方" が出してきた原稿を校正していると、"聴く" と "聞く" が混在していることを発見。

全部を対象に、"聞く" に統一して担当者に戻すと、しばらくして、「"聴く" と "聞く" は使い分けて書いていたそうで、他者の話をより集中して、よりよく耳を傾けるという意味のときは、"聴く" なんだそうです」との連絡。

失敗した。

"お偉い方" が書いた原稿なんだから、一言ご意向をうかがえばよかったと後悔してももう手遅れ。
全てのページを確認して、"聞く" が入った文章を抜き出し、それぞれに "聞く" あるいは "聴く" なのかをお尋ねするということになってしまった。

ところが、原稿をお書きになった "お偉い方" も、細部に渡って神経を使って書いたわけでもなかったようで、なんともやっかいな手間が発生してしまった。

「お客様の話を "聴く"」なんてときにはわかりやすかったのだけど、「お客様から "聞いた" 話しを他部署に伝える」とか、"きく" という表現を漢字にしたときに、より集中して耳を傾けるといった意味だけでは、どっちなのかうまく判別が付かないものがでてきた。

それだけではない。

"聞く" と "聞く" を使い分けているというなら、たとえば、「お客様にお尋ねする」とか書いておくべきところなのを「お客様に "きく"」なんて表現をしている箇所もあったもんだから、もう何が何だかわからない。

"お偉い方" 本人が書いた原稿なんだけど、書いた本人でさへ、"聞く" なのか "聴く" なのかよくわからない。
なんで "聞く" に統一しちゃったんだみたいな言い方までされる始末。
(もともと厳密に書き分けることができてなかったのにさ……)

「わからないことは、うやむやにせず "きいて" みる」なんていったいどっちのつもりで書いたんだ?

悔し紛れに、僕の手元にあった広辞苑を調べても、"聴く" という字に「他者の話をより集中して、よりよく耳を傾ける」という意味は載っていなかった。
でもそのときには、そんなこともう何の役にも立たなくて、結局、最後までどうにかこうにかやりましたよ。

「全てのページを確認して、"聞く" が入った文章を抜き出し、それぞれに "聞く" あるいは "聴く" なのかを確認する」作業を。

「しっかりと集中して耳を傾ける」という意味を出したいときに気分的に何となく "聴く" という字の方がしっくりくるって感じて使っているだけなんだろうに。

書き手の気分で漢字にこだわらないでよね。

気分で漢字にこだわるというのとは違いますが、価値観という字は、価値 "感" と書くと主張する人がいます。

前にも似たような話を書いた覚えがあるけど、会社の同僚が経験したことです。

クライアントさんのところで、会議室のホワイトボードに価値観と書いたところ、「 "観" は "感"ですよ」と指摘を受けたそうです。

そのときの同僚は、自分は間違っていない旨を説明したのだそうですが、その後、違うところでも同じ指摘をされる経験を何度かしたそうです。
そのたびに同僚は、「"感" ではなくて、 "観" でいいのだ」という訂正をしていたのですが、そのうち面倒になってきて、今ではもう、価値 "感" って書くようにしているのだとか。

漢字として、価値 "感" という書き方も正しいかどうかなんて興味ないですが、僕としては価値 "観" と書きたいです。
だって、昔からずっと価値観って書いてるし、僕が使っているATOKでも、「かちかん」には「価値観」としか変換候補には出てこないしね。

ちなみに、「"感" は、"観" ですよ」という指摘は今のところないのだとか。
ひょっとして、世間一般的に、価値 "感"ってことになっちゃってる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しく焼けるよ。BB-HB10

ZOJIRUSHI 自動ホームベーカリーパンくらぶ BB-HB10。
新しく我が家に加わった頼もしい仲間。

以前からホームベーカリーには興味があったのですが、ちょいとお値段が気になって手が出なかった。

でもこの間、妻がチラシで見つけた販売価格10,000円。メーカー希望小売価格, 31500円 が、なんと10,000円。
価格.comで見ても、この金額は無かったという怒濤の大安売り。

会社から帰ったら、妻から「買ってもいい?」という相談が……金額をきいて即決。

あまりに激しい安売り金額なため売り切れになるのが心配で、チラシを見た次の日に会社帰りに妻といっしょに電気店へ。

たった1台だけ棚にあったコイツをふんづかまえるようにしてカゴに入れてレジへGo。
どうやら、本当にそれが最後の1台だったよう。
製造年月日をみたら2008年になっていたから、古くなった在庫を処分というわけでもない。なかなかいい買い物をしたんじゃないかと妻といっしょに悦に入ってます。

で、その結果は、美味しいパンが焼けます。
音もうるさくないし。
「もちもちコース」という機能をもっていて、それで焼くと確かにもちっとしたいい食感のパンができあがりました。その他にも、「ふんわり」「ソフト」という2つのコースを備えているBB-HB10。

「○時間後に焼き上げる」という予約設定は、10分単位で最大13時間後まで行うことができます。
(○時に焼き上がるようにという時間指定はできません)

フタの上部にほどこされた「ガラス窓」から、焼き加減が見えるのも何とはなく楽しい。

BB-HB10。これお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »