« エスカレーターの片側を空けるのは配慮であって、マナーじゃない。 | トップページ | キキのお母さんに会ってきました。 »

消費者をバカにしないで。

『東京ミシュラン』が発売されましたね。それまで気軽に行っていたお店でも、掲載されると敷居が高くなったようで行きづらくなるという意見も聞きました。

勘違いをして、いきなり態度が大きくなったりするお店がでないで欲しいですね。

そういえば、態度が大きいということで思い出しましたが、僕がテレビで見たなかで今までで一番態度が大きく感じたのは、大塚ベバレジが発売している某お茶開発に関わった人たちのなかの1人の言葉。

番組内容は、そのお茶を開発して世に出すまでを追ったドキュメンタリでした。
そのなかで開発に関わった1人が言ったのが、「誰もが飲んでくれなくてもいい。一部のトレンドリーダーを気取っている人たちが飲んでくれたら、それでいいんです」という言葉。

テレビを見ていて驚いた記憶があります。
僕が社長なら、この担当者を呼びつけて、テレビで何ということを言うんだと説教してやるのにと思ったものです。

マーティングの考え方としては間違っていないと思います。
マーケティングで、"リーダー" と呼ばれる層の人たちは、最新のものやサービスにいち早く接する人たち。そのあとに続くのが、"フォロワー" と呼ばれる層。

某お茶を、"リーダー" 層が楽しみだせば、"フォロワー" 層が付いてくるという考え自体はいいとして、それを口にして表現するときに、"トレンドリーダーを気取っている人たち" というのは無いと思う。

以降、僕はその某お茶を飲むのをやめてしまった。
自分が、"リーダー" なのか "フォロワー" なのかそういうレベルの話ではなくて、ああいうことを平気で公言する人が関わったものを口にしたくないと思ったから。

売れる売れないで物事を考えすぎないようにして欲しいものです。

|

« エスカレーターの片側を空けるのは配慮であって、マナーじゃない。 | トップページ | キキのお母さんに会ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費者をバカにしないで。:

« エスカレーターの片側を空けるのは配慮であって、マナーじゃない。 | トップページ | キキのお母さんに会ってきました。 »