« いつまでも幸せなときを。 | トップページ | Rじゃないよ。Lだって。 »

ターボジャムのお値段は……まぁ納得。

ビリー隊長にお世話になったり、あるいは少しでも興味をもった人なら、「シャーリーン・ジョンソン」を知らない人は少ないと思います。

ビリー隊長と同様に、テレビ通販でお馴染みの『ターボジャム』の考案者であるシャーリーン。
この人もテレビ通販でよく見かけるので、ちょっと気になって調べてみました。

シャーリーン・ジョンソンは、スペルでは、"Chalene Johnson" と書きます。
『ターボジャム』だけではなく、Turbo Kick, PiYo といった独自のエクササイズを展開しているようです。

Turbo Wear なんてブランドで衣類も展開してます。

彼女がどのような製品を展開しているかは、 こちらのページが詳しい。
(Turbo Kick や Turbo Wear に関しては、ドメイン名も取得してる。)

PiYo というのは、サイトにあった説明をざっと読むと、ピラティスとヨガを組み合わせたもののようです。
"ピ" ラティスと "ヨ" ガの組み合わせだから、PiYo なのね。たぶん……

上記リンク先の説明によると、彼女は最初に、1998年に Turbo Kick を考案したようです。 続いて、2000年に PiYo を考案。
その後、キックボクシングやダンスなどなどから、カロリーを消費しやすい動きを選んで、一連の動きとしてまとめて2006年に発売したのが Turbo Jam のようです。

ちなみに、上記のサイトによると、彼女は、Powder Blue Productions という企業のCEOなんだとか。
a multimillion-dollar fitness company ていう記述がされているけど、売上げ規模は、いくらなんだろ?

日本で発売されているもののお値段は、DVD2枚にガイドブックやトレーニングブック、サイズ記入表やメジャーがついて、約1万6千円。
DVDの内訳は以下のよう。
まず、DISC1には、
・Learn & Burn (約25分)
・20 Minute Workout (約20分)
・Turbo Sculpt (約40分)

DISK2には、何が入っているのか見つけられなかった。

エクササイズの他にも、シャーリーンのプライベート映像なんてのも入っているらしいけど、そんなの欲しい人がいるのかな?

上記のサイトで購入できるものは、DVDが5枚になってます。
それと、Turbo Sculpting Gloves というグローブと、"Elite 11" flash cards さらに、Turbo Results step-by-step guidebook 、24/7 online support というのが付いているという表記も見られます。送料込みで $72.80 になります。

1ドルが113円として、8千数百円。

英語版のDVD5枚のラインナップは、以下のよう。
・Learn & Burn (30 minutes)
・Turbo Sculpt (40 minutes)
・20 Minute Workout (20 minutes)
・Cardio Party (45 minutes)
・Ab Jam (20 minutes)

単純に金額を比べると倍になっているから、ぱっと見ると高いような気がするけど、日本語吹き替えを収録するコストがのっていると考えると、それも仕方ないかも。

翻訳作業ひとつにしたって、翻訳者を手配して翻訳して、日本語の原稿を作ってから文字校正して、それを吹き込んでくれる人を手配して、スタジオをおさえて音声を吹き込むという流れはけっこう時間とコストがかかると思う。

音声を聞き取って原稿にしていく作業は、なかなか大変。
僕も会社で研修の様子とかのビデオを見ながら、講師が話した内容をコンピュータで入力していくという作業をすることがあるけど、あれは疲れるのだ。

日本語でしゃべっていたってそうなのに、英語の台詞を映像の長さに合うフレーズで日本語に直して、画面にあてていく作業は手間がかかるに違いない。

もともと、ちゃんと台詞をしゃべってくれてるから、自由に話しているものと比較すると原稿に起こすのは楽だとは思うけど、それでも鼻歌交じりなんてことはないはずだし。

たぶん、日本で発売されているものは、TVショッピングの視聴者が購入の意志決定をしやすくなる現実的な価格を、まず設定して始まっている気がします。

その設定金額で売り出すには、あの内容なんだろうなと想像するしだい。映像をいくらか削るというのもそういう理由からかも。

あるいは、権利の関係やら何やらで、中身を削らないといけない理由があったりでもしたかな?

海外のものを翻訳して発売するときって、なんだかんだとけっこう難しいのだ。
うちの会社も、某国際的ビジネスコンサルタントの著書を翻訳・発刊したことがあるけど、大変だった。

権利関係のエージェントが決まっているときは、まだやりやすいようだけど。

DVDでも事情はそうは変わらないだろうなぁ。

ところで、彼女のブログらしいものがみつかるけど、あれってたぶん本人のブログだと思う。
上記のサイトに掲載している写真と同じものを使ってるし。


「旬の話題ブログ」のページに掲載されて、スタッフの方からコメントが入ってます。

掲載されてたことは知ってたけど、「掲載されました」とかわざわざ書くのは、なんかはしゃいでるみたいで照れくさくって、特に何もふれずに普段のままにしてました。

で、スタッフの方のコメントが入るより前にたまたま下書きしてたのがこの記事。

旬と言えば言えなくもない内容なものだから、 あらためてそういうコメントが入っちゃうと、また掲載されるのをねらってるみたいに見えるかもしれないしで、公開でしづらないなと思ったのですが、そんなねらいで書いたのではないことは自分が一番よく知ってるし、せっかく書いたのだからやっぱり公開しちゃおうと思ったしだい。

|

« いつまでも幸せなときを。 | トップページ | Rじゃないよ。Lだって。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ターボジャムのお値段は……まぁ納得。:

« いつまでも幸せなときを。 | トップページ | Rじゃないよ。Lだって。 »