« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

今朝の朝食は、僕が。

妻の体調があまりよくないので、今朝の朝食はしごく簡単ではありましたが僕が作りました。

料理は得意ではないので、たいしたことはできません。
ご飯は炊飯器が炊いてくれるので、あとはちょっとしたおかずを用意するだけ。

まず、お味噌汁を作ることにしました。
野菜は、トマトを少し切って、あとは納豆を。

結局、それなりに手がかかっているのはお味噌汁だけというありさまです。

昨晩のうちに、妻に教えてもらって準備。

鍋に2人分の水をはって、昆布をつけたら約30分待ちます。
そのあと火を付けて、やや沸騰するぐらいまでになったら鰹節をぱらっと入れる。
おだしを取るときは、蓋はしない。魚の匂いがこもるから。
ぐつぐつと煮立てないように火力を調整して、鰹節が全体的に沈んだら、さっと火を止める。

それを濾して、おだしのできあがり。

お米を洗って、炊飯器もタイマーセットして用意万端。

目覚まし時計は、いつもより20分ほど前にセット。それで、髭を剃ったり髪を整えたりしてから朝食の用意にかかれるはず。

そして、今朝。
目覚ましの音とともに躊躇無く起き上がり、まずは身支度。

その間に、妻が目を覚ます。

昨晩用意したおだしをお鍋にはって火を付ける。沸騰させないように、弱火にする。
具として、冷蔵庫にあったお豆腐を少々切っておく。豆腐はどれぐらい切ればよいかは、妻から教えてもらってさっと用意。

切った豆腐を温まってきたおだしのなかに入れて、軽く一煮立ち。これで、お豆腐でいったん下がった温度が上がってくる。

これでできあがり。

ご飯を茶碗へ。
トマトは薄切りにして皿へ。
納豆は、僕らはいつも1パックを半分っこ。たれをかけて、さぁ召し上がれ。

妻はあまりまだ食欲が戻ってきてないので、これくらいで量はいいかなと思っていたのですが、冷蔵庫にあったレトルトのミートボールを温めたらどう? って僕に気をつかってくれた。

レンジですぐに温まるからと、妻がさっと用意してくれました。
まったく……妻の負担を減らそうとしているのに、気をつかわせてしまった。昨晩からいろいろアドバイスをもらいながらの用意だったし。いまいちダメな夫です。

それでも、食事の用意をしてくれて嬉しいと妻は、喜んでくれました。
お味噌汁がとても美味しいと。

「もう少しお味噌を増やした方がよかったかな?」と尋ねると、「そうね」と妻。
その方が、うま味と塩味がきいて、おだしがもっと美味しくなるったような気がします。

嬉しい、嬉しいと何度も妻が言ってくれた今朝の朝食。
僕は、この人と一緒になれて本当によかったと思います。

愛する人。
たいしたものを作れないけど、こんなんでよけば、これからもできるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MSWordで「テキスト形式で貼り付け」を実行するマクロ

この記事は、自分用の覚書です。

ワードで「テキスト形式で貼り付け」マクロ

Sub テキスト貼り付け()
'
' テキスト貼り付け Macro

Selection.PasteSpecial Link:=False, DataType:=wdPasteText, Placement:= _
wdInLine, DisplayAsIcon:=False
End Sub

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excelで、全角・半角や大文字・小文字を変換する。

この記事は、自分用の覚え書きです。

エクセルで、全角を半角に変えたり、大文字を小文字に変えたりする。

■半角文字を全角にする
=JIS(文字列)

■全角文字を半角にする
=ASC(文字列)

■小文字を大文字にする
=UPPER(文字列)

■大文字を小文字にする
=LOWER(文字列)

■英単語の先頭文字だけを大文字にし、2文字目以降は小文字にする
=PROPER(文字列)

漢字やひらがなは、これらの関数では影響を受けない。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

Excelで、エラー表示しないようにする。

この記事は、自分用の覚え書きです。

エクセルで、エラー値を非表示にする。

例:セルC1に、 セルA1/セルB1 の計算結果を表示させるとき、
セルC1に、
=IF(ISERROR(A1/B1)=TRUE,"",A1/B1)
と入力する。

=TRUE を省略して、 =IF(ISERROR(A1/B1),"",A1/B1) と入力することも可。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excelへの入力の際、重複入力を防ぐ。

この記事は、自分用の覚え書きです。

エクセルで入力するときに、重複したデータを入力できないようにする。

1.重複を禁止したいセルの列範囲を選択。

2.メニューバーの「データ」→「入力規則」を選ぶ。

3.「データの入力規則」ダイアログが表示されるので、「設定」を選ぶ。

4.「入力値の種類」の欄から「ユーザー設定」を選ぶ。

5.「数式」欄に次の式を入力。
たとえば、A2からA50までの範囲を重複禁止にしたいなら、
=COUNTIF($A$2:$A$50,A2)=1

6.「データの入力規則」ダイアログで「OK」ボタンをクリックして完成。

注意:コピー貼り付けしたデータは入力できてしまう。


・Excelへの入力で、コピー貼り付けでの重複を防ぐ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Excelの表から重複するデータを省く。

この記事は、自分用の覚え書きです。

すでに作ってあるエクセルの表から、重複データを省いた表を作る。

1.表に列見出しを作っておく。

2.メニューバーの「データ」→「フィルタ」→「フィルタオプションの設定」を選ぶ。

3.「フィルタオプションの設定」ダイアログボックスが表示されるので、次のように設定する。
抽出先 → 選択範囲内
リスト範囲 → 重複を省きたいデータが入力されている範囲
検索条件範囲 →(この欄は、入力しなくてよい)
抽出範囲 →(この欄は、入力しなくてよい)
重複するレコードは無視する → チェックを入れる

4.「OK」ボタンをクリックすると、重複していないデータだけになった表が表示される。

元のデータを全て表示するには、メニューバーの「データ」→「フィルタ」→「すべて表示」を選ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

Excelで、0や未入力のセルを無視して平均を出す。

この記事は、自分用の覚え書きです。

エクセルで、セルに数字の0(ゼロ)が入っていたり、未入力のセルがある表の中で平均を求める。

■みなが理解しやすいやり方が一番よいやり方。

なんであれ、「どんなやり方をするべき」かというものはない。関わる人たちが理解しやすいやり方をするのが一番よい。

どんなやり方をするにしろ、業務に関わる人たちができるかぎり理解しやすいやり方をすること。

業務で作るファイルは自分のものではない。
みんなのものなので、自分以外の人が見てもわかりやすいように作っておくのが大事。

■文字列を入れておくことを検討する。

「空白のままでなければならない」、「0 を入れておかねばならない」といった具体的な理由がないのであれば、文字列を入れておくやり方がある。

空白のセルや 0 を入れているセルに、「不明」や「NA (Not Applicable)」、「ゼロ」といった文字列を入れておけば、AVERAGE関数で平均を求めるときも、SUM関数で合計を求めるときも、文字列が入ったセルは無視してくれる。
数字の 0 を入れたセルは、SUM関数では無視して合計するが、AVARAGE関数では無視してくれずにデータの個数として数えられてしまう。

このやり方であれば、何をしているのかを誰もが理解しやすい。

■関数を使って処理するやり方

1.平均値を表示したいセルを選択。

2.選択したセルに、次の数式を入力。
  =SUM(平均を出したいセル範囲)/(COUNT(平均を出したいセル範囲)-COUNTIF(平均を出したいセル範囲,0))

(例)平均を出したいセル範囲がA1:A10なら
=SUM(A1:A10)/(COUNT(A1:A10)-COUNTIF(A1:A10,0))

上の式なら、指定したセル範囲のうち、0が入っているセルと、未入力のセルも除いたデータで平均が計算される。

SUM関数は、「セル範囲に含まれる数値をすべて合計」する。
COUNT関数は、「範囲内の数値が含まれるセルの個数」を返す。
COUNTIF関数は、「指定された範囲に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数」(ここでは数値の 0 の個数)を返す。

未入力のセルは無く、必ず0が入っているという場合は、次のような式でもよい。

=SUM(A1:A10)/COUNTIF(A1:A10,"<>0")
(この式の場合、未入力のセルがあると平均を計算するときにデータの個数として数えられてしまう。)

Excel2007以降なら AVERAGEIF関数が使える。未入力のセル、0が入っているセルが混在してても平均を返してくれる。
=AVERAGEIF(A1:A10,"<>0")

※一つのセルに式を入れることにこだわらない。

一つのセルに複数の関数を重ねた式を入れなければならない具体的な理由があるか? を考える。

それが無いのなら、「一つのセルに全部の式を入れたい」という単なる「自分の好み」でしかない。
エクセルを仕事で使う際に、「自分の好み」でファイルを作ると、周囲への迷惑になることのほうが多い。
(関数を重ねた数式は読み解きづらい。)

作業セルを用いて、
1. SUM関数で「セル範囲に含まれるすべての数値の合計」を求める。

2. COUNT関数で「範囲内の数値が含まれるセルの個数」を求める。

3. COUNTIF関数で「指定された範囲に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数」を求める。(数値の0の個数)

4. 2. の答えから 3. の答えを引く。

5. 1. の結果を 4. の答えで割る。

というようにセルを分けて計算したほうが、計算過程で何をしているかが、誰でも理解しやすい。

冒頭の「文字を入れる」やり方をする際にも、数値が入った列はそのままにしておきたければ、その隣に一列――作業列を――追加して、そこに同じ値をコピーし、空白のセルや 0 を入れているセルに文字列を入れてやれば、その列でAVARAGE関数を使うことができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パワーポイントで整った印刷物を作ろうとするな!

パワーポイントで、見栄えのよい印刷物を作ろうとする人たちが、僕の周りにはけっこういます。

僕としては、それはやめた方がいいと思っています。

ファイルを作っている人は、文字や画像をペタペタと並べて、自分の好きなように配置できるので、使い勝手がよいように感じているようです。

でも、それを印刷するように依頼された人は、やっかいな事態に遭遇する場合があります。たとえば、余白です。

せっかく作った美しいデザインやレイアウトを、パンチ穴で損ないたくないと望む人たちは、印刷したときにパンチ穴がうまい位置にくるように調整を求めます。

それが、僕としては馬鹿らしくてしかたがない。
そもそも、パワーポイントは、「印刷物を作らないで、プレゼンテーションを可能にするツール」なのに。

それが証拠に、パワーポイントには、印刷プレビューの機能は付いていません。でも、全く印刷する機能がないというのも、それはそれで困るので、配付資料を作る印刷機能は備えているという程度です。

そんなツールなのに、きれいに印刷できるようにあれこれ考えてさわるというのが時間の無駄のように思えるんです。印刷を自分でやるにしても、他人に依頼するにしても。

本当に整った印刷物を作りたいならDTPとか、ワードプロセッサーを使うしかないだろうに。

とにかく、パワーポイントを使うということは、そう決めた時点で、整った印刷は求めないということだと思うのですが……いかがでしょう?

※パワーポイントの新しいバージョンでは、印刷プレビューがあるんですって。それでもやっぱり、整った印刷物をパワーポイントで作ろうとするのは止めようよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2着だって、世界記録保持者を抜いたんだ!

陸上競技の第11回世界選手権第2日目の26日に、大阪市の長居陸上競技場で男子100メートル決勝が行われましたね。

優勝は、タイソン・ゲイ(米)選手。9秒85で初優勝なのだそうです。
9秒77の世界記録保持者であるアサファ・パウエル(ジャマイカ)選手は、9秒96で3着だったとか。

ということは、ゲイ選手とパウエル選手の間に、2着の選手がいるということ。

ゲイ選手と、100m世界最速男の称号をもつパウエル選手との一騎打ちがあまりに話題を集めたせいなのか、2着の選手名は、あまり扱われていないようです。

いま僕の手元にある27日付の日経新聞には、その選手の名前は載っていません。テレビニュースでも、2着になった選手の名前を言っていたニュースは、僕は見てないです。

もうちょっと扱い方ってものがあるだろうが! その人だって、現世界記録保持者よりも早かったんだからさ。

で、それは誰か?

現世界記録保持者より早かったもう1人は、デリック・アトキンス(バハマ)選手。
結果は、9秒91でした。

何にも知らない人だけど、がんばれアトキンス選手!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ウィルスバスター2007でpingを許可する。

この記事は、自分用の覚え書きです。

1.「不正侵入対策/ネットワーク管理」をクリック。
2.右側の画面(現在のプロファイル)のところで「設定」をクリック。
3.使用しているプロファイルを選んで、「編集」をクリック。
4.例外ルール(プロトコル)タブを開いて、「追加」をクリック。
5.例外ルールの名前は任意でつける。
6.次のように設定して、OKをクリック。
・方向を送信
・アクセス処理を許可
・プロトコルタイプをICMP

| | コメント (1) | トラックバック (0)

人工衛星は見えるのだ。

ずっと前にも書いたような気がするけど、あらためて…

人工衛星は地上から見える!

厳密に言うと、夜空を移動する光点として視認できる。

ということを最初に言ってないためか、僕が「人工衛星って見えるんだよ」って言うと、たいていの人はすぐには信じない。
ニュースとかで見かけるような、四角形とか円筒から昆虫の触角のようにアンテナが突き出ているモノを想像するからでしょう。

でもさぁ、100km以上の上空を飛んでるのに、そんなものはっきりと見えるはずがないでしょうが!

僕は幼いころ亡くなった祖父に連れられて、実家の玄関先で人工衛星が夜空を横切っていくのを見たことがあります。

祖父は、現役の頃は理系の教師で、とくに天文に関心があったようで、教師を辞めたあともずっと「天文年鑑」なんていう専門誌を購読し続けていました。
遊びに行ったついでに、「天文年鑑を買ってきてくれ」って、ちょっとしたお小遣いとともに何度か頼まれたことを覚えています。

たぶんをそれに人工衛星の軌道が方角や時刻とともに載っていて、いつの夜ならどこの場所から、どの方角に何時頃なら見えるということを、祖父は知ることができたに違いない。

それがいつの話だったか何も覚えてないけど、「人工衛星を見ないか?」と祖父に誘われたちょうどその夜が、うちの実家が建っている位置から見える軌道を人工衛星が通る日だったのでしょうね。

最初に祖父が見つけてくれて、祖父が指さす方をみると、飛行機のように点滅はせず、白っぽい光点がすーっと夜空を移動していくのをみつけることができました。

僕はそのときもそれ以降も特別に天文に興味はもっていませんが、それでも、移動していく人工衛星を見たことがあるというのは印象深い思い出です。
だって、今まで誰に話しても、同じ経験をしたことがある人に出会ったことがないから。けっこう珍しい幸運な体験だったんだろうと思います。特別にどこかへ出かけるわけでもなく、玄関先で見上げることができたんですからねぇ。天気もよかったし。

同じような軌道をどのぐらいの頻度で人工衛星が通っていくのか知りませんが、何かの機会があればまた見たいなぁと思っています。

「天文年鑑」を買ってみるかな。
そしたら、空に行ってしまった祖父が乗っかって手を振っている姿が見えるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トランスフォーマー、見ました

夏休みの初日に見に行ったのが『トランスフォーマー』。

いやぁ、面白かった。
妻は単なるアクションものだと思ってて、あまり興味がなさげでしたが、一緒に見てみると、けっこう気に入ってました。

お話の展開がスピーディーで、恋愛やベッドシーンなどなどの余計な描写もなく、すっきりと楽しめました。

なんと言っても、自動車や戦闘機などからの変形がすごい。
よくもまぁ、あんな特撮を作れたものです。

それに、ビーム兵器やミサイルなどなどの遠距離攻撃型の兵器ばかりに頼らず、蹴って殴ってという肉弾戦が繰り広げられるのも迫力があっていい。

細かいことをいえば、変形前後で物理的に不可能な質量転換を行っていたけど、そんなことをこの映画の欠点としてあげるのは野暮ってもの。

そういう科学的なリアルさが重要になる映画ではないし、ありえない動きが、ありそうに見えるというところが大事。
おぉすごいすごいって楽しんじゃえばいいのだ!

後半、善悪のロボットと人類の三者が入り交じった市街地での戦闘は、めまぐるしいほどの場面展開で迫力満点。

ちょっと不満を述べると、『オプティマスプライム』は、日本で放映されていたアニメを知っている身としては、『コンボイ』と呼んで欲しいところ。

それと、よくわからなかった点が少々。
まず、はじまりがなぜあの場所での戦闘なのか? それがよくわからなかった。
それに、最後に "例の物" を "ああいう風に" に使おうと、いつどうやって思いついたのかがわからない。
あとね、似たような配色のボディが多くて、組んずほぐれつになると、誰が誰だかわからなくなってしまった。

まぁ、これらは僕が追いついてないだけといえばそうで、決して映画のせいではない。

スピーディーな展開と迫力ある場面がすごい『トランスフォーマー』
単純に話の流れに乗って楽しんで欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この夏は山中湖へ。

妻と2人で山中湖に行ってきました。

1泊2日の旅行。
僕の仕事の方がうまくスケジュールが読めなかったので、「行こう」となったときには、このくらいの日程でしか取れるところがなかった。ごめんね。

でも、行ってよかった2日間。
宿でも、外でも、美味しい食事に恵まれていたし、お気に入りのベーカリーも訪ねることができた。

特に、宿で出してもらったハウスワインがとても美味しくて、どこのワインかを尋ねたら、一宮町にある「ルミエール」というワイナリーのワインだとか。

チェックアウトを終えたら、まずは「パノラマ台」に車を走らせ、そこからの絶景を堪能。
暑くもなく、雨も降らず、少し雲は出ていましたが、雪が解けた富士の山を見ることもできました。

そのまま、あらかじめ行くつもりにしていた山中湖湖畔のワインショップ「ふじたや山中湖店」へ。

教えてもらったルミエールを探すと、ありました!
でも、具体的な銘柄までは聞きづらかったので、昨晩飲んだ味の記憶をたよりに、たぶんこれじゃないかなと2人の意見が一致したものは、2種類。

でもせっかくだからと、2つとも 購入。

他のお客様への接客をうかがっていると、お店の方は、物腰柔らかで知識も豊富なご様子。ワインのことはよく知らない僕らにとっては、頼もしい味方に見えました。

ルミエールのワインをレジにもっていって、「これ昨日いただいて、とても美味しかったで、あって嬉しいです」とお伝えすると、ルミエールのワインは、政府御用達のもので、外国の要人が訪日されたときなどに出されるのだとか。
あまり知名度は高くないですが、老舗のワイナリーなんだそうです。

そんな知らなかったことも教えてもらえた嬉しい出会い。

味の方は、通好みの味だとおっしゃってましたが、僕らがいただいたものはふわっと巨峰かマスカットかというようなブドウの香りが残って、飲みやすくて、うっかりすると飲み過ぎてしまうのでは思ってしまうぐらい。

勘を頼りに購入した2本のワインが、僕らが飲んだものであって欲しい。
口に含めばわかるなんてことはないのだけど……そう思いたいでしょ?

氷穴も見ました。とてもひんやりとした空気で、夏の暑さを忘れさせてもらったひととき。

車の中でも宿でも2人でずっと一緒。嬉しく楽しい時間を過ごしてきました。

愛する人。
2人で過ごしたこの夏の時間は、ずっと忘れない思い出になるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピクルスって複数形。

ピクルスって複数形だったんですね。ピクル(pickle)の。

好きな食べ物の1つなのですが、はじめて知りました。
そもそもから「ピクルス」という名だと思ってた。

ずっと前の記事で書いたけど、「バルサミコス」って全部カタカナだと思いこんでたときみたいです。


『グラップラー刃牙』の作者 板垣恵介の新作で、週刊少年チャンピオンに連載中の『ピクル』を見て知ったしだい。

英英辞典でみたら、 "An edible product, such as a cucumber, that has been preserved and flavored in a solution of brine or vinegar." って書いてありました。
(出典:The American Heritage Dictionary of The English Language, Third Edition)

英語の世界では、pickle といえば、キュウリというのが一般的なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excelのセルのアポストロフィーを一括して取る。

この記事は、自分用の覚え書きです。

エクセルのセルに入っている、'100とか、'日本の ' を一括して取るには次のようにする。

1.何も入っていないセルを選んで、コピーする。

2.アポストロフィーを取りたいセルを選んで、「形式を選択して貼り付け」を実行する。

3.「加算」を選んで貼り付ける。
「減算」でもよい。
「乗算」はだめ。セルの中が数字だったら、0になってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excelの起動が遅いときに試してみること。

この記事は、自分用の覚え書きです。

エクセルの起動が遅いときには、以下を試してみる。

1. 次のフォルダを開く。
WinXP
C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Microsoft\Excel

Vista
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Excel

2.フォルダ内にある Excel10.xlb ファイルの名前を適当に変える。たとえば、oldExcel10.xlbとか。
数字の部分は、エクセルのバージョンによって異なる。

3. Excel を起動し、新規ブックを作成する。
これで起動が円滑になっているはず。
Excelが起動すると、拡張子xlbのファイルが、自動的に新たに作られる。

4.起動が円滑に行われることを確認したら、2.でファイル名を変えたxlbファイルは、削除してよい。


Excel 2003 SP3
Windows Vista(TM) Buisiness 覚え書き


ネットワーク上にあるExcelファイルが開くまで遅いときに試してみること

| | コメント (22) | トラックバック (3)

Windowsメールでユーザー切り替えをする。

WindowsVistaに付属のメーラー『Windowsメール』では、そのままでは、OutlookExpressのようなユーザー切り替えができない。

ユーザー切り替えをするには、WindowsVistaにログインするアカウントそのものを、複数作る必要がある。


Windows Vista(TM) Buisiness 覚え書き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読んでみるかな。『ラムラム王』

ちょっとしたことから知った不思議な題名の本『ラムラム王』。
「フンヌエスト・ガーマネスト・エコエコ・ズンダラー・ラムラム王」 というとても長い名前をもった少年の冒険物語だそうです。
"王" とは付いていても、本当の王様ではなく、単なる名前の一部なんだとか。
(通称が「ラムラム王」)

童話作家である武井武雄(たけいたけお)という人が書いた童話。押し絵も自分で描かれたそうです。

そもそもは、大正時代の本のようですが、Amazonで今も購入できます。

『ラムラム王』、読んでみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Excelで、複数のセルにあるハイパーリンクの削除

この記事は、自分用の覚え書きです。

■エクセルで、複数のハイパーリンクを一括で削除する。
1.空いているセルを1つ、右クリックして、「コピー」を選ぶ。
2.ハイパーリンクが設定されたセルを全部選択して右クリックし、「形式を選択して貼り付け」を選ぶ。
3「演算」の欄で「加算」を選び、「OK」をクリック。

■Excel XP(Excel 2002)では、自動的にハイパーリンクを設定しないオプションがある。
1.「ツール」→「オートコレクトのオプション」を開く。
2.「入力オートフォーマット」タブを開いて、「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」のチェックを外す。

■ハイパーリンクを削除するマクロ
Sub ハイパーリンク削除()
'
' ハイパーリンク削除 Macro'
'
Selection.Hyperlinks.Delete
End Sub

| | コメント (0) | トラックバック (2)

富士竹類植物園

ちょいとわけあって、『富士竹類植物園』という植物園に妻と2人で行ってきました。
いわく、「日本で唯一、栽培種数は世界一のタケササ専門の植物園」だそうです。

所在地は、静岡県駿東郡長泉町南一色。
クレマチスの花に出会え、美術館やレストランもあるクレマチスの丘というところの近所です。

パンフレットなどによると、敷地の総面積は、12,000坪。昭和26年から集められた世界各地の約500種の竹を見ることができるのだとか。

敷地の中には、研究資料館や、竹細工売店・苗木売店などもありました。

運営は、『日本竹笹の会』という組織が行っているようです。
この組織は、竹笹の研究やその普及を計るために設立された組織なんだとか。

竹・笹・バンブーの違いなんてものを知ることができます。
3つの違いを説明できますか?

サイトは、こちら。富士竹類植物園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイック起動のアイコン名を表示する

クィック起動には通常アイコンだけ並んでいる。
それをボタン名も表示させたいときは、以下のやり方をする。

クイック起動の何もないあたりで右クリックして、表示されるメニューから「ボタン名の表示」を選ぶ。

--------------------------------------------------------------
このやり方は、WinXPでも同じです。

僕がこの手順を見つけたときは、そもそもは「アイコン名の表示」ではなく、「アイコンの表示に戻す」にはどうしたらいいかという情報を探していました。
友人から尋ねられたのですが、クイック起動にアイコン名が表示されて使いづらくなってしまったけど、アイコン表示に戻す方法がわからないということだったしだい。

東芝のFAQのページにわかりやすい説明が載っています。
グーグルで、「クイック起動 アイコンの名前」を入力するとすぐに見つかりました。

http://qosmio.jp/assistpc/faq/pcdata/005488.htm


Windows Vista(TM) Buisiness 覚え書き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »