« 恋人や伴侶に選ぶ人を迷ったときには… | トップページ | モモイロアルマジロを君は知っているか。 »

季節の移り変わりを感じるときです。

食用の鶏を育てているのは、養鶏場。これが豚なら、養豚場。
でも、牛の場合は養牛場とは言わないのでご用心……

愛知県にある『豊橋養鶉農業協同組合』は、国内唯一の鶉農協。
1日約23万個の卵を出荷しているのだとか。

"養鶉" と書いて「ようじゅん」と読みます。

僕は知らなかったのですが、鶉(うずら)はキジ科の鳥。
日本の野生の鶉は、春から夏は北海道や本州北部で繁殖して、寒くなると、本州中部から南で越冬するのだとか。

季節によって、国内を移動する鶉。
ちなみに、この場合も "渡り鳥" というのだそう。
(海外と日本を行きゆきしているばかりが "渡り鳥" ではないのですね。 )

林業を営んでいる方たちなら、ひょっとしたら、山々で鶉を見かける頻度によって、「もうそんな時期かぁ…」なんて感じで季節の移り変わりを知ることがあるかもしれませんね。

「もうそんな時期かぁ…」って、あなたは何で感じ取りますか。

先日、今年最初の鶯の声も聞きました。近所の公園では、桜が美しくなり始めています。特に深い理由がなくても、春が来るのは嬉しい想いがします。新しい何かが始まることが多いからでしょうか。

どなた様にも、春の風のように暖かくなれる事がありますように。

|

« 恋人や伴侶に選ぶ人を迷ったときには… | トップページ | モモイロアルマジロを君は知っているか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 季節の移り変わりを感じるときです。:

« 恋人や伴侶に選ぶ人を迷ったときには… | トップページ | モモイロアルマジロを君は知っているか。 »