« 某ネコの伝票にびっくり。 | トップページ | 嬉しい気持ちを伝える »

愛する心を伝えよう

恋人同士のときでも、結婚してからも、どうも男というものは、お相手の女性に対してはっきりと「好きだよ」とか「愛してる」とか「いつもありがとう」といった言葉を言わないようです。

でも、言われて嬉しくない人はあまりいないだろうと僕は思っています。
(ごくたまに、男からそういうことを言われるのを、本気に嫌がる女性っているようですが。ごくたまにです。)
であるとするなら、相手に自分の想いをはっきりと伝えることが、あった方がいいのではないかと思うんです。

東京弁で文字通り言う必要はないと思います。正直、照れくさいし。
だから、自分が一番使いやすい表現で伝えればいいのではないかと。

妻との間では、いつまでも感謝の心を忘れないでおこうという話をよくします。
なので、うちでは「ありがとう」という言葉が耐えません。

そして、1日のうちでも数回、「愛してる」「好きだよ」といった言葉を交わし合います。

恋人や夫婦に限らず、友人でも、兄弟でも、親子でも、愛しているということを口にして伝えてみるのは悪くないことだと思います。

それを伝えたから何がどうなるのかといったことは、僕にはわかりません。
幸せだと思える時間をおくれるのかも知れませんし、何も起きないのかもしれません。

でも、今までやったことがないのなら、やってみてもいいだろうなと思うんです。

|

« 某ネコの伝票にびっくり。 | トップページ | 嬉しい気持ちを伝える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛する心を伝えよう:

« 某ネコの伝票にびっくり。 | トップページ | 嬉しい気持ちを伝える »