« いつまでも | トップページ | FOMA NM850iGの制限 »

暗証番号を聞いてきてください。

「ご主人に暗証番号を聞いてきてください。」
郵便局で僕の名義の口座を作るのに、妻が代わりに行ってくれたのですが、そこで係の人から言われたそうです。

僕の名義でだからということもあったのでしょうけど、「聞いてきてください。」は配慮不足なセリフかな。
妻もこの言い方に気分を害していました。

せめて言うなら、「暗証番号をご用意ください」とかだよな。夫に聞いてくるようにというのは違うと僕も思うぞ。

だって夫婦で2人で使うつもりだもの。
郵便局の人は、そんなことわからないだろうけど、妻が行っても夫が行っても、引き出しや預け入れをしやすいようにしておきたいって誰もが普通に考えると思うのですが。

何となく個人情報保護の行為のように思ってしまうけど、妻が夫の名義で口座を開設する際に、夫に暗証番号を聞いてくるようにと伝えるのは、保護のためというにはちょっと違うかな。

接客業としての伝え方の問題だからね。

「お2人でお使いですか?」とか尋ねて、「でしたら、お2人がわかって、他人にはわからないような番号にしてくださいね。」とか、「ご主人の個人的な口座ということでしたら、ご主人に暗証番号を決めていただいてください」とか、窓口に来た人の背景や事情をくみ取って、それによって伝え方を変えるぐらいの配慮が欲しいなと僕には思えます。

愛する人。
君の気持ちは僕もわかるよ。

|

« いつまでも | トップページ | FOMA NM850iGの制限 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗証番号を聞いてきてください。:

« いつまでも | トップページ | FOMA NM850iGの制限 »